CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

車中泊もOK!アウトドアに最適な軽自動車4種と、準備しておくべきオススメグッズ4選♪

車中泊もOK!アウトドアに最適な軽自動車4種と、準備しておくべきオススメグッズ4選♪

軽自動車ユーザーの方アウトドアに出かけるためには大きなSUVやキャンピングカーが必要だと思っていませんか?今では軽自動車でも山をスムーズに登れたり、オフロードでもスイスイ進めたりと、軽自動車でアウトドアを楽しむことができます!今回は、アウトドアにおすすめな軽自動車やグッズなどをご紹介します。これからのアウトドアシーズンに向けてぜひ参考にしてみてください。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 26

  • 632

  • 投稿日:2017-6-23

軽自動車でもアウトドアは楽しめるの?

アウトドアに行く際に使用する車といえば、SUV(スポーツ用多目的車)や4WD(四輪駆動)といったゴツゴツとした大きな車を思い浮かべた方もいると思います。

しかし、最近では軽自動車を使ってアウトドアに出かける方も少なくありません。

「軽自動車は小さくて、パワーが弱いため、アウトドアに向かないのでは?」という疑問もありますが、最近の軽自動車は以前のようなイメージの車ではなくなってきています。

また、軽自動車で車中泊ができるものも出てきています!

車中泊ができれば、経済的にもお得になり、よりアウトドアを楽しむことができますね。

では、どのような軽自動車がアウトドアに向いているのか見ていきましょう。

 

アウトドアに向いている軽自動車の条件とは?

アウトドアをするのに向いている軽自動車の条件は

  • 荷物を多く積むことができる
  • 車中泊が可能である
  • 坂道でもしっかりとパワーを発揮できる

この3つを満たしていれば、軽自動車でも十分にアウトドアを楽しむことができます!

 

・ 荷物を多く積むことができる

アウトドアをするのに欠かせない条件ですね。

まず、たくさんの荷物を積むことができる荷室があることが重要です。

車高があり、奥行きもしっかり確保されているものを選ぶといいですね。

荷室に床下収納が装備されていたり、空間を十分に利用できるよう2段式の荷室になっていたりする軽自動車もあるので、用途に合わせた車種を選択することをおすすめします。

 

・ 車中泊が可能である

車中泊が可能な、フルフラットになる軽自動車がおすすめ!

車中泊ができれば、宿泊代やテント費用も抑えることができますので、とても経済的です。

また、ある程度車内の温度調節もできるので、快適に過ごすこともでき、安心して寝ることができます。

テントの中で寝袋を使って寝ることも楽しいですが、車好きの私は車中泊が一番テンション上がります。(笑)

 

・ 坂道でもしっかりとパワーを発揮できる

アウトドアといえば山!山といえば坂道!

一般的に軽自動車は排気量も少なく、パワーがないと言われています。

ですが、ターボ付きの軽自動車であれば、坂道でもストレスなくスムーズに登ることができますし、さらには軽自動車にも4WD車が用意されていますから、オフロード(舗装されていない道)での走行が可能となります。

アウトドアには、ターボ付きでオフロードにも対応できる4WDの軽自動車が最適ですね!

 

アウトドアに最適な軽自動車3選!

1.ダイハツ ウェイク 荷物がしっかり積める軽自動車

ダイハツから登場した『ウェイク』

車高が1.7mと高く、小さい子供が車内で立ち上がっても天井に頭をぶつけないほどの高さです。

ですから、荷室も広く、釣りやサーフィンなど長い荷物も楽々積むことができるので、アウトドアにおすすめです。

また、荷室の奥行きもしっかりと確保されているため、多くの荷物を積むことができます。

ダイハツウェイクの公式ページはこちら

 

2.ホンダ N-BOX+ 車中泊ができる軽自動車

ホンダの『N-BOX+』は車中泊に最適です

このN-BOX+は運転席から荷室までフルフラットにすることができ、車内全体をまるでベッドのように変身させることができます。

N-BOX+の車内は、全長が2mとなっているので、大人が寝転んでも快適に過ごすことができますね。

また、オプションであるマルチボードを使用すれば、ボードの下段にスペースができるため、荷物を置く場所に困ることがありません。

N-BOX+は、しっかりと足を伸ばせて、車中泊できるため起きた際に体が痛くならないので、次の日のアウトドアも全力で楽しむことができますね。

ホンダ N-BOX+の公式ページはこちら

 

3.スズキ ハスラー パワーがある4WDの軽自動車

オフロードでもオンロードでもパワーを十分に発揮することができるスズキの『ハスラー』。

カラーバリエーションも豊富で外観がオシャレなのが特徴です。

その可愛らしい見た目とは反対に、走りはとってもパワフルです!

