CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

ニュートラルっていつ使うの?いつもは使わないオートマの「N」!実は緊急時に大活躍!

ニュートラルっていつ使うの?いつもは使わないオートマの「N」!実は緊急時に大活躍!

オートマ車のNレンジ・ニュートラルという状態、普段ほとんど使ったことがないのに気が付きます。ではニュートラルはどんなときに使うのでしょうか?実はトラブル時に使うのですが、意外と知らないものですよね?ニュートラルを使ったほうがいいケースと、坂道をニュートラルで走った場合について紹介していきます。

免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) …

  • 14
  • 221
  • 投稿日:2018-8-27

ニュートラルとは?オートマの「N」って使うときある?

 

ニュートラルとはオートマチック車の場合は「N」に入っている状態です。

マニュアル車の場合は、どこにもギアが入っていない状態を指します。

マニュアル車の場合には、ギアチェンジをするときに各ギアへの切り替え時には、一旦シフトをニュートラル位置にします。

一方でオートマ車では、車が前に動く「D」車を止める時の「P」は、運転中に必ず使いますが、「N」のニュートラルはいつ使うの?なんであるの?という方が多いのではないでしょうか?

実は、車のニュートラルは非常事態に利用することが多いので、使い方を知っていると安心です。

ニュートラルはどんなレンジ?意味は?

オートマチック車では、PはパーキングレンジNはニュートラルレンジDはドライブレンジRはリバースレンジと呼びます。

ニュートラルとは、「エンジンの動力が駆動輪に伝わらない・伝えないポジション」です。

オートマチック車の場合、車を前進させる「D」と後進させる「R」の間にNレンジが位置しています。

前進やバックのギアに直接切り替わるのではなく、各ギアに切り替わるときのNに一度入るのでドライブ操作の準備段階のポジションとしてこのレンジが設けられています。

緊急時には必須!ニュートラル「N」を使用する2つのシーンとは?

1.故障時に車を動かすとき

エンジンを切って車を手で押したり、他の車両から牽引(けんいん)してもらう場合にNレンジ(ニュートラル)を選択します。

例えば、エンジンのトラブルが発生したらエンジンを停止した状態で車を押して安全なところまで動かさなくてはならないときがあります。

また、パンクなどの理由で他の車両に牽引されるときなど、車を引っ張ってタイヤ(駆動輪)を回転させる必要があるときには、やはりNレンジを選択します。

これは、他のレンジを選択していると、ギアを介して駆動輪にブレーキがかかった状態になるためです。

走行中、踏切などでエンジンストップして止まってしまったときなど、誰かに押してもらって車を移動させる必要があるときには、このNレンジにしてください。

2.走行中にエンジントラブル!

めったにあることではないと思いますが、走行中にエンジンが異常に高回転になるといったトラブルの場合にはニュートラルにします。

通常、エンジンの回転数はアクセルを踏む時に2,000~3,000程度を保っているかと思います。

それが、停止しているのに2,000を超えたり軽く踏んでるのに5,000を超えたりと「普段と違う」場合にはフットブレーキで車を停止して速やかにギアをニュートラルにしましょう。

車がこんなふうにエンジンが普段と違うと感じた時には、ロードサービスに電話などをして相談しましょう。

坂道ではニュートラルで車を走らせでも良い?

下り坂などアクセルを踏まなくても車が惰性で走っているとき、ニュートラルにするとガソリンを使わないように思えませんか?

確かにスピードを上げるために「ドライブ」→「セカンド」→「トップ」とギアの段階を上げれば段階的にエンジンに行く燃料が増えるので、その逆の「ニュートラルなら燃料を使わない」ということも考えられます。

でも、下り坂をニュートラルの状態で走行することは、危険な行為なので行わないでください

車はDレンジだと、下り坂でエンジンブレーキがかかるような安心な設計になっています。

坂道でニュートラルにして走るとエンジンブレーキがかからずにどんどん加速してしまうので、フットブレーキで制動するにはブレーキパッドの負荷がとても大きくなります

また、ブレーキのフェード現象と言って一時的にブレーキが利かなくなってしまう恐れもあります。

坂道は必ず「D」のドライブや「2」セカンドギアで走るようにしてくださいね。

ニュートラルは緊急時に適切に利用しよう

「Nレンジ」(ニュートラル)の使い道、意味について紹介しました。

通常の使い方では、意図的にニュートラルで車を操作するようなことはありませんが、緊急時や故障時に無くてはならないレンジです。

トラブル発生時は落ち着いてじゃまにならないところに車を停車し、ギアをニュートラルにしてパーキングブレーキを引くこと、と覚えておきましょう。

■こちらの記事もおすすめです

駐車時にやりがちな「ハンドルの据え切り」とは?車へのダメージは?やってはダメなの?

人と差が付く!お洒落な女性のハンドルカバー人気ランキングTOP5

【中古車納車編】トラブルにならないために!チェックしておくべきポイント

高速のトラブル33%がタイヤ!ドライブ前に必ずタイヤの空気圧をチェックしよう

 

  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) 車に対する思い:自動車関連の仕事を長くやってきました。 1人のユーザーとしてこんな車が欲しいと思う要求がありながら、実際に作る側の苦労もわかります。 世の中に発表されたいろいろな車を見るたびに、すごい車がで…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。