CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

うっかりやってしまいがちな運転時の失敗談4選!もう失敗しないように再発防止策もチェック!

うっかりやってしまいがちな運転時の失敗談4選!もう失敗しないように再発防止策もチェック!

車を使って生活をしている中で、失敗をしたことありませんか?私も、免許を取ってから今までに数々の「やっちゃった~」という失敗をしてきました。些細な事ばかりではありますが、中には随分と面倒なことになったり、事故に繋がりかねないものもありました。今回はそんな私の今までの失敗談とその失敗を経験してから気をつけていることを紹介していきます。

免許取得歴:10年 今乗っている車種:ダイハツタント(新車で購入) 車に対する思い:色…

  • 19
  • 300
  • 最終更新日:2018-7-10 / 投稿日:2018-7-3

私がカーライフでやってしまった失敗談と気をつけていること

私は普段の生活からよく車に乗ります。

そんなカーライフで、私はいくつもの失敗をしてきました…。

全てきちんと気をつけていれば大丈夫なものですが、慣れたカーライフの中で些細な確認などが疎かになり、結果として失敗をしてしまうということが多々ありました。

そこで、私の経験した失敗談と、今後同じミスを繰り返さないよう気をつけている対策法をご紹介します。

1.車の鍵にまつわる失敗談…紛失やインキーの恐怖!

■鍵がない!?

鍵は車を動かす上で特に大事ですよね。エンジンを掛けるときも、ドアを開けるのにも使います。

そんな大事な鍵ですが、家に帰ってその辺に置いていたら、使うときには見当たらない…。

そんな失敗をした方もいるのではないでしょうか?私は何度もやりました…。

いくら探してもスペアキーすら見つからず、ディーラーに電話した事もあります。(後ほどきちんと見つかりディーラーには見つかった旨、電話しました。)

キーレスなどの場合は、ディーラーに頼んで作成し直しとなり、金額も数千円ほどします。

何度もそのような事があったことと、無駄な出費を出さないよう、玄関にフックを取り付け、そこに引っ掛けてきちんとわかるようにしました。

急いでいるときに限って鍵が見当たらない!ということもあったので、玄関やその他わかり易い場所に引っ掛けたり置く場所をきちんと決めることをオススメします

■キーのとじ込み…

これは初めて買った車の話ですが、ドアの開け閉めにも鍵を挿さないといけないタイプだったので、ドアの開閉が面倒でした。

その為、車から降りてドアをロックする時には中でロックしてからドアを閉めていたんです。

ある時、普段どおりドアを閉めて買い物に行きました。

用事を済ませて車に戻ると、鍵がない。

そういえば…と思い運転席を見たら、鍵が挿しっぱなし!キーを閉じ込めてドアロックをしてました。

もうその後は業者を呼んだり大変でした。

今はキーレスエントリーがほとんどですし、スマートエントリーシステムも普及してきていましたので、こういうことになる方は少ないと思います。

けれども何かの弾みでそうなる事もないわけではありませんし、スマートキーの場合車の中に鍵をおいたままですと盗難の危険も出てきます。

なので、ドアをロックする際は運転席付近の確認は必ずした方がいいです。

何かあってからじゃ遅いですからね。

2.車のライトにまつわる失敗談…バッテリーあがりで動かない!?

次はライトにまつわる失敗談です。

夜間やトンネルなどはライトを付けなければなりませんし、昼間でも雨などで視界が悪いときにも付けますよね。

このライトですが、頻繁に付けたり消したりしていると、たまに消すのを忘れてしまうことがあります。

夜間なら気づくのですが、日中にトンネルなどで付けた後の消し忘れは、よくあるのではないでしょうか。

私は、ある時ライトを消さずに仕事へ行ってしまい、その間ずっとライトが付けっぱなしという状況にしてしまいました。

仕事を終えて帰る頃にはバッテリーがあがってしまい、エンジンがかからない状態になりました。

その時は同僚が運よくブースターケーブルを持っていたので事なきを得ましたが、それからは降りる際は必ずライトのスイッチを確認することで再発防止をしています。

最近の車はエンジンを切って外から鍵をロックするとライトが消えるものがありますが、一時的に駐停車したりなどもありますので、長時間でなくてもライトの確認はしっかりとしたほうがいいですよ。

エンジンがかからない!突然のバッテリーあがりの対処方法【基本編】

3.コインパーキングに関する失敗談…金額が高額すぎ!?