4WD仕様のグレードも用意されているので、アウトドアに最適ですね。

荷室の広さも十分に確保され、フルフラットにもなるシートも装備され、オールマイティな一台となっています。

スズキ ハスラーの公式ページはこちら

 

軽自動車で行くアウトドアに持っていきたい!オススメグッズ4選

□ あると便利なグッズ

1.ニューイング ステアリングテーブル

 

SFJ NEWING(ニューイング) ハンドル(ステアリング)取付 テーブル ワンタっちゃブル NPT-001

 

どの車にも、運転席で飲食が可能なテーブルは装備されていません。

2列目シートや助手席にはシートバックテーブルやオープントレイなどが装備されていますが、運転席にこのようなテーブルがないので、簡単にテーブルを装着できるととても便利ですよ。

また、シートをフルフラットにしてしまうと、2列目シートのテーブルが使えなくなってしまうため、運転席にテーブルをつけて使用できるのは嬉しいアイテムですね。

 

2.シャープ プラズマクラスター

シャープ イオン発生機 プラズマクラスター25000搭載 車載用 ブラック IG-GC15-B

 

車内の空気をすっきりさせてくれるプラズマクラスター。

アウトドアでは、車内で食事を取ることも多いと思います。

ですが、車内は機密性が高いので、ご飯やお菓子などの臭いがこもりがちです。

そんな時に車内の空気をリフレッシュしてくれるものがあると重宝します

タバコの臭いなども除去してくれるのもいいですね。

□ 車中泊に最適なグッズ

3.車用虫除けネット

SEKAIIQIBAN 車用網戸 虫除けウインドーネット 左右ドア用 遮光サンシェード 2枚セット

夏のアウトドアに最適な虫除けネット!

車中泊する際は、車のエアコンをつけっぱなしで寝ることができませんから、窓を開けておきたいですよね。

ですが、車には網戸のようなものがついいませんから、窓を全開にしてしまうと虫が入り放題です。

このような時に、窓に簡単に取り付けられる虫除けネットを装着すると、虫の侵入防止ができます

 

4.コンパクト寝袋

【Colorful365】 超 コンパクト 軽量 封筒型 春用 夏用 秋用 シュラフ 寝袋 高級ダウン 丸洗い 収納袋付 キャンプ アウトドア 撥水加工 車中泊 バイクツーリング 防災グッズ ブラック

缶ジュース2個分ほどの大きさまでコンパクトになる寝袋です。

ファスナーを開けて広げれば、マットとしても使用できますし、もちろん寝袋としても使用できます。

わざわざマットを持っていかなくても、この寝袋があれば様々な用途に使用できます。

また、足部分のファスナーを開けることができたり、お腹の部分だけ残して使用できたりと、1つあれば色々なことに活用できます!

 

運転しやすい軽自動車でアウトドアに行こう♪

軽自動車は運転しやすいけどアウトドアに向かないから…とお考えだった方は、是非パワフルな軽自動車を探してみてください!

たくさんの種類があって、充分軽自動車でも楽しむことが出来ますよ。

更に便利グッズも揃えれば、気軽にアウトドアに行けますね!

 

■こちらの記事もオススメです!

キャンプ場に車で行くなら持っていこう!もっと楽しくなる便利グッズ10選

車でGO!子連れ日帰りバーベキューを最大限に楽しむコツ・持ち物・服装・メニュー

東京都内から車で行けるキャンプ場10選!初心者でも安心・手ぶらOK・予約不要など用途に合わせて選ぼう♪

 

  • 冬のカーライフ特集! 寒さ対策どうする?雪道の運転のコツは?
  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。