CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

北東北(青森・岩手・秋田)のキャンピング場10選!キャンピングカーもOK

北東北(青森・岩手・秋田)のキャンピング場10選!キャンピングカーもOK

北東北の青森、岩手、秋田の3県にあるキャンピングカーで泊まることができるキャンプ場を10選してみました。北東北3県のご当地グルメや観光スポットについてもリサーチしていますので、観光をしながらキャンプも一緒に楽しんでみましょう!

ケンケン

■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRspo…

  • 1
  • 50
  • 最終更新日:2019-11-7 / 投稿日:2019-11-23

北東北の魅力や観光スポット

東北の北にある3県、青森県、岩手県、秋田県にはそれぞれの特徴あるご当地グルメや観光スポットがあります。

キャンピングカーでキャンプに行くのであれば、せっかくなので旅行気分を満喫するためにも美味しいものを食べて、綺麗な景色を見に行ったりしてみましょう。

北東北の魅力を紹介しながらも、有名な食べ物や定番の観光スポットまで、それぞれの県ごとにご紹介していきます。

青森県のご当地グルメと観光スポットは?

大間の本マグロ

https://www.instagram.com/p/B2UCFSlgkJM/?utm_source=ig_web_copy_link

本州最北端に位置するのが青森県ですが、寒い地方というだけでなく、海や川、山など自然豊かな県として美味しい御飯もたくさんあります。

やはり、海の幸を堪能することができる県なのでご当地グルメとして出てくるのは海鮮系があります。

大間の本マグロといえば全国的にも有名なのではないでしょうか?

黒いダイヤとも呼ばれているクロマグロが水揚げされる大間町では、美味しいマグロ料理を食べることができます。

青森の郷土料理「八戸せんべい汁」

お肉や魚、そして山で取れるキノコや野菜で出汁をとり、小麦粉で作られた南部センベイを割って入れてあるのがせんべい汁です。

青森を代表するご当地グルメでもありますので、1度は食べてみたい料理になります。

幻想的な景色を堪能できる「奥入瀬渓流」

キャンプ場も程近い場所にある十和田市にある「十和田湖」の渓流である奥入瀬渓流は、深い森林の中に躍動感のある渓流を見ることができます。

四季によって見える姿は違いますが、清廉な空気と水、綺麗な緑の木々に囲まれて、日常から離れてリフレッシュすることができるのではないでしょうか。

千本鳥居の「高山稲荷神社」

綺麗な赤い鳥居が立ち並ぶ千本鳥居を見ることができる高山稲荷神社は、五穀豊穣、海上安全、商売繁盛の神様としてあります。

地元の人だけでなく、遠方からも人が訪れて参拝をしているパワースポットとしても知られています。

岩手県のご当地グルメや観光スポットは?

盛岡のじゃじゃ麺

岩手県では麺類が有名となっておりますが、その中でもじゃじゃ麺は特に有名です。

平手打ち麺にそれぞれのお店で出されている秘伝の肉味噌を乗せ、お酢やラー油など好みのトッピングによって食べることができます。

肉味噌が麺に絡んでとても美味しいので、箸が止まらなくなってしまいます。

一度は挑戦してみたい「わんこ蕎麦」

View this post on Instagram

#アーカイブ #岩手 #わんこ蕎麦

A post shared by Kakeru Fukumitsu (@kake__piyo) on

よく大食いバトルなどで使われることがある「わんこ蕎麦」ですが、発祥は岩手県になります。

ゆっくりと食べて堪能するのでもいいですし、何杯食べることができるのか挑戦してみるのも面白いかもしれませんね。

宮沢賢治のふるさとにある「花巻温泉」

台温泉から引湯して開かれた温泉で、温泉街となっているようです。

宮沢賢治の故郷ということで、宮沢賢治にちなんだ観光スポットを同時に回ることができたり、バラや桜並木、赤松林を見ることができます。

平安の歴史感じる「歴史公園えさし藤原の郷」

東北を中心に勢力を持っていた、奥州藤原氏の歴史や当時の文化を体験しながら学ぶことができるテーマーパークです。

時代劇や歴史が好きな人にとっては是非行って見たい場所になるのではないでしょうか。

秋田県のご当地グルメや観光スポットは?

秋田の名物といえば「きりたんぽ」

秋田のご当地グルメは?と聞かれると、ほとんどの人が答えるであろう「きりたんぽ」ですが、秋田県では鍋にして食べることが多いようです。

じっくりと囲炉裏で焼いたきりたんぽを食べたり、セリやマイタケなどと一緒に入った鍋と食べるのも美味しいでしょうね!

