CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

しつこい車の臭い…原因はカビ!シートやエアコンのカビを徹底除去する方法とオススメ消臭グッズ

しつこい車の臭い…原因はカビ!シートやエアコンのカビを徹底除去する方法とオススメ消臭グッズ

雨の日や湿気が多い季節になると、車内が突然臭うことありませんか?また、エアコンを久しぶりにつけたりすると、カビ臭い酸っぱい臭いがしたら、その日のドライブも台無しですね。このような時に役立つ消臭グッズやカビ臭がする原因と対策などをご紹介します。どうすれば、車内のイヤな臭いやカビ臭が取り除けるのか詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 31

  • 3,791

  • 最終更新日:2017-5-25 / 投稿日:2017-5-26

雨の日に車内が臭う…?原因はカビだった!?

雨の日って、車内が臭う時がありますよね。

なぜ雨の日になると車内が臭うのでしょうか?

一番に考えられるのは、車内に潜む『カビ』です!

車内は密閉された空間なので、カビの繁殖には好条件ですから、知らぬ間に増えている可能性があります。

この繁殖したカビから臭いが発せられ、雨になると湿気が増えるためさらに臭いがキツくなります。

カビは、湿気を好みますから、濡れたままのタオルや傘などを放置しておくとあっという間にカビだらけに...。

そのため、しっかりと対策をする必要があります!

 

雨の日の車内の臭いをなんとかしたい!対処方法をご紹介

 

雨の日のカビ臭いにおいを取るための方法をご紹介します!

 

・ 消臭スプレーを使う

この方法が一番手っ取り早く臭いを消すことができます。

車内が臭う時にささっとスプレーし、臭いを消し去ることができます。

手軽に消臭できますし、カー用品店やホームセンターには、様々な消臭スプレーが売られていますから、好みの匂いと合わせて使えるのがいいですね。

ですが、消臭スプレーをしても、臭いが取れないことがあります。

いくらスプレーをしても時間が経つと、また臭いが復活していることありませんか?

これは、車内のカビが原因です。

このような場合は、一度車内を乾燥させる必要があります。

車内をしっかり乾燥させることで、カビの臭いを除去することができますよ。

 

・重曹を使って消臭する

車内に重曹をふりかけて消臭する方法です。

この方法は、消臭スプレーと違って時間と手間がかかりますが、かなり効果が期待できるので、なかなか臭いが取れない方は一度試してみてください。

重曹をシートや床、マットなどに満遍なくふりかけます。

特に床部分にはしっかりふりかけます!

全体的に重曹をふりかけたら、あとは半日〜1日放置してください。

 

重曹は湿気や臭いを吸収してくれる効果が期待できます。

臭い発生の原因である湿気を吸収することで、車内が乾燥しイヤな臭いも気にならなくなっていくでしょう。

半日〜1日放置した後は、重曹を掃除機で吸い取るだけです。

少し時間と手間がかかりますが、車内の臭いがかなり取り除かれるのでオススメですよ。

 

・エアコンフィルターの掃除or交換をする

エアコンのフィルターから臭いを放っている可能性もあります。

その臭いの理由はエアコンフィルターに繁殖したカビです。

フィルター交換やフィルター掃除をして、臭いの元を除去しましょう。

走行しているだけでフィルターにホコリと砂が付着してしまいますから、長い間フィルターを交換していない方は、すぐにでも交換をおすすめします。

メーカーが推奨している交換時期は1~2年、または走行距離が15,000km~20,000km以上であれば交換しましょう!

 

・送風機能を使ってカビ対策!