これは私が東京に住んでいた頃の話です。

その日は仕事の関係で取引先へ出向する事になっていました。

電車では移動がしづらいので時間の関係もあり車で移動です。

東京や都会だと駐禁の取締りが厳しく、路上駐車などはできません。

ですので、車で移動すると必然的にコインパーキングなどを利用する事になります。

■コインパーキングの値段設定

皆さんは知っていると思いますが、コインパーキングって場所によって値段が大きく違います。

たいていの場合は半日や1日などで上限が決められていますが、中には限られた時間帯だけ上限が決まっている場所もあります。(20時~8時までなど)

私はその事を知らず、適当なコインパーキングに駐車しました。

そして上限金額があるのだけ確認し、取引先へ。

一日の仕事を終えて再び駐車場のに行き、料金を清算しようと機械を操作すると…、

請求額が1万円!?

目玉が飛び出るかと思いました!

そこで初めて料金を確認してみると、上限金額は夜間駐車のみ適用とのこと。

最初にきちんと確認しておけばよかったとものすごく後悔しました。

その事があってからコインパーキングなどを利用する際は、駐車する前にかならず料金を確認するようにしています。

皆さんも料金の確認は、駐車前にしっかり行いましょう!

幹線道路や比較的大きな通り、または人の集まるような街の側よりも裏通りなどの方が値段が安いです。

今はインターネットで場所や料金も確認できますので、そちらを利用して使い勝手のいいところを探すといいですよ。

また、アプリを使って料金を確認することも可能です。

元カーナビ開発者が無料アプリ【Yahoo!カーナビ】の便利な機能を10個厳選して紹介!

こちらの記事で紹介している「Yahooカーナビ」は、駐車場の料金が簡単にチェックできます。

事前に使いたいコインパーキングの目星を付けておくのに、とても便利ですよ。

4.雪道運転での失敗談…ノーマルタイヤで雪道走行!?

今、私は雪の多い地域に住んでいます。

しかし、前はあまり雪とは縁のない地域に住んでいました。

なのでタイヤ交換をするという習慣がなく、どのくらいの時期にタイヤを換えておいたほうがいいのかもわかりませんでした。

ただ漠然と、天気予報で雪の予報が出たら換えたらいいやと甘く考えていたのです。

今思えば、完全に雪国を舐めていました。なんせチェーンすら積んでいませんでしたから。

ですがある時、朝は晴れていたのに、昼過ぎから天気が崩れ大雪になった日がありました。

職場付近は積もっていなかったので大丈夫だろうと楽観視していたのですが、職場まで山道を越える必要がありましたが、その山道が完全に雪で埋まるという状態に!

そんな中をノーマルタイヤで帰宅するという状況になりました。

当時4WDのMT車だったので、とにかくシフトは2速に固定してゆっくりと時間をかけて帰宅。

家について時間を見てびっくり!通常40分程の道のりなんですが、その時は2時間かかりました。

事故を起こすこと無く帰宅できたのが幸いでしたが、今考えても無謀な事したなぁと思います。

それからは必ず雪が降る前にタイヤを換えることにしましたし、何かあったときの為にチェーンなどを常備しておくようになりました。

雪国に住んでいる方は準備も問題ないかと思いますが、雪の多い地域にドライブ(スキーなど)へ行かれる方や、引っ越しで雪の降る地域に行くことになった場合は、必ず冬タイヤやチェーンの準備を行いましょう。

冬タイヤへのベストな交換時期って?カー用品店に頼んだ時の費用の相場やかかる時間は?

【はじめてのスタッドレスタイヤ交換】簡単9ステップでOK!必要な工具も紹介!

カーライフの失敗はちょっとした確認不備で起こる!事前確認を怠らないように!

私の失敗談をいくつか書き出しましたがいかがでしたでしょうか?

改めて思い返すと失敗ばかりでてきて恥ずかしくなりました。

とはいえその失敗がないと色々考える事もなく知らない事はそのままという事になりかねないので、これもいい経験だったなぁと思います。

この記事を読んでいただいた皆様には、こんな事もあるよと認識していただいて、私のような失敗はせず楽しいカーライフを送ってくださいね。

■こちらの記事もオススメです!

あんなこんな車のハプニング!私のカーライフ失敗談BEST4

車の維持費を少しでも節約したい!カーライフで節約出来る4つのポイント

車も冬支度!突然の雪や凍結でも困らない事前準備!必須4アイテム&4つのメンテナンス

【恐怖体験記!】子供が車内に…インキー(キー閉じ込み)の原因・対処法と予防策9選

  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:10年 今乗っている車種:ダイハツタント(新車で購入) 車に対する思い:色や内装などにとことんこだわるタイプなので、車の購入時の打ち合わせがいつも長時間に。メンテナンスもきっちりやります。楽しいカーライフを過ごすためには妥協はしません。知識がまだまだなので夫に教えてもらいながらただい…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。