CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

愛車を大事に乗りたい人必見!長持ちさせる大事なコツ【基本編】

愛車を大事に乗りたい人必見!長持ちさせる大事なコツ【基本編】

これに乗りたい!と出会えた大切な愛車。せっかく出会えた愛車をずっと長く乗り続けたいですよね。でも、きちんと手をかけてあげないと壊れやすい状態になってしまいます。だからと言って難しいことはできないし・・・心配しないで大丈夫です。ちょっとしたコツで愛車を長持ちさせることができるんです。今回は、そのちょっとしたコツを紹介します。

今乗っている車種:セリカ…

  • 39

  • 1,208

  • 最終更新日:2017-1-13 / 投稿日:2016-7-20

車の寿命って本当にあるの?

車の寿命は10年10万kmって聞いたことありませんか?
中古車を選ぶ基準も、このようなことを謳っているところがいくつかあります。
しかし、本当に寿命は10年10万kmなのでしょうか?10年10万km走ったらもう乗れなくなってしまうのでしょうか?

実は、そんなことはありません!現に海外では日本では廃車になった車がまだ活躍しているところもあるくらいです。

日本人は車に対して見た目、性能を気にする傾向にあります。そのために、車の寿命という概念があるのかもしれません。
もし、その寿命という概念があるのなら、ユーザーの車の使い方で寿命を延ばしてみませんか?

暖気「運転」ではなく、今の常識は暖気「走行」?

エンジンを壊れにくく長持ちさせる方法として、暖気運転が必要であると言われてきました。エンジンをかけてすぐ運転してしまうと、エンジンが温まっていないため、故障の原因になってしまうという理由からです。
しかし、今では車の性能が上がっているため、暖気運転の必要はなく暖気走行の方が良いと言われています。

  • 暖気走行とは…エンジンをかけて約10秒程待ち、時速40km以下で数分間走る方法です。


暖気走行をするとアイドリング時の無駄な排気ガスを出さずに済むので、環境にも優しいです。
少しの心がけで簡単にできる方法なのでぜひやってみましょう。

 

塗装を傷めないためには洗車が必須!

雨、鳥のフン、ホコリ、砂などは塗装を傷める原因になります。
そこで必要なのが車のボディケアです。カーシャンプーで汚れを落とすことはもちろんのこと、ワックスやコーティング剤を使用することで塗装を保護することが大切です。
また、コーティングすることによって、汚れにくく傷もつきにくくなります。
その中でもコーティング剤は、汚れを落としたあとにスプレーして拭き上げるだけなので簡単!洗車機に入れたあとでも使えます。
このひと手間で大事な愛車はいつもキレイな状態に保つことができます。

【初心者や女性向け】手洗い洗車・コイン洗車機の方法・違い・注意点まとめ

 

急な運転は危険のリスクが高い

急ブレーキ、急加速・・・と、こんな運転はしていませんか?
急な運転では、車の部品の消耗が激しくなります。急ブレーキはタイヤとブレーキに、急加速はエンジンや駆動系の部品に悪影響です。

また、事故も起こりやすくなります。事故をおこしてしまえば、車が傷つくので本末転倒です。
急な運転は車にとっていろんな危険のリスクが高くなります。そうならないためにも、急な運転は避けましょう。

 

エンジンオイルは車の血液

エンジンオイルはエンジン内の部品の摩耗を防ぐ潤滑油の役割をしています。交換せずに走行し続けると、エンジンオイルが汚れてドロドロになってしまいエンジンが壊れる原因となります。また燃費も下がってします。
車を長持ちさせるにはエンジンオイルの交換は必須です。

  • 走行距離が5000kmごとが交換目安です。

エンジンオイルはディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店でやってくれますので定期的にエンジンオイルを交換しましょう。

エンジンのオイル交換は本当に必要?交換頻度は?どこで交換すればいい?

タイヤの空気圧も必ずチェック

月に一度はタイヤの点検を! #小川モータース#空気圧点検#安心してお車に乗れるように

A photo posted by 小川モータース (@ogawamotors) on

タイヤの空気圧のチェックも非常に大切なことです。適正な空気圧ではない状態で走行すると、タイヤの消耗が激しくなってしまうからです。

高速のトラブル33%がタイヤ!ドライブ前に必ずタイヤの空気圧をチェックしよう

高速道路を運転する前は少し高めの空気圧を入れましょう。

高速道路を運転する時は、空気圧が低いまま走行するとスタンディングウェーブ現象が起こり、タイヤが破裂してしまう危険があります。

空気圧は車やタイヤのサイズによって適性な空気圧があります。運転席のドアを開けたところに空気圧が記載されたステッカーが貼ってあるので一度確認してみましょう。
また自分で簡易的に空気圧チェックと減圧ができるアイテムもあるので、いつでもどこでもチェックできるのは嬉しいですね。

エーモン エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa 6781

 

定期的に運転するのも大事

あまり車を動かさない期間が続いてしまうことも、調子が悪くなる原因になります。
エンジンやパーツが錆びついてしまったり、バッテリーが上がってしまい、いざ乗りたい時にエンジンがかからないなんてことも・・・。
運転していない時もバッテリーはナビや時計などの待機電力に使われているので、充電しないとバッテリーが切れてしまいます。
今では当たり前のように使っているキーレスエントリーも使えなくなります。
バッテリーは運転することで充電されていきます。そのため、定期的に運転することが大切です。

内装の保護も忘れずに!

日が当たる場所(特に真夏などの暑い時期)に車を置いておくと、車内温度が上昇します。高温になる時は約80度になることも。
高温が続いてしまうと、ダッシュボードなどのプラスチック部分を溶かしてしまったり傷めてしまう可能性があります。
そこで使用するのが、サンシェードや断熱フィルムです。これを使用すると約10~20度下げることができます。
車の外装を意識しがちですが、内装の保護も忘れずに行いましょう。

Hippo(ヒッポ)車用遮光サンシェード フロントガラス 日よけサンシェード 遮光フロントシェード 簡単取付 サンシェード 全窓カバー

簡単な日常のメンテナンスで愛車と素敵なカーライフを末永く…★

いかがでしたか?こうやってみるとたくさんやらなければいけないような気がしますが、どれも難しいことは何もありません。車の知識や自分でメンテナンスをする技術がなくてもできることもあります。
せっかく素敵なご縁で出会えた大切な愛車と素敵なカーライフが続けられるように、メンテナンスをして愛車を大事に長持ちさせてくださいね。

■こちらの記事もおすすめ!

バッテリーに負担をかけるNG行為5選~突然のバッテリー上がりを予防しよう!~

初心者でも簡単にできる!車を故障させないための必須メンテナンス項目3選

  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
この記事を書いたユーザー
今乗っている車種:セリカ…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。