CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

「ヤバイ…雪なのに運転しなきゃ!」雪道を安全に運転するための4つコツ

「ヤバイ…雪なのに運転しなきゃ!」雪道を安全に運転するための4つコツ

雪の日にどうしても運転しなければならなくなったら、どのようなことに気をつけて運転すればいいのでしょうか。 ハンドル操作やブレーキ操作など、いつもとは違った運転方法を意識しなくてはなりません。 雪道には非常に多くの危険が潜んでいます。 どのようなことを意識し、注意しながら運転すればいいのか詳しく見ていきましょう。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 3
  • 77
  • 投稿日:2018-8-28

雪道を安全に運転するための4つのコツ!

1.車間距離を十分にとる

車間距離をいつもより多くとりましょう。

「先行車がスリップし、追突してしまわないように」

「自分の車が止まれず、前の車に追突してしまわないように」

ということを意識して、前の車からいつもより離れて走行して下さい。

雪道では、ブレーキを踏んでから止まるまでに時間がかかります。

2.ハンドルを切りながらブレーキをかけない

曲がる際にブレーキを踏みながらハンドルを切らないようにしましょう。

乾いた路面では、ブレーキを踏んでハンドルを切ってもうまく曲がることができますが、雪道ではそうはいきません。

雪道ではハンドルを切りながらブレーキを踏むと横滑りしてしまうことがあります。

あらかじめブレーキを踏み、しっかりと減速してから曲がって行きましょう。

カーブに入る前に、ブレーキを踏み十分にスピードを落とします。

十分減速してからハンドルを切りましょう。

3.早めの操作を行う

カーブに入る前のブレーキもそうですが、運転の時の動作のすべてをいつもより早めに行うことが重要です。

ハンドルを切るタイミングやブレーキのタイミング、ウィンカーのタイミングなど、早めに操作を行ってください。

また、信号で止まる際にも雪道では急に止まれない可能性があります。

歩行者用の信号も確認しつつ「もうすぐ黄色信号になりそう」と早めのブレーキを心がけるといいです。

4.『急』のつく操作をしない

急ハンドル・急ブレーキ・急加速など『急』のつく操作をしない様に心がけてください。

雪道では、急な操作はスリップの原因や追突事故の原因になってしまいます。

とにかく事前に、ゆっくりの操作を意識して運転しましょう。

雪道には様々な危険が潜んでいますから、危険予知をしながら運転しましょう。

もう凍結した雪道の運転も怖くない!アイスバーンの注意点や運転のコツを知ろう♪

ノーマルタイヤなのに雪が降ってしまったら

雪道をノーマルタイヤで走行するのは、非常に危険です。

スタッドレスタイヤを装着しないで雪道を走行するのは、極力避けましょう。

冬用タイヤへの交換は早めが肝心です。

予想外に早く雪が降ってしまったり、高い山に行った際の急な降雪でノーマルタイヤどうしても雪道を運転しなければならなくなってしまった場合は次のことを注意してください。

  • 除雪された道を通ること
  • 交通量が多く雪があまりない道を走行すること

裏道は、雪が多く凍結していて危険ですから、路面の雪が溶けやすい交通量が多い道を走るように心がけてください。

自分の運転を過信せず、ゆっくり落ち着いて走行することが重要です。

ノーマルタイヤで雪道を走行するのは非常に危険ですから、こうした対応はあくまでも緊急時のみと思っておいて下さいね。

1つ車に入れておこう!いざという時用のタイヤ滑り止めグッズ

スプレーするだけでグリップ力アップ! スプレーチェーン

スプレーチェーン      滑り止め スリップ対策 ノーマルタイヤ すべり止め 雪道 こおり

タイヤにスプレーするだけの滑り止めです。

スタッドレスに履き替えたり、タイヤチェーンを装着する手間が省けます。

突然の大雪などに備えて、一つ車に載せておくといいでしょう。

またタイヤだけでなく、靴底にスプレーすれば滑り止めになる優れものです。

急な雪で滑りやすい靴を履いてきてしまった…!という時の裏技的にも使用できますね。

簡単装着タイヤ滑り止め タイヤカバー

 

オートソック Autosock HP 540/600/645/685/695/697/698 ハイパフォーマンス 簡単装着 【緊急用】 タイヤ滑り止め タイヤの靴下

感想(863件)

着脱式でタイヤに履かせるタイプの布製のタイヤ用滑り止めです。

スプレーよりも値段は高いのですが、古いスタッドレスよりも滑らないというレビューもみかけるほど、ちゃんとした滑り止めグッズです。

一年に1~2回ほどしか雪が降らない場所に住んでる方に特に重宝すると思います。

タイヤを交換する手間も省けますし、ジャッキを使うようなタイヤチェーン装着もしなくていいですからね。

新雪にハマってしまったら?

新雪の上をノーマルタイヤで走ろうとするとスリップして前にすすまないことがあります。

ハマると表現したりしますが、そんな場合にはまず駆動輪のグリップを高める必要があります。

  • ・ タイヤ周辺の雪を押し固める
  • ・ 駆動輪周りの雪を除雪する
  • ・ 砂やスノーヘルパー(なければ捨ててもいいようなタオル)を敷く

このような方法で駆動輪のグリップを高めて脱出しましょう。

一気に脱出しようとアクセルを踏み込むとかえってタイヤが空回りします。

アクセルはゆっくり踏み、低速で発車させることが重要です。

ただ、私たち素人には動かなくなった車を動かすのはなかなか難しく、一人で行うなうのは非常に困難です。

周りの人に助けてもらったり、ロードサービスを呼んだ方が安全で確実です。

大ピンチ!雪にはまって動けなくなった!シーン別脱出方法・グッズを紹介

雪道が初めてだったり苦手な方はゆっくり・慎重な運転を心がけましょう

雪道の走行は非常に危険で、慣れていないドライバーには恐怖すら感じるものです。

周囲の状況も通常よりもしっかりと確認して、早めの判断と操作を意識して走行しましょう。

そのためには、ラジオや音楽をひかえて運転に集中するのもひとつの方法かと思います。

また、急な降雪に備えてタイヤの滑り止めグッズは秋のうちに準備しておきましょう。

また、スタッドレスタイヤをあまり過信しすぎないことも重要です。

スタッドレスタイヤを履いていれば絶対に滑らないということが保証されているわけではありません。

■こちらの記事もオススメです

【恐怖体験記あり!】サイド(パーキング)ブレーキが凍結!?寒冷地での駐車時に注意すべきこと

夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で雪道を走行するのは交通違反!反則金はいくら?事故や立ち往生も違反になる?

スタッドレスタイヤを夏も履き替えないとどうなる?危険?車検通るの?性質・燃費の違いは?

雪で車が立ち往生!巻き込まれた時の対処法4つと救助を待つ時の注意点3つ!

高速道路の冬タイヤ規制・チェーン規制などの雪道の交通規制に注意!違反すると罰則も!

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。