CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

現役ママも納得!子どもの送迎に便利な車の「3種の神器」をご紹介♪

現役ママも納得!子どもの送迎に便利な車の「3種の神器」をご紹介♪

お子さんの居る家庭なら、習い事など送迎時に車を使うご家庭も少なくはないでしょう。我が家もそのひとつです。 特に、雨の日など習い事が遠方の場合や、帰りが夜間になる時、子どもの安全面を考慮すると、車での送迎がベストですよね。 そんな時、ママにとって一体どんな車が便利なのでしょう。 今日はそちらをリサーチしてみたいと思います。

今乗っている車種:ボルボ…

  • 47

  • 754

  • 最終更新日:2017-1-13 / 投稿日:2016-10-20

神器1:便利でスムーズ!サッと乗り降りしやすい「スライドドア」

■おすすめポイント① 運転席から開閉できる!

運転席から開閉を操作出来るので、送迎時にサッと乗り降りさせたい時に便利です。
左側に寄せて停車しドアを開けるので、開口部が前後のスライドドアなら限りなく左に寄せられますよね。

■おすすめポイント② 他の車の邪魔になりにくい!

路肩に停めた時に通行する車の邪魔になりにくい利点があります。

開口部も大きく開いたり、スライドドアにワンタッチ開閉機能搭載されている車なら、両手いっぱいの荷物の時でも、バッグの中から鍵を探す手間がありません!
ワンタッチでドアが開くのですから大変便利です。

■おすすめポイント③ 「両側スライドドア」はヤミツキになる?

欲を言うなら、両側スライドドアの車がおすすめ!

複数人数の子どもを乗せる時に必要なチャイルドシートですが、乗せたり、下ろしたりする時に片側のみのスライドドアだと、一度後部座席に乗り込まなくてはいけないので面倒だという声もあるようです。一度両側スライドドアの車に乗ってしまうと、その便利さの虜になるようですよ。

■おすすめポイント④ チャイルドシートや大きい荷物も乗せやすい!

 

car_childseat

子どもにはなくてはならないチャイルドシートですが、子どもの年齢が低いほど、自分で安全を確保できないということもあり、頑丈で重い作りのチャイルドシートが多いようです。設置する際にはやはり、スペースがあると取り付けも面倒に感じないのではないでしょうか?

また大きな買物や、重い荷物を持っている時も簡単に開けられ、広いスペースを確保できるスライドドアは子育てには欠かせないものなのです。

神器2:「バックモニター」や「サイドセンサー」などの便利機能

■バックモニターは女性の見方!

GOGO ROADLESS バックカメラモニタセット5インチスクリーン 170°広角 赤外線LED8つ搭載 暗視 防水 高画質


女性は特に、車庫入れやバッグが苦手と言われていますね。車庫入れの際、バッグモニターがあると大変便利です。時々、車庫入れやバッグの最中に小さなお子様が事故に巻き込まれる事件がありますが、目視+バッグモニターがあると、目では確認し辛い後方が映し出されるので、安全確認が一目瞭然なのが嬉しいですよね。

https://twitter.com/ryichota/status/784039592039096321

■サイドセンサーで安全確保

また前後のサイドにセンサーが付いていると、車に人が近づいて来た時や、車庫入れや幅寄せの際にぶつかりそうになると、ピピピピピ、ピーッとセンサーが教えてくれます。

幼稚園の送迎や習い事の送迎時、子どもたちの多い場所では、目視はもちろんですが、こんな機能が搭載された車でしたら、安全確認に念を入れられそうですね。

自動車は日々、便利に進化しています。便利な機械や、機能を過信せず、安全確認の補助的役割で使うことで、とても便利なカーライフになることでしょう。

神器3:「コンパクトな車」で燃費を節約!

■パワフルで小回りが利く「コンパクトカー」も増加中!

4人以上の家族になると、子どもたちの成長に合わせて手狭になりそうですよね。でもなるべくコストを抑えたい!そんな方には、コンパクトカーがお勧め。

軽自動車よりはパワフルで、小回りが利くので街乗り専門・送迎専門のママさんにお勧め出来る車です。

■燃費だけでなく維持費も安い「軽自動車」という選択もおすすめ!

d7c305480bef5e08546521a6b6bf6e10_s

子育て世帯は、習い事に生活費に住宅ローンなどもありお金のかかる世代でもあります。保険に車検に・・・車を持っているだけでも大変ですよね。だから車の維持費はできれば安い方が助かる!

3人家族でしたら、4人乗りの軽自動車でも十分でしょう。スライドドアの付いているものもありますし、なにより維持費や燃費がお安いのは軽自動車です。

運転が得意じゃない運転苦手ママほどこの3種の神器は必須です!

2bc52f60fe37bd1765736dc00e9fed12_s

すべてが揃うと少し高くなってしまう…という場合は、どれかを諦めたい気持ちになるかもしれません。

運転が得意で苦ではないママなら、スライドドアがなかったり、モニターがなくとも、大丈夫かもしれません。

しかし運転苦手ママは、「この車だったら楽しく運転できるか!?」が大事です。少々高くなっても、ドアがスライドドアで開閉出来たり、不安な車庫入れはバックモニター&サイドセンサー付きであれば、運転への負荷はいっきになくなります。

ママも笑顔でいればこどもも笑顔になれる!そんな快適な送迎の時間を過ごしたいですね。

家族が増える予定の方は車の定員のチェックも!

子どもが増えると荷物も増えます。トランクルームは広めの設計が絶対お勧め。荷物が乗り切らなくて、座席にまで進出してくるとストレスフルになってしまうかも…そんな事情も考えながらワクワクと未来のカーライフを考えてみて下さいね。

軽自動車の定員の謎を解決!大人2人+子どもは何人?罰則罰金や危険性も調査!

子育て中のママはこちらの記事もチェック♪

どうにかしたい!車内の子どもの食べカス!車用掃除機ランキング&便利対策グッズ

今年の自由研究は”自動車”に決まり!役立つ車のキッズページまとめも!

  • 冬のカーライフ特集! 寒さ対策どうする?雪道の運転のコツは?
  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
この記事を書いたユーザー
今乗っている車種:ボルボ…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。