車の送風機能を使ってカビ予防をする方法があります。

カビは嫌な臭いを放つ原因でもあるので、しっかり予防する必要があります。

 

  1. まず、A/Cをオフにする。
  2. 次に、窓を全開もしくは5cm程度開ける。
  3. 設定温度をMAXにして、送風モードにする。
  4. 風量もMAXにして、5~10分運転する。

この方法で、車内の湿気を取り除くことができます。

梅雨の時期は、定期的に行うと効果的です。

雨が降っていて窓が全開にできない方は、サイドバイザーがある部分だけ開けて行っても問題ないですよ。

 

車内の臭いを取るオススメ消臭グッズ!私が実際に使った商品もご紹介

カーメイト スチーム消臭

スチームを利用して、車内を循環させて臭いを除去します。

車内のイヤない臭いはもちろん、タバコの臭いやカビ臭いのも取り除けます。

私の経験では、あまり強力なスチーム消臭剤を使用すると、スチームの臭いが車内に残ってしまい、逆に不快な思いをすることがあります。

車の大きさや臭いの度合いによって選ぶといいですね。

カーメイト 車用 消臭剤 スチーム消臭 車内のニオイ用 銀 大型 置き型 無香 安定化二酸化塩素 310g D38

カーメイト 車用 消臭剤 スチーム消臭 エアコン用 大型 置き型 無香 安定化二酸化塩素 310g D22

DRIVE JOY クイックエバポクリーナー

エアコンのフィルターを外し、エアコン送風口から直接クリーナを入れるだけ!

簡単にエバポレーターが洗浄できるので、エアコンフィルターを交換するのと同時に行うとさらに効果的です。

タクティー(TACTI) DRIVE JOY(ドライブジョイ) クイックエバポレータークリーナーS 60ml V9354-0006

 

↑とてもわかりやすい使い方動画もありました!

※エアコンフィルターの場所は車によって異なりますので、自分の車はどこか確認してくださいね。

 

備長炭ドライペット

クローゼットように湿気取り剤ですが、フックがついているので車内に吊るしておくだけです。

これだけでも十分効果はあるので、一度試してみる価値はあります!

私は、ラゲッジルーム(トランク)の床下収納やシート下にに一つずつ置いてあります。

【まとめ買い】 備長炭ドライペット 除湿剤 下駄箱用×2個

頑固な車内のカビの臭いが取れない…どうすれば?

市販のアイテムなどでは、臭いの全てを完璧に取り除くのは難しい時もありますよね。

そういうときは、プロにお願いするのも1つの方法です。

 

ディーラーにお願いする

臭いが頑固すぎて、私たちの手に負えない場合は、専門業者にお願いしましょう!

車のエバポレーター(空気を冷やす装置)などが汚れている可能性があるので、ディーラーなどで行っている強力洗浄で除去します。

洗浄はディーラーで5,000円前後で行ってくれますし、所要時間も20~30分程度で終わります。

 

エバポレーターは結露するので、どうしてもカビが生えやすいです。

臭いがなかなか取れない方は、ぜひ一度ディーラーに相談してみてはいかがでしょうか。

 

すべて分解して掃除する

ディーラーで洗浄してもらっても、まだ臭いが取れない場合は、すべて分解して掃除する必要が出てきてしまいます。

費用はおおよそ3~5万円といったところでしょう...。

かなり費用がかかってしまいますね。

特に、エバポレーターは使用しているうちに結露などでカビが生えてきますから、すべて分解して掃除したとしても、また同じ現象は起こってしまいます。

洗浄するより新品に交換した方が、安く出来る場合もありますよ!

 

車内を乾燥させて、カビを減らそう!

車は機密性が高く、湿気がたまりやすいです。

ですが、車内の空気を入れ替えや換気をせずに乗っている方も意外と多いのではないでしょうか。

車内の湿気を取り除き、フロアマットなどの掃除を行うことで、臭いの原因であるカビを防ぐことができます。

梅雨の時期は特にカビが繁殖しやすいですから、十分に対策を行いましょう!

 

■こちらの記事もオススメです!

車のエアコンが臭い!一瞬で臭いを消し去る簡単な方法から日常のお手入れまで

実は【超簡単】!車のエアコンフィルターを自分で交換・掃除する方法

車のエアコンが臭い!一瞬で臭いを消し去る簡単な方法から日常のお手入れまで

暑い夏!エアコンが効かない!何が原因?修理はいくらかかる?

今さら聞けない!エアコンの内気循環と外気導入の使い分け

 

  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。