CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

宮城の川崎町で本格的な和紙を親子で作る体験!手すき和紙工房『潮紙』さん

宮城の川崎町で本格的な和紙を親子で作る体験!手すき和紙工房『潮紙』さん

本物の道具を使って、職人さんに教わり、伝統工芸品を親子で作る体験ができる『とうほくこうげいことはじめ』さんの、「自分で作った和紙を使って世界に一つだけのオリジナルブックカバーを作る」というワークショップを体験してきました。前半は宮城県の川崎町の『潮紙』さんで、紙すきをして和紙を作りました。

クラッチ編集部です。…

  • 2
  • 57
  • 最終更新日:2019-11-14 / 投稿日:2019-10-15

自分で手すきして作った和紙で世界にひとつのオリジナルブックカバーをつくるワークショップ

今回ご紹介する体験ワークショップは、とっても中身の濃い充実した体験です。

・親子で本格的なワークショップに参加できる
・【前半】本物の職人さんに教わり、自分で紙すきをして和紙をつくる
・【後半】自分で作った和紙で世界にひとつのオリジナルブックカバーを作る(後日開催)

小学生のこどもと、本格的な体験を親子で一緒にできる機会はいままでなく、ただ子供の体験を見守るだけのことが多かったので、とても充実した時間となりました。

和紙も、1枚作るためにこれだけの手間暇がかかっているということや、きちんと作った紙は1000年以上もつということなど、初めて知ったことばかりでした。

川崎町の 『潮紙』さんで「紙すき体験」

ワークショップは「和紙作り」と「ブックカバーづくり」で前半後半の2日間にわたって行われます。

前半の体験先は、川崎町の笹谷インターを降りてすぐのところにある、手漉き和紙工房『潮紙』さんでの「紙すき体験」です。

車でナビに従い運転していると、この看板が目に入ってきました。

まずは本日の時間割の発表

「とうほくこうげいことはじめ」運営の早川さんから、 本日の時間割の説明と、「 とうほくこうげいことはじめ」とはなにか?というお話がありました。

本日の時間割

午前の部の参加者10名が5名5名の2グループにわかれて、和紙作り体験と、外の畑見学を行います。

「とうほくこうげいことはじめ」とは?

https://www.instagram.com/p/B22y4y4lEaR/?utm_source=ig_web_copy_link

東北には、地域の風土に根差した素晴らしい工芸品があります

しかし、そんな素晴らしい工芸品を、本物の材料・道具をつかって 、親がこどもと一緒に体験したり、楽しんだりできる場はまだまだ少ないのが現状です。

自分たちがわが子と一緒にはじめたい!やってみたい!みんなではじめよう!それが「ことはじめ」です、と早川さん。

和紙の材料「楮(こうぞ)」を知る

こうぞの枝。茶色いものと、白いものがあります。

今回の和紙づくりの先生は「潮紙」の塚原英男さん。

もともとは仙台市若林区荒浜で和紙を作っていたのですが、3.11の震災で和紙工房は流されてしまいました。

ガレキの中から残された道具を掘り出し、塩やヘドロを洗い流して修理をし、2014年春に、水のとてもきれいな川崎町笹谷に移って和紙工房を再建しました。

「職人さん」というと、無口…ちょっと怖い…という印象を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、「塚原さんはおしゃべり大好きでyoutuberのようです」と早川さんからのご紹介がありました(笑)。

そのことばどおり、塚原さんのお話はとっても楽しく聞くことができました。

塚原さんより「和紙はこうぞという木の皮を使って作ります」と説明があり、実際のこうぞの枝を見せてもらいました。

その後実際に作成した和紙を見せてもらいました。

こどもたちにこうぞを見せる塚原さん
実際に塚原さんが作った和紙を触ってみる
よく見ると中に茶色いものが混ざっている。これがこうぞの皮

こうぞの下ごしらえ

こうぞを蒸して繊維を取り出し、さらに細かくほぐしたものがこちら

塚原さんが白くてフワフワしたものを見せてくださいました。

これは、下ごしらえが終わった皮から取り出されたこうぞの繊維です。

ここまで完成するのに、
・こうぞを育てて、刈り取る
・こうぞを蒸す
・蒸しあがったこうぞの皮をむく
・黒皮を刃物でそぎ落とし白皮にする
・白皮を煮て不純物を取り除く
・白皮を水に浮かべて細かいチリを取り除く
・繊維をたたいて細かくほぐす
という、大変な手間をかけています。

A Story of "USHIO" Since 2006,a factory for disabled workers located in Arahama(part of Wakabayashi-ku of Sendai which...

手すき和紙工房潮紙さんの投稿 2018年5月8日火曜日
こうぞの繊維がたくさん入った水の中にみんなそーっと手を入れてみます。「冷たい!」と子供たち
初めての触感にみんな夢中で触っていました

水とこうぞの繊維だけでは和紙にはなりません。

和紙にするために、 繊維を均一に絡ませるのを助ける役目をするものが必要なのです。

トロロアオイを入れる

黄色くてとてもきれいなトロロアオイの花

オクラの仲間である『トロロアオイ』の花の下の根っこを、たたいてつぶして袋の中に入れ、絞り出すと・・・

のりのようなドロドロの液がでてきました
つぶして最後まで絞り出します。大事な材料は大切に使います
とろみがついた液体になりました

このトロロアオイを入れることによって、こうぞの繊維が水の中で均等に浮遊するようになり、美しい和紙作りができるのです。

ドロドロしたトロロアオイの液体は触っても何の害もありません。薬品などつかわなくても、安全安心な自然の材料で和紙作りはできるのです。

和紙をもっと詳しく知る

なかなかやぶれない和紙の秘密を知る

「この和紙をやぶいてみて下さい」と言われ、やぶろうとしてみても、和紙はなかなかやぶれません。

実は何枚もの和紙が重なり貼りつけてあるので、とても丈夫な紙となっているのです。

「あれ?やぶれない!」「私はやぶれた!」と大盛り上がりの子供たち
ペリペリペリ…と1枚の和紙が2枚に!

