CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

これで解決!車一括査定のしつこい電話を止める3つの方法

これで解決!車一括査定のしつこい電話を止める3つの方法

一括査定サイトに登録すると、たちまち業者から電話が来るといわれています。実際、それは本当なのでしょうか? ここでは、一括査定サイトを利用するとどれぐらい電話がかかってくるのか、また、その電話を止める方法をわかりやすく紹介していきます。

免許取得歴:10年 今乗っている車種:ダイハツタント(新車で購入) 車に対する思い:色…

  • 38

  • 444

  • 最終更新日:2017-7-24 / 投稿日:2017-3-2

自動車一括査定サイトってそんなに電話がかかってくるの?

現在100万人の利用者がいると言われている車の一括査定サービス。

1つのサイトに査定依頼申込みをするだけで、複数の買取店に査定を依頼できてしまうとっても便利なサービスです。

 

しかし便利な半面、「電話がしつこくていやだ・・・」というウワサも聞こえてきます。

 

本当にそんなに直ぐに電話がかかってくるのでしょうか?

私も利用した事があるので解りますが、本当にすぐに電話がかかってきます

しかも、私の場合は、電話に出るまで仕事中であろうと何度もかかってきました。

複数の業者からかかってきているので、気づけば大量の不在着信が…

 

私だけではなく、ツイッターにも同じような体験をしている方が大勢いましたので、ここでいくつか紹介しておきます。

 

こうしてみると、一括査定サイトの申込自体をキャンセルするぐらいまで、電話攻撃を受けてしまった方もいるののですね・・・。

実は、夜21時以降の電話は現在禁止されているのです!

N112_cyekusuru_1_TP_V

今は、夜21時以降に電話をすることは「JPUC」と呼ばれる団体によって規制されました。

その規制以前は22時や23時に電話をかけてきた業者も中にはあったのです。

 

規制を始めたJPUCとは一体どんな団体なのでしょうか?

JPUCとは「一般社団法人日本自動車購入協会」の事です。

2014年(平成26年)3月28日に設立されました。

JPUCの主な活動内容

簡単にいうと、自動車買取業界を私たちにとって安心・安全なものにするために、活動しているようです。

詳しい活動内容は主に下記4つになります。

1.自動車買取業界全体サービス品質の向上を目的として、自動車買取に関わる情報収集及び参加企業に情報を共有しています。

2.買取業者の事業の健全性を維持し、消費者に有益なサービスを提供するためのガイドラインを制定しています。

3.WEB向けにも誤解を生むような表記・表現が行われないようにガイドラインを制定しています。

4.お客様相談窓口を設立し、自動車買取に対する困りごとや相談などを受け付ける活動をしています。

 

↓詳細はこちら↓

21時以降の電話を禁止する規制が始まったのはいつから?

憲章の中に平成27年(2015年)6月12日制定となっていますので、この日が具体的な行動基準などが決まった日とみていいと思います。

しつこい電話を止めるための3つの方法があります♪

21時以降は電話が来なくても、日中はかかってきてしまいますよね。。

では、日中のしつこい電話を少なくする方法には一体どんなものがあるのでしょうか?

調べてみた所、おおきく分けて3つの方法がありましたので、詳しくご紹介します。

 



カープライスの特徴をまとめてご紹介します。

UCARパックの特徴をまとめて紹介します。



査定バンクの特徴をまとめて紹介します。

  • 冬のカーライフ特集! 寒さ対策どうする?雪道の運転のコツは?
  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:10年 今乗っている車種:ダイハツタント(新車で購入) 車に対する思い:色や内装などにとことんこだわるタイプなので、車の購入時の打ち合わせがいつも長時間に。メンテナンスもきっちりやります。楽しいカーライフを過ごすためには妥協はしません。知識がまだまだなので夫に教えてもらいながらただい…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。