CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

個人同士で車の貸し借りができる「エニカ(Anyca)」はどんなカーシェア?

個人同士で車の貸し借りができる「エニカ(Anyca)」はどんなカーシェア?

車を個人間で貸し借りできるカーシェアリング相手を探せるサービスが増えています。中でも「エニカ(Anyca)」というサービスでは個人間のカーシェアをサポートして、様々な保証もあることの安心感から登録者数が一番多いようです。個人間で車の貸し借りをする時に、友達同士だとちょっとしたトラブル、例えば車が傷つけたりつけられたりした場合の対処方法に困りますよね。その点こうした個人間カーシェアリングを利用すれば貸す側も借りる側もメリットが多く安心して利用できます。

ケンケン

■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRspo…

  • 13
  • 186
  • 最終更新日:2019-6-4 / 投稿日:2019-6-3

個人所有の車を貸し借りできるエニカとは

シェアリングエコノミーが注目されている昨今ですが、車でも「個人間カーシェアリング」があります。

そのサービスの代表格となっているのが、DeNAが運営する「エニカ(Anyca)」です。

車を持っている人も持っていない人も活用すると様々なメリットがあるエニカを、詳しく調べてみました!

【貸す側】車の空いている時間を活用して収入が得られる

普段自分が乗っている車がある人は、自分が乗らない空いた時間に他の人に貸し出すことができるサービスです。

自分が他の事をしている間に、車を他の人に貸すことで自分の収益になります。

車が駐車場代や保険料などの固定費に使うお金を稼いでくれる、という仕組みです。

【借りる側】好きな車を借りられる

車を所有していない人が車に乗って出掛けようとする場合、レンタカーを借りることが多かったと思います。

レンタカーは、レンタカー店が持つ車しか乗れないので、「この車にのりたい」という希望がある人にとってはのりたい車が必ずしもあるとは限りません。

エニカのような個人間カーシェアリングであれば、レンタカーにはないような外車や、高級車、ヴィンテージカーを個人が所有している車が登録されています。

憧れている車に、ちょっとの間だけ乗ることができるのが個人間カーシェアの魅力のひとつです。

エニカが他社に比べて優れているところは?

まだまだサービスを行っている会社が少なく、競合数自体はあまりありませんが、数少ないサービスの中でもエニカが優れている特徴があります。

登録者数業界トップ

エニカは登録者数が業界ナンバーワンの17万人以上(2019年5月時点)です。

借りたい人と貸したい人の人数が多く、大多数の人が希望の日時に使用することができるでしょう。

この日のこの時間に使いたいと思っても車の数が少なかったりすると、希望している日時に借りることができなかったりします。

エニカに登録している人が多ければ、それだけ借りる人がいますし、貸す人もいます。

Anycaエニカの公式サイト

車を借りる人に嬉しいエニカの特徴は?

エニカを使用している人で、ドライバー側からの声として多く上がってくるのが、「憧れの車に乗ることができる」という点です。

外車や高級車の登録が多く憧れの車に乗ることができる

経済的な理由で、高級車の所有を見送っている人もいるでしょう。

エニカのオーナーの中には「国産高級車」や「外車」「旧車」なども所有している人が登録していたりします。

レンタカー店では借り手が少ないような珍しい車をレンタル用に置いていないのに比べて、エニカを利用することで珍しい車や高級車に乗る機会が生まれるかもしれませんよ!

万が一の時にも安心の保険

エニカを利用して、車を借りる側が必ず加入するのが、保険です。

この保険サービスに入っていないと、車を借りることができないようになっています。

小さなキズが入ったとしても、この保険を使用して直すこともできるので安心して他人から借りる車に乗れますよね。

車を貸し出す人に嬉しいエニカの特徴は

エニカは貸し出す人が、入金に関する不安を無く自分の車を安心して貸すことができるシステムを備えています。

エニカを通したクレジットカード決済で支払い漏れがない

借りる人が支払う方法は全て、クレジットカードによる決済になっています。

このクレジットカード決済も、エニカが仲介に入っていますので入金されないという心配がありません。

知らない人同士の車の貸し借りが現金手渡しだったりすると無用なトラブルが発生することがあります。

カードによる支払いを利用している点で安心ポイントの一つとなるでしょう。

燃料の入れ忘れで返却された場合の保証

車が手元に戻ってきて、燃料を見てみるとまったく入っていないということもあるかもしれません。

うっかり燃料エンプティの状態で返却されたとしても、燃料分の金額を後から貸し出した相手に請求することができます。

ただし、シェア後1週間以内に手続きをしないといけないので注意が必要です。

そして、その請求は借りた側に手数料10%が上乗せされて請求されるようになります。

エニカで副収入を得る人・短時間だけ憧れの車に乗りたい人がつながる!

貸す人にとっては、自分が乗らない時を有効に活用してお小遣い稼ぎをすることができるようです。

エニカを使用しているオーナー側の約8割が、収入になるからと言って利用しているそうです。

他方で借りる人にとっては、憧れの車を所有すること無く、使いたい時だけドライブすることができます。

国内最大級となる登録者を誇るエニカで、個人間カーシェアを一回試してみてはいかがでしょう?

Anycaエニカの公式サイト

■こちらの記事もオススメです

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
ケンケン
■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRsportsGRの5MTに乗ってます。 ■車に対する思い:父親の影響から物心ついた頃より車が好きで、そのまま大人になってしまいました。車を走らせるだけでなく、美しく保つことやメンテナンスも全て自分で行っています。 …

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
自動車保険を節約!なんと平均3万も安くなる!PR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。