CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

タイヤから異臭がしたら『ブレーキの引きずり』が原因かも!臭いから車の異変を察知しよう

タイヤから異臭がしたら『ブレーキの引きずり』が原因かも!臭いから車の異変を察知しよう

タイヤから異臭を感じたことありますか?タイヤから嫌な臭いがする場合、コーティングが道路と擦れて起こる場合とブレーキの引きずりの2つが考えられます。 特にブレーキの引きずりは、重大な故障や事故の原因にな入りますから、注意が必要です。 では、ブレーキの引きずりとはどのような現象なのか、また原因や対処法方などを詳しく見ていきましょう。 さらに、タイヤ以外からも様々な異臭が起こる可能性があります。車に異変が起きている可能性がありますので、どういう臭いが危険なのか知っておきましょう。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 7

  • 140

  • 最終更新日:2017-11-6 / 投稿日:2017-10-25

タイヤから異臭がする?

走行中にゴムが焼けるような臭いがした時は、ただちに車を停めて、臭いの発生場所を突き止める必要があります。

どこから臭いが発生しているのか見つけることで、まだ走行できる状態なのか、JAFなどへ依頼してレッカーをお願いすべきなのか等の判断をしなければなりません。

○ まだ走行できる状態の臭いは?

新品のタイヤを装着している場合、道路との摩擦でタイヤについているコーティング剤が気化することで、臭いが発生します。

これは、ある程度走行すれば勝手に消えて無くなりますので、気にすることなくそのまま走っても大丈夫です。

○ 走行できない状態の臭いは?

タイヤ部分から臭いを発しており、ホイール部分が非常に熱くなっている場合は要注意です。

そういう場合は「ブレーキの引きずり」と呼ばれる現象が起きており、ブレーキが正常に働かなくなってしまいます。

そのまま走行してしまうと、車が止まらなくなったり、ハンドルを取られてしまう可能性がありますので、レッカーを呼んだほうが安心です。

 

ブレーキの引きずりって何?

「ブレーキの引きずり」とは、フットブレーキ・サイドブレーキを作動させていないにもかかわらず、常にブレーキがかかってしまっている状態をいいます。

このブレーキの引きずりは、少しだけブレーキがかかった状態なので、アクセルを踏めば車は動きます。

ですから、車が動いているのであまり異変に気付きにくく、異変に気付いた時は手遅れの可能性が多いです。

□ なんでブレーキの引きずりが起こるの?