日本3大うどんの一つ「稲庭うどん」

秋田のご当地グルメで外せないのが、「稲庭うどん」です。

日本3大うどんとも呼ばれており、つるっとした喉越しと滑らかな触感を堪能することができます。

温かいうどんもいいのですが、冷たいうどんで食べるのもいいようです。

ストーンサークルを見るなら「大湯環状列石」

秋田県は、日本の中でもっとも多くのストーンサークルが見つかっている県であり、その中でも有名かつ代表的なのが「大湯環状列石」です。

約4000年前に作られたとされているストーンサークルで、歴史を感じながらも地球の神秘をも感じることができるでしょう。

デートやハイキングにも最適な「抱返り渓谷」

抱返り神社から続いている夏瀬ダムまでの約7キロの道のりは、紅葉を楽しんだりすることができる場所として人気です。

渓谷の美しい自然の色合いを見ながら、ハイキングやデードで歩いてみても楽しいのではないでしょうか。

北東北(青森・岩手・秋田)のキャンピング場10選!

1.十和田市営宇樽部キャンプ場(青森)

広大な十和田湖のほとりにあるキャンプ場です。

御倉半島を見ながらキャンプをすることができたり、天気がよければ八甲田が見えることもあるようです。

十和田市営宇樽部キャンプ場

予約について

予約は必須となっています。

インターネットまたは電話から予約申し込みをすることができます。

料金

  • 入場料:300円
  • 駐車料(普通車):510円
  • 駐車料(大型):1,020円
  • オートキャンプサイト:1,540円

住所・地図

青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔宇樽部

駐車場情報

オートキャンプ場へは車の乗り込み可能です。

その他の施設では、施設近くの駐車場をご利用ください。

キャンプ場周辺施設

十和田湖を望みながら参拝することができる十和田神社が近くにあります。

2.三沢市小川原湖畔キャンプ場(青森)

https://www.instagram.com/p/Bwy1WDKA5Gp/?utm_source=ig_web_copy_link

小川原の湖畔にあるキャンプ場で、広い敷地にはキャンピングカーだけでなく、バイクの人も泊まることのできる場所もあります。

コテージもあるので、キャンプ気分を楽しみながらも快適に過ごすこともできます。

三沢市小川原湖畔キャンプ場

予約について

予約が必須となります。

ご利用の2ヶ月前から予約することが可能で、電話での受付になっています。

料金

  • キャラバンサイト:3,600円
  • テントサイト(電源つき):2,600円
  • テントサイト(電源なし):2,200円

住所・地図

青森県三沢市大字三沢淋代平116-2949

駐車場情報

オートキャンプ場では、1区画につき1台の利用が可能です。

キャンプ場周辺施設

三沢市の主要部から程近いところにあるキャンプ場なので、少し走ればスーパーやコンビニもあり、立地条件としては申し分ありません。

3.白神オートキャンプ場(青森)

青森にある白神の山の自然を楽しみながら、川のせせらぎを聞いたり、鳥のさえずりを聞くことができます。

雄大な自然に触れて、非日常へと飛び出すことができそうです。

白神オートキャンプ場

予約について

予約は必須となっています。

電話での予約を受け付けています。

料金

  • 1区画あたり:1,500円~

住所・地図

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字一ツ森町字吉川30-1

駐車場情報

キャンプ場へとそのまま乗り入れが可能です。

キャンプ場周辺施設

近くには「熊の湯温泉」がありますので、キャンプで疲れた体を癒したりすることもできます。

4.焼走りオートキャンプ場・キャビン村(岩手)

https://www.instagram.com/p/BaBsInyHD-Q/?utm_source=ig_web_copy_link

岩手の国際交流村の中にあるオートキャンプ場です。

自然を満喫しながらも施設の設備が充実しているので、快適にキャンプを楽しむことができます。

焼走りオートキャンプ場・キャビン村

予約について

予約が必須になります。

公式サイトより専用の予約フォームがありますので、そちらから予約をしてください。

料金

  • 入場料:大人300円、小学生200円
  • 1区画利用料金:3,600円~

住所・地図

岩手県八幡平市平笠第24地割728

駐車場情報

オートキャンプ場のみ車での乗り入れが可能になっています。

キャンプ場周辺施設

標高の高い場所にあるため、近くには天文台があったりと、夜に星を観察することができます。

また、宮沢賢治の記念碑があるので、観光に行ってみてもいいでしょう。

5.安比オートキャンプパーク(岩手)

