CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

車のエアコンから白い煙が…故障?危険?車が炎上寸前の恐怖体験も!

車のエアコンから白い煙が…故障?危険?車が炎上寸前の恐怖体験も!

エアコンをつけたら白い煙が出てきた!エアコンの故障?身体に影響が出る危ないもの?と不安になったこと、ありませんか?実際、基本的には故障でない場合が多いです。 夏になるとこれまで使用していなかったエアコンをつけます。その時に出て来る白い煙の正体をご紹介します。ただ、場合によっては故障の可能性もありますのできちんと確認しましょう! 久々につけたエアコンから白い煙が出てきて、驚いている方はぜひ参考にしてくださいね。 

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 10

  • 3,366

  • 最終更新日:2017-5-26 / 投稿日:2017-5-27

なぜ車のエアコンから白い煙が出るの?

車のエアコンをつけたとき、白い煙が出たことないですか?

そもそもこの白い煙はなんなのでしょうか。

考えられる原因は2つです。

 

  1. 故障によるもの
  2. エアコンの温度設定によるもの

 

エアコンの吹き出し口から突然白い煙が出てくるとかなりびっくりしますよね。

私も同じような経験をしたことがあります。

ドライブ中、車内が暑かったのでエアコンをつけてしばらくすると「白い煙」がエアコンの吹き出し口から出てきました。

突然のことでかなり驚き、慌てて車を停車させたことを今でも鮮明に覚えています。

無知な私は、「有毒ガスかも?死んじゃう...」と思いましたが、そのあと普通に呼吸できていたので大丈夫でした。

有毒ガスであれば、今この記事を書いていませんよね(笑)

 

さて、ではエアコンから発生する白い煙は、具体的に何なのでしょうか?

 

車のエアコンをつけた状態で白い煙が出る場合

車内が暑くなりエアコンをつけた時に出る「白い煙」は、空気中に含まれる水蒸気です。

『空気中の水分が一気に冷やされ、結露した状態が目に見えた』ということが考えられます。

車のエアコン温度を一番低いものにすると、空気が一気に冷やされ白い煙のように見える現象です。

スーパーなどの冷凍食品コーナーでは上から下へ白い煙のカーテンになってたり、冷凍庫を開けると白い煙りがもわ〜っと出たりしますよね?それと同じです。

この現象が車の中で起こっているため、エアコンの吹き出し口から白い煙が出ているように見えるんです。

ですから、そのまま使い続けて、車内の温度が下がってくると自然に白い煙もおさまりますよ!

 

車のエアコンをつけていない状態で白い煙が出る場合

エアコンをつけていないのに白い煙が出ている場合は、故障の可能性があります。

 

エバポレーターの故障

エバポレーターとは、簡単にいうと空気を冷やす役割をしているものです。

ここで冷やされた空気を車内へ送り込み、涼しくしています。

エバポレーターで空気が氷点下以下にならないようにコントロールしていますが、故障してしまうと制御できずエアコンから白い煙が出てきてしまいます。

 

エンジンやウォーターポンプの故障

エアコンから白い煙や異臭などがする場合、エアコン部分以外の故障が考えられます。

エンジンの故障であったり、ウォーターポンプの故障などです。

エンジンに不具合が生じていれば車が走らなくなりますし、ウォーターポンプの故障であれば、ボンネットから白い煙が出てきます。

このように、エアコンの吹き出し口から出る白い煙以外にも様々な症状が出ていたら要注意です!

 

車のエアコンを修理するには、どれぐらい費用がかかる?

エバポレーターの故障やコンプレッサーの故障など、エアコン周りの修理にはどれぐらいかかるのでしょうか。

ディーラーや修理工場によって価格が違いますが、修理代金の目安をご紹介します。

 

  • エアコンガス補充 3,000~4,000円
  • ガス漏れ修理 22,000円〜
  • ガスのつまり修理 20,000円〜
  • コンプレッサー修理 50,000円〜
  • エバポレーター修理 50,000円〜
  • 電気系、システムトラブル修理 50,000円〜
  • コンプレッサー修理 35,000円〜

このように修理には、かなりお金がかかります。

エアコン周り一式を修理すると20万円を超えてしまうこともあるぐらいですから、車の調子がいつもと違うと思ったら、できるだけ早く点検してもらうことをオススメします。

 

あわや車が炎上!恐怖実体験で日常のメンテナンスの重要性を痛感…!

私は以前、ウォーターポンプの故障で車が炎上しかけました。(笑)

エアコンから蒸気が出ているだけと思い、そのまま走り続けていたところ、水温計ランプが点灯しオーバーヒート寸前でした。

その時は、ボンネットからも蒸気が出ていたので、相当やばい状態だったんですね...。

冷却水がうまく循環できず、ボックスの中で沸騰したクーラント液がボコボコ音を立てて踊っていました。

こんなことにならないためにも、日頃からこまめにメンテナンスを行いましょう!

 

■こちらの記事もオススメです!

【初心者向け】自分でできる車の基本メンテナンス項目7選!費用・時間・頻度・工賃も解説!

初心者でも簡単にできる!車を故障させないための必須メンテナンス項目3選

車のエアコンが臭い!一瞬で臭いを消し去る簡単な方法から日常のお手入れまで

【簡単】エンジンオイルの点検方法!定期メンテナンスでオイル交換時期を見極めよう

 

 

  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
  • 夏の車メンテナンス特集!
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。