CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

ミニバン、セダン、SUV、1ボックス…車のボディタイプの種類の違いをわかりやすく解説!

ミニバン、セダン、SUV、1ボックス…車のボディタイプの種類の違いをわかりやすく解説!

車にはいろいろな大きさや呼び方があります。ミニバン、セダン、コンパクト、SUV、スポーツ、1ボックス、2ボックス、3ボックス…これらがどういう車のことを指すのか?具体的な車種も挙げつつご説明いたします。この名称は自動車メーカーごとに呼び方が変わることはないので、一度理解してしまえばOKです。車の話題の際、よく出てくるこれらの名称を覚えておけば、どういう車なのかすぐに思い浮かべられてわかりやすくなりますよ!

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 4

  • 142

  • 投稿日:2017-12-25

車の大きさは様々!サイズ設計の定義は?

車の話をする上でよく耳にする「ミニバン」や「セダン」、「ワンボックスカー」という呼び方は、『ボディタイプ』のことを言っています。

ボディタイプは、ピラーという窓柱(屋根とボディを繋げているもの)の位置や数によって区別されています。

車の呼び方5種類

 

「うちはミニバンだよ」「やっぱりセダンの車が…」など、会話に出てきてもいまいちピンと来ない方へ。

具体的な車種と一緒に、ご説明いたします!

自分の家の車がどういうものか知ると、より愛着が湧くのではないでしょうか?

 

1.ミニバン

乗車空間と荷室空間が一緒になっているタイプの車種です。

最大8人まで乗車できる車種もあり、主にファミリー向けに発売されています。

車内は広く、シートもゆったりと確保されており、小さいお子さんの着替えや、おむつ交換などがスムーズに行えるのが特徴です。

また、運転席と助手席の間に空間があり後部座席への移動が簡単にできる『ウォークスルー』が採用されており、車を降りることなく移動できるのも人気の理由ですね。

さらに、シートアレンジも様々で荷室を大きく使用したり、後部座席も1人掛けシート(キャプテンシート)のように使用することができます。

家族で旅行やドライブによく出かける方におすすめな車種です。

★車種例:ヴォクシー、ノア(トヨタ)

 

2.セダン

昔からある車の代表的な形ですね。

小さい頃、車の絵を書くと大抵の子供はこのセダンタイプの車を書いていました。(最近ではミニバンを書く子供が増えています。)

エンジンルーム・乗車空間・荷室空間がそれぞれ分かれており、車の基本形となっています。

乗車空間と荷室空間が独立しているので、乗車する人の快適性を重視したものとなっています。

会社の社長や国会議員などが使用する車の多くがこのセダンタイプなのが理解できますね。

テレビや映画などでも「偉い方々」はこのセダンから降りてくることが多いです。

唯一私たちと違うのは、「偉い方々」は自分で運転をしないので必ず後部座席から降りてくるということでしょうか…。(笑)

★車種例:マークX、クラウン(トヨタ)

 

3.コンパクトカー

その名の通り、コンパクト設計された車種を言います

ミニバンやセダンと違い、ボディサイズが小さめなのが特徴です。

ボディサイズが小さいので、小回りが効いて、狭い道でもスイスイ走行することができます。

また、車全体が軽く、エンジンの排気量も小さいので、燃費がよくなり最近では非常に人気の車種となっています。

ミニバンと1位、2位を争うほどの人気がありますよ。

長距離ドライブや多くの人や荷物を乗せるというよりは、日常の足として手軽に利用できる車ですね!

★車種例:アクア(トヨタ)、マーチ(日産)

 

 

4.SUV

『スポーツ・ユーティリティー・ビーグル』の略です。

「スポーツ用多目的車」という意味です。

最低地上高(水平地面から車体の一番低いところまでの垂直距離)が高く、運転席からの視界が非常に良く人気の車種です。

もともとオフロード(舗装されていない道)走行で性能を発揮するように開発されていましたが、最近では視界の良さと荷室空間の広さが人気となり、街中で見る機会が増えました。

現在では、大型のものから小型ののも、さらには高級車から軽自動車まで、様々なSUVと言われる車種が発売されています。

街乗りはもちろん、雪道や悪路でも走行が可能なので、アウトドア好きな方におすすめです。

★車種例:ハリアー(トヨタ)、ヴェゼル(ホンダ)

6.ステーションワゴン

エンジン部分と居住空間、荷室空間があり、居住空間と荷室空間が一体となっている車種です。

車高は低く、セダンタイプと同じ高さであることが特徴となっています。

セダンのように居住空間が広くとられ、ミニバンのように荷室が広いタイプの車となり、2つの車種のいいとこ取りをしたといった感じです。

あまり大きな車はイヤだけど、荷物はしっかりと積みたい方にオススメです。

車種例:カローラフィールダー(トヨタ)、シャトル(ホンダ)

 

5.スポーツカー

運転を楽しむ・走りを楽しむことを目的として設計された車種です。

現在では様々な大きさの車があり、パワフルなエンジンを搭載したものやコーナーリングがスムーズに行える機能を搭載したものなど、車を楽しむスタイルに合わせて作られています。

荷室や乗り心地を重視するより、車を思い通りに動かすことができるということで人気です。

走りそのものを楽しみたい方におすすめですね!