主な原因として、ブレーキキャリパー内のピストンが固着することによって起きます。

この固着は、サビの発生が原因です。

サビが発生すると、ブレーキから足を離してもピストンが元に戻らずブレーキの引きずりを起こしてしまいます。

□ ブレーキの引きずりを見分ける方法

○ ホイールが熱い

走行後にホイールが触れないほど熱かったら、ブレーキの引きずりをしている可能性があります。

手で触れるほどの熱さであれば、問題ありません。

また、雨の日にタイヤから白い煙が出ている場合も、ブレーキの引きずりを起こしていると見分けられます。

非常に熱いホイールにあたった雨が蒸発して、煙のように見えます。

○ ホイールにダストが異常に多い

ブレーキの引きずりを起こしている場合、ブレーキダストが多く出て汚れがひどくなります。

このブレーキダストは、普通に走っているだけでも出ますが、ブレーキの引きずりを起こしていると一輪だけが汚れます。

他のホイールと比べて明らかに一輪だけ汚れがひどい場合は、ブレーキの引きずりを疑いましょう。

○ クリープ現象で車が進まない

クリープ現象は、AT車の場合に起こるもので、アクセルを踏んでいなくてもブレーキをはなしただけで車が進む現象をいいます。

ブレーキの引きずりを起こしている場合は、ブレーキをはなしてもクリープ現象が起きないことが多いです。

普段はクリープ現象が起こる場所で起きなかったりしたら、ブレーキの引きずりを起こしていると考えられます。

○ ジャッキアップしてタイヤを回してみる

タイヤ交換する時の要領で、車をジャッキアップして、タイヤを手で回してみましょう。

少し回りが悪い場合は初期症状ですが、タイヤが回らない場合は修理が必要です。

このタイヤの回転は、私たち素人でも分かるぐらいです。

正常なタイヤの回り方と比べてみると大きな違いがあるので、一番見分けやすい方法です。

タイヤ交換や下回りの洗車時に使いたい!人気のジャッキ&ジャッキスタンド5選

ブレーキの引きずりが起きた時の対処方法

ブレーキの引きずりが起こっているとわかったら、ディーラーや専門業者にお願いしましょう。

部品を新品のものに交換したりと、整備や点検に専門的な知識が必要となります。

通っているディーラーや自動車整備工場に相談して直してもらいましょう。

 

【番外編】タイヤ以外から発生する車の異臭5つ

1.金属臭

ブレーキの摩擦の異常が考えられます。

金属同士がこすれ合っているとこのような異臭がします。

ブレーキパッドが磨り減ったり、ブレーキシステムに異常がある可能性があります。

2.ガス臭

車内にガスの臭が充満してきたら要注意です。

窓を全て閉めているにも関わらずガスの臭いがする場合は、マフラーなどが損傷して車内へ逆流していることが考えられます。

一酸化中毒になってしまう可能性もありますから、すぐに車を停めて窓を開けましょう。

3.ゴム臭

タイヤからの臭いではなく、エンジン内から臭う場合は、エンジンベルトや配線などが焼けている可能性があります。

何かに接触して焼け焦げてしまったり、エンジンベルトの摩擦が原因でこのような臭いがしてきます。

放っておくと、エンジントラブルに繋がってしまうかもしれません。

4.甘い臭い

甘い臭いは、冷却水の漏れが原因と考えられます。

車から降りたときに甘い臭いがした場合は、ボンネットを開けて冷却水の量を確認してください。

冷却水の量が減っていたら要注意です。どこかで漏れている可能性があります。

この状態を放置しておくと、オーバーヒートになってしまいますので、すぐにディーラーや自動車整備工場で修理してもらいましょう。

5.ツンとする臭い

鼻につくツンとくる臭いがある場合は、バッテリーの故障が考えられます。

夏場などの暑い時期には、エアコンを長時間使用することによって、バッテリーが壊れてしまうことがあります。

電解液が気化して、このようなツンとした臭いを発生させます。

バッテリーの交換や点検をする必要があるでしょう。

 

以上のような臭いがする場合は、自身での点検もしくはディーラーや修理工場で見てもらうようにしましょう。

故障や危険の事前察知のため、普段と違う臭いがした場合は要注意です。

 

車の異臭は早めの対処が重大事故を防ぐ!

タイヤ、また車から異臭がする場合、軽度なものから重度のものまであります。

走行に支障をきたす「ブレーキの引きずり」が生じてしまった場合は、必ず修理しましょう。

たとえ走行することができたとしても、放置すると車に重傷を負わせてしまいます。

また、ブレーキが故障して止まれなくなってしまったら、車だけでなく人にも重傷を負わせてしまうかもしれません。

少しでも異変を感じたら、ディーラーや自動車整備工場で点検してもらいましょう。

 

■こちらの記事もオススメです!

パンクしない!夢のような空気なしタイヤ「noair(ノアイヤ)」!どういう構造?メリット・デメリットは?

スタッドレスタイヤを夏も履き替えないとどうなる?危険?車検通るの?性質・燃費の違いは?

タイヤの交換時期は?溝の減りやひび割れは事故に繋がる!こまめにメンテナンスを!

安くて性能の良いタイヤ選びのポイント解説!エコタイヤ・韓国性タイヤってどうなの?

使わないタイヤの保管場所はみんなどうしてるの?品質維持のための保管のコツも紹介!

 

 

  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。