CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

自分で出来る車の台風対策!大事な車を台風から守る方法とは?

自分で出来る車の台風対策!大事な車を台風から守る方法とは?

自然災害大国・台風大国と言われている日本ですが、台風が来るたびに「今年最大の台風」「過去最大級の勢力」などと聞くと毎年冷や冷やしますよね。 ニュースで被害を見ると大きな自然の力の前では人間は無力だと感じます。 でも、家や自分を守る対策はもちろん、車にも事前に準備しておくことで防げる被害もあります。 台風被害を最小限に抑えるために、車にも準備しておいたほうがいいこと・自分で出来る対策を紹介します。

kemper

免許取得歴:6年 今乗っている車種:audi A3(中古で購入) 車に対する思い:免許…

  • 2
  • 30
  • 投稿日:2018-11-15

台風が車に及ぼす被害はどんなもの?

台風が来ると、家の窓ガラスが割れたり、雨による土砂崩れで道路が塞がれたり、強風によって飛んできたものに人が当たるという被害があります。

台風の被害は家や人にだけではありません。

ニュースなどでも、台風による大雨で車が浸水したり、強風でトラックが横転したりする場面が報じられています。

https://twitter.com/azusa54/status/1045861738434842624

また、車のトラブルに出動してくれるロードサービスのJAFの発表によると、台風が通過した後の「タイヤのパンク」トラブルも多いのだそうです。

台風のせいで道に落ちた瓦礫を車が踏んでしまうことが原因です。

台風が来ても車の被害が小さくなるような対策はあるのでしょうか?

自分で最大限できることを調べてみましたので、次に紹介する3つはぜひ行って下さい。

  1. 駐車場の安全性を確認
  2. 運転ルートの安全性を確認
  3. 自動車保険の保証内容を確認

駐車場の安全性を確認!チェックポイントは2つ

普段自分が車を止めている駐車場は、台風が来た時の安全性が保たれているでしょうか。

チェックするべき項目をまとめましたので、紹介します。

1.大雨で冠水する場所ではないかチェック

駐車場や住んでいる家の場所によって、低地になっていたりと水がたまりやすい場所ではないか確認する必要があります。

屋内の駐車場なら安心なような気がしますが、実はマンションやショッピングモールの地下駐車場も、大量に雨が降った場合に水が流れ込むので注意が必要です。

自宅マンションが地下駐車場の場合には、雨水などで水位が高くなっていないかなど様子を見ながら車を事前に別のところに移動させることも検討しておきましょう。

2.近くに木、建物、飛んでしまいそうな物が無いかチェック

雨だけではなく、風にも対策が必要です。

強風により木が車の上に倒れてくるなんてこともあり得ます。

また、車は自宅に停めている人は、自宅のベランダに植木鉢や置物など風に飛ばされて車に当たらないように、家の中にしまうなど対策が必要です。

車の避難も検討しよう

もし、これらの安全性が満たされていないと感じたら、駐車場所を変えることをお勧めします。

といっても自宅に停めていたりと駐車場を変えることが簡単でない人も多いでしょう。

その場合は人間と同じで車にも避難場所を作ってあげましょう。

近くに高台や、見晴らしがいい場所がないか確認してみることが必要です。

日頃使う運転ルートの安全性を確認!

普段、通勤などに使うルートも確認しておきましょう。

運転中に風や雨が強くなることも考えられます。

台風の時は渋滞もしやすく、信号待ちをしていると道路に水が溜まって浸水してしまうなんてこともあります。

自分のいつも使っている通勤ルートに冠水しやすい道路がないか確認しておきましょう。

冠水や浸水の可能性がある道は

  • 幹線道路や高架橋の下(いわゆるアンダーパスと言われる)なにかの下を通る道路
  • 坂道の下にある交差点

台風接近の可能性が出てきた時点で、早めに通行止めになったりしますが自分でも把握しておくと良いでしょう。

通行止めになると渋滞になることも予想されますので、台風の日は約束の時間に対して余裕を持って行動することも大事です。

また、そうした冠水の危険性のある道を迂回する為の、別のルートなども検討しておくことも大切です。

もし、運転中に風や雨が強くなっても一時的に退避して様子を見ることができる安全な場所を見つけておきましょう。

車の便利グッズも揃えて台風に備えよう!

台風対策に、いくつか準備しておくと良いものを紹介します。

まず、「車のボディー用カバー」です。

強風で物が飛んできても車を守れるので重要です。

可能ならば、車とカバーの間に毛布、段ボールなどのクッションになるような物をはさんでおきましょう。

強風でカバー自体が飛ばされないようにしっかりと固定出来るタイプがオススメです。

ボディカバー 車 防水 UV加工/風飛び防止フック付 2サイズ XL 4800mm/XXL 5100mm ボディーカバー/車体カバー/カーカバー/カー用品 /送料無料 @a354

感想(42件)


次に、「ガラス用の撥水剤」です。

台風でも車を動かさなければいけないときもあるかと思います。

台風ではワイパーだけでは対応できないような大雨が降ることも予想されます。

雨水なども撥水できる撥水剤をフロントガラスにつけておきましょう。

KeePer技研 キーパー技研 ウィンドゥガラスフッ素 50ml フッ素タイプ ウィンドゥガラス撥水剤(洗車用)

感想(3件)

任意の自動車保険の内容をチェック!

事前対策していても、想定外なことが起きてしまうのが自然災害です。

もし、車に被害が出ても自動車保険でお金が最低限補償されれば心強いですよね。

  • 任意の保険には入っているか?
  • 自然災害の場合に保険金がもらえるか?

そもそも、自動車保険に入っていない、という方はこの機会にちょっと検討してみてもいいかも知れません。

一般的な車両保険であれば、台風による車両被害も補償されるようになっていることがほとんどです。

ただし、その保障される内容が車の被害度合いによって違うことがあるので、一度確認しておくと良いでしょう。

例えば「強風で飛来したものがフロントガラスに当たってガラスが割れた」

こうしたケースでは、実際の修理金額全額が支払われない可能性があります。

一方で、水没などで完全に不動車になってしまったケースでは、全損扱いとなり、車両保険金額の全額が支払われます

自動車保険といっても内容は様々なので、災害に合ってから検討するのでは無く、時間があるときにゆっくりみておくことをおすすめします。

普通では想定できないことが起きる!事前対策まとめ

普通では想定できないことが起きるのが自然災害です。

しかし、事前に対策しておけば避けれることも多いです。

台風が去っても車に被害があっては意味がありません。

  1. 普段車を停めている駐車場の安全性を確認する
  2. よく使う通勤ルートで危険な場所がないか確認する
  3. 車にも避難場所を見つけておく
  4. カー用品を活用する
  5. 自動車保険に入っているか確認する

自分でもある程度車を台風から守れるように、日頃から準備しておきましょう。

■こちらの記事もオススメです

台風の時、車の運転で気をつけるべき3つのポイント!一般道・高速道路走行時の注意点もご紹介

地震・台風などの災害時に車を乗り捨てる時の5つの注意点!ドアはロックすべき?

水害で車が冠水・水没したらどうすればいい?梅雨の大雨、台風の心構えと必須グッズ

運転中に竜巻を見かけたら車で逃げるのはとっても危険!竜巻遭遇時のNG行動4選

  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
kemper
免許取得歴:6年 今乗っている車種:audi A3(中古で購入) 車に対する思い:免許取得前から輸入車が好きで最近ようやく乗り継げるようになりました。しかし、近年日本車にも魅力的で乗りたい車が多くなったと感じています。 自己紹介:車が好きでよくドライブしていますが新しい仕組みなどわからないこと…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。