★車種例:86(トヨタ)、GTR(日産)

 

1ボックス・2ボックス・3ボックスってどういう車?

また新しい単語が出てきました…(笑)

「ボックス」とは、一体どういう車を言うのでしょうか?

1ボックス(ワンボックスカー)

1ボックスとは、エンジンルームが車室の下にあり、車内空間が一つの空間に見えることから、この名で呼ばれています。

四角い見た目が特徴的で、ボンネットが非常に短く設計されているのが、「1ボックス」と言います。

★代表的車種:ハイエース、ハイエース ワゴン(トヨタ)

 

 

1.5ボックスカー

1.5ボックスとは、1ボックスと2ボックスとの間の車種を言います。

エンジンルームが2ボックスよりも短く、乗車空間と荷室空間が一つの空間である車を言いますが、2ボックスタイプとの境界線が曖昧で、ミニバンでも2ボックスと呼ばれることもあります。

代表的車種:アルファード(トヨタ)、エルグランド(日産)

 

2ボックスカー

乗車空間と荷室空間が独立しておらず、一つの空間になっている車種を言います。

エンジンルームと居住スペースがある車種を2ボックスと呼びますが、先ほどご紹介した1.5ボックスとの区別はあまりありません。

乗車空間と荷室空間との境目がないのでシートアレンジによって様々な用途として使用できるため、現在では多くの車種に採用されています。

 

3ボックスカー

エンジンルーム・乗車空間・荷室空間とがそれぞれ独立した車種を言います。

代表的な車種は、『クラウン』『マークX』などのセダンタイプのものを3ボックスと呼びます。

それぞれ独立した空間を持っているため、乗車空間を広く、快適に設計することができます。

また、車の前後に空間があるので、事故の際の安全性が高いことがメリットともいえますね。

似ているけど違う?似ている車種の見分け方

ミニバン・SUV・ワンボックスカーとの違いは何?

ミニバンとSUVとワンボックスカーは車の大きさから、よく似ています。車高が高く、荷室も大きいので間違われることが多いですね。

ミニバンとSUVの大きな違いは、『地上からの高さ』にあります。車を横から見たときの地面からドアまでの高さが違います。

ミニバンは、乗り降りがしやすいよう低くなっていますが、SUVの場合は地面からドアまでの高さがあります。

 

また、ワンボックスカーとの大きな違いは、『フロント部分の出っ張り』です。

ミニバンやSUVは少しフロント部分が前に出ています。しかし、ワンボックスカーはフロントガラスから前に出っ張らず、平らになっていることが特徴です。

ミニバンとワンボックスカーはよく間違われるので、この部分の違いを意識することで区別することができます。

コンパクトカー・セダン・ステーションワゴン・スポーツ

この4つの車種で共通する部分は『車高が低い』ことです。ミニバンやSUVと比べると、かなり車高が低くなっています。

それぞれの違いは、車のデザインに大きな違いがあります。

コンパクトカーでは、その名の通り車全体の大きさが小さいです。マーチやアクアのように可愛らしいフォルムが印象的です。

セダンはタクシーのようなデザインが特徴的ですね。タクシーのようなフォルムをした車は、セダンと呼んでいいでしょう!

ステーションワゴンを見分けるには、荷室のデザインです。車高が低く、一見セダンのように見えるが荷室が大きく設計されている車はステーションワゴンになります。

最後にスポーツタイプの車の多くは、ドアが2枚しかないことです。これまで紹介してきた車はドアが4枚ありましたが、スポーツには2枚しかないのが特徴です。

これだけでもスポーツタイプの車だと見分けることができますね。

使用用途や目的にあった車種を選びましょう

車の大きさには様々なものがあり、荷室が広いものや乗車空間が快適なものなどにしたりと、それぞれの車種で用途が違ってきます。

普段、車を使用する目的に合わせて車種を選択すると、より楽しいカーライフを送ることができますね。

ぜひ参考にしてみてください!

 

■こちらの記事もオススメです!

【新車購入体験談】内装にこだわりたい派向け!車種・オプション選び・購入金額の紹介

コネクテッドカーって?どんなことができる車なの?最新事情をわかりやすく解説します!

【現役パパが選びました】家族みんなが大満足するミニバン選びのポイント3つとオススメのミニバン5選

現役ママが選びました!ママ1人でも子どもを乗せるのが快適・便利なオススメ車種4選♪

車中泊もOK!アウトドアに最適な軽自動車4種と、準備しておくべきオススメグッズ4選♪

  • 冬のカーライフ特集! 寒さ対策どうする?雪道の運転のコツは?
  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。