日本で最初の和紙について知る

ホワイトボードに丁寧に書いて説明して下さる塚原さん

「日本では和紙は何年前から作られたでしょうか?」

答えは、なんと1,000年!和紙には 1,000 年の歴史があります。

日本で最古の紙は奈良県の「正倉院」にあるとのこと。天皇の為に作られた紙で、なんと 1,000 年以上前に作られた紙です。

丁寧に作られた和紙は、 1,000 年以上、保管することが可能なのです。

いよいよ!紙漉き体験

ひとりずつ交代で、本物の道具を使い、紙漉きの体験をしました。

『かみすきうた』をみんなでうたいながら、そのまま歌詞の通りに、作業を進めていきます。

子供たちは塚原さんと一緒に、大人は部分的に1人で作業していきました。

最後の「ポン」がなかなか難しく、みなさん苦戦していました。

「かみすきうた」を実際に歌いながら紙をすきます
まずは塚原さんがお手本を見せてくださいました
いよいよ体験!「すこーしくんで、いっぱいくんだら、よこよこよこ♪」みんなで歌いながら♪
塚原さんが少しでも力を抜くと、とっても重くなり「重いよ~」と苦笑
大人はじぶんでやってねーと、さっと手を放す塚原さん
本物の道具はとても高級品。こわさないように丁寧に取り扱います
そーーーっと持ち上げて
後ろの台に移動します
こちらの台にどんどんできあがった和紙を重ねていきます
きれいな和紙ができあがっていきます

ここまでで、紙漉きの作業の体験は終了です。

工房の裏の畑を探検

次は、こうぞやトロロアオイを育てている、工房の裏にある畑を見学に行きました。

塚原さんは和紙の原料となる「こうぞ」「トロロアオイ」もご自身で育てているのです。

この日はとても真っ青な青空で、空気もとても美味しく、こんな空間で育った材料であれば、とっても上質な和紙ができそう…と思いました。

工房の裏には畑があり、こうぞやトロロアオイを育てています
畑にぬける廊下には冷たい水がどんどん流れる水道が。この冷たくてきれいな水があるから川崎町で和紙作りをしようと決めたそうです
裏には大きな紙すきの器具が。こちらは型を変えて、大きな紙をすくこともできます
山に囲まれて空気がとてもキレイです
花を切り落としたトロロアオイ
近くには風情ある空間が広がります
空の青さがとても濃くて、心が洗われるひととき
自然がたくさんでいろんなものが気になり寄り道ばかりでなかなか進まない子供たち
たくさん散策して戻ってきました

本日のまとめ

紙すき体験と、自然探索というもりだくさんの内容でワークショップは終了。

こどもたちも、お父さんお母さん、おばあちゃんもとてもいい笑顔になっていました。

紙すき体験や散策が終わって、みんな満足感あふれる笑顔でした
「トロロアオイの花はてんぷらにして食べると美味しんだよ!」
食べてみたい!と食べてみるこどもたち
みんな真剣にアンケートを書き込んでいました
最後にはみんなで記念写真

実際に体験し、塚原さんにお話を伺って、1枚の和紙を作るためにものすごく手間と時間をかけていることがわかりました。

原材料となる「こうぞ」や「トロロアオイ」を自ら育てるところから始まり、和紙を作りあげる塚原さんの姿に感動です。

この体験をするまで、和紙を1枚作るまでの苦労も知らなければ、宮城で和紙を作っている職人さんがいることすら知りませんでした。

毎日使う紙を和紙にすることはなかなか難しいかもしれませんが、大事な手紙を書いたり、贈り物をするときなどは積極的に本物の職人さんの和紙をつかっていきたいな…と思いました。

潮紙について

潮紙さんの最新の情報は公式facebookページでチェックできます。

今日はベニバナ染め梅雨明け前の涼しい時にやりたかったものの、コウゾの染めに時間がかかりました〜〜

手すき和紙工房潮紙さんの投稿 2019年8月3日土曜日

ワークショップも1000円~体験可能とのことですので、気になった方はぜひ一度本物の紙すき体験をしてみて下さい。

工房内に展示されている商品を購入することも可能
川崎町の紅花で色づけしたとってもきれいなピンク色の紅花染のしおりも。私もお土産に購入

後半は完成した和紙でブックカバー作り(後日)

https://www.instagram.com/p/B38lSxXltFC/?utm_source=ig_web_copy_link

今回作成した和紙は、乾燥させて2枚の紙が1枚になって、丈夫な和紙が完成となります。

後日開催されるワークショップでは、グラフィックデザイナーの根朋子さんと、この和紙を使って、自分でデザインしたブックカバーを作成します。

開催しました!体験記事はこちら↓

今回のワークショップを主催されている「とうほくこうげいことはじめ」さんの最新の情報は、インスタや公式ページからチェックできます。

とうほくこうげいことはじめ 公式ページ

(体験者:クラッチ編集部 石部敦子)

■こちらの記事もオススメです!

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
クラッチ編集部です。…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
自動車保険を節約!なんと平均3万も安くなる!PR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。