CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

【車の雑学】高速道路のPA・SAで風船を付けた人がいるの知ってる?なぜ風船を付けて歩いてるの?

【車の雑学】高速道路のPA・SAで風船を付けた人がいるの知ってる?なぜ風船を付けて歩いてるの?

サービスエリアなどで風船を頭につけた大人の人を見たことはありませんか?ちらちら車のミラーに風船が写るから子どもかと思って気をつけていると、実は大人の人だったということがたまにあります。この頭に風船を付けた人は、サービスエリアの敷地内でお仕事をしている方です。では、なぜ風船をつけて作業をしているのでしょうか?理由を確認して、自身の安全運転の参考にしてください。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 3

  • 68

  • 投稿日:2017-9-28

PA・SAで風船を付けている人は誰?

サービスエリアなどで頭に風船を付けている人を見たことありませんか?

ヘルメットの上に風船を付けて、作業している方ですね。

これは、サービスエリアなどの駐車場で清掃作業をする際に、腰をかがめると車の死角に入ってしまい、接触事故や追突事故を防ぐための格好です。

作業中に腰をかがめたりしゃがんだり際に、体が車の死角に入ってしまうと運転手が気付かず車を動かしてしまう可能性があります。

ですが、風船がチラッと見えるだけで、ドライバーは「なんだろう?」と注意するため、事故を未然に防ぐことができます。

私も初めて見たときは、何で風船を付けているんだろう?と思いました。

ですが意図を知ると、画期的なアイディアだとわかりますね。

サービスエリアなどの駐車場には、多くの車が出入りします。

大型車から普通車、軽自動車まで様々な車が入れ替わりに入ってきますし、ドライバーは駐車できる空きスペースを探しているため、周囲への注意がおろそかになりがちです。

そのような時に頭の上の風船は、人の存在を気づかせてくれる画期的で大切なアイテムなんですね。

 

車の死角ってどこ?おさらいして事故防止しよう!

車には多くのミラーが付いています。

ルームミラーやドアミラー、補助ミラーまで付いており、死角を少なくなるように工夫されています。

しかし、どうしても死角になってしまうところがあります。

車線変更をしようとサイドミラーだけの確認で行うと、急に車が現れヒヤッとすることがありませんか?

走行中は無理な車線変更などは行わず、発車する際は必ず周りを見てからにしましょう。

○ ウィンドウの下部分の死角

窓から下部分はミラーでも写りませんよね。

今では、ブラインドスポットモニターが装備されている車もありますから、この機能を十分に活用しましょう。

車の窓のすぐ下は、どのミラーを使っても見ることができませんよね。

一度ドアを開けて外を見るか、窓を全開にし体を外に出して確認するしかありません。

この部分には、小さい子供や自転車に乗っている子供などが入り込む可能性が高いです。

特に駐車場から出庫する際に見落としやすいので、車を出す前に周囲の確認を十分に行いましょう。

○ ピラーによる死角

ピラーと呼ばれる前後左右にある4本の柱部分は、死角になります。

特に人や自転車などはこのピラーに隠れやすいので、出発前は必ず身体を動かしてピラーに被っている部分も確認しましょう。

○ 車の下・車の上の死角

車の下に猫やボールなどが入り込んでいないかの確認もしましょう。

また、屋根の上に荷物や飲み物を置きっぱなしで出発…なんてことにもならないように気をつけてください。

私は以前、車の上にコーヒーを置いたまま走り出し、信号で止まった際に上から黒い液体がドバーっとフロントガラスに流れてきたことがあります。(笑)

かなり驚きましたし、非常に恥ずかしかったです。

これは、まだ自分の車にかかったらいいですが、後続車に缶や荷物が飛んでいったりすると非常に危険ですから、発進前に必ず確認しましょう。

 

死角が少ない車種はどういうもの?

『ライトクロカン』や『SUV』などの車高が高い車は視界が良く、死角も少ないです。

特にスバル車は、死角が少ないことで有名ですね。

死角の少ない車としは、「フォレスター」が挙げられます。

フロントガラスは大きく取られており、サイドウィンドウも四角く大きなものを配置しています。

サイドミラーも大きいので、死角が少ないく設計されています。

ただ、いくら死角が少ないとしても、乗ってしまってからは見ることが出来ないボディ周辺などは、車に乗り込む前にかならず確認をしましょう。

それから、発進・駐車の際は十分に周りに注意を払いましょう。

 

車に乗る前に死角を確認をしてから、安全運転に心がけよう

サービスエリアやパーキングエリアは人や車の出入りが多いです。

今回のように駐車場で風船を見つけたら、まず車を動かす前に周りを確認してから走行してください。

特に発進する際は、死角に人がいることが多いので見落とさないようにしましょう。

 

死角を意識することで事故を未然に防ぐことができますから、ぜひ参考にしてください。

 

■こちらの記事もオススメです!

車の「幅寄せ」は危険?それ間違ってます!巻き込み事故防止のために必要な行為です!

ディズニーリゾート付近で車中泊はできる?駐車場or日帰り温泉or高速道路のPA・SA?

【体験談】駐車場で他人の車にぶつけて傷つけてしまったらまずやること!保険会社と連絡を取らないと不要な修理代まで払わせられるかも

大型駐車場で車の場所を忘れないための4つの方法と駐車位置を記録してくれるアプリ5選!

 

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。