https://www.instagram.com/p/B2JIeRqBjxl/?utm_source=ig_web_copy_link

安比高原の緑豊かな場所にあるオートキャンプ場です。

大自然を満喫しながらも、家族や友達とバーベキューを楽しむことができそうです。

夜には都会では見ることができない満点の星空を見上げてみましょう。

安比オートキャンプパーク

予約について

予約が必須になります。

公式サイトの予約専用フォームから申し込みをすることができます。

料金

  • パワーデッキサイト:7,000円
  • ドッグサイト:9,500円

住所・地図

岩手県八幡平市安比高原

駐車場情報

オートキャンプ場へは車をそのまま乗り入れることができます。

キャンプ場周辺施設

安比高原周辺には、ホテルなどもありますし、近くにはローソンもありますので、食材を買い忘れていたとしても対応することができます。

6.八幡平コモンガーデン(岩手)

https://www.instagram.com/p/Bn5lL9_lOwN/?utm_source=ig_web_copy_link

川と山の自然の景観を楽しみながらも、キャンプをすることができます。

パノラマ展望台があるので、360度の自然を見ることができます。

八幡平コモンガーデン

予約について

予約が必須になります。

インターネットで予約することができます。

料金

  • サイト利用料:2,000円

住所・地図

岩手県八幡平市松尾寄木第1地割474-6

駐車場情報

サイト付近まで車を乗り入れることができます。

キャンプ場周辺施設

近くには温泉がいっぱいあり、展望台から美術館まで観光する場所がたくさんあります。

7.中滝ふるさと学舎(秋田)

みんな誰しもが幼いときに通った学校を使って、温かみのあるキャンプをすることができます。

木造校舎に囲まれて木漏れ日の中で、日常の騒がしさから開放されましょう。

中滝ふるさと学舎

予約について

予約が必須になります。

公式サイトから専用の予約フォームより申し込みください。

料金

  • 校庭オートサイト:2,000円

住所・地図

秋田県鹿角市十和田大湯白沢45-1

駐車場情報

木造校舎の前にある校庭をオートキャンプ場として利用することができます。

キャンプ場周辺施設

十和田湖から離れた場所にありますが、周辺には中滝があり、涼をとることができます。

8.なまはげオートキャンプ場(秋田)

秋田の名物である「なまはげ」の名前を使ったキャンプ場です。

大自然の中にあるキャンプ場なので、ゆったりとした時間を過ごすことができ、場内にはサニタリー棟もあるので、快適に過ごすことができます。

なまはげオートキャンプ場

予約について

予約が必要ですが、予約なしでの利用の場合当日の16:00までの受付になります。

予約はお電話にての対応になります。

料金

  • 入場料:一般400円、小・中学生200円
  • キャンピングカーサイト:6,200円

住所・地図

秋田県男鹿市北浦北浦平岱山地内

駐車場情報

キャンプサイトが他にもありますが、オートキャンプ場のみ乗り入れ可能となっています。

キャンプ場周辺施設

近くに「温浴ランドおが」がありますので、入浴をすることができます。

ただし、近くにはお店がありませんので買い忘れがないようにしておきましょう。

9.後生掛(大沼)キャンプ場(秋田)

View this post on Instagram

まだまだ知らない東北がたくさんあるね

A post shared by 知世 (@____matilda_____) on

八幡平国立公園の山にあるキャンプ場で、温泉とブナの原生林に囲まれています。

後生掛(大沼)キャンプ場

予約について

予約が必須です。

電話での予約かインターネット予約での受付になります。

料金

  • キャラバンサイト(電源あり):2,500円
  • キャラバンサイト(電源なし):2,000円

住所・地図

秋田県鹿角市八幡平字大沼1番地

駐車場情報

キャラバンサイトに乗り入れ可能です。

また車中泊専用の場所もあり、施設使用料と駐車料金を支払えば使用可能です。

キャンプ場周辺施設

八幡平高原の温泉施設や泥火山を見ることができます。

10.妖精の森キャンプ場(秋田)

https://www.instagram.com/p/BlNHsehhJDh/?utm_source=ig_web_copy_link

森吉山の中腹に位置するキャンプ場で、世界遺産の「白神山地」を見ることができる絶好の場所です。

アスレチックもあり、子供が一緒でも楽しめる施設が充実しています。

妖精の森キャンプ場

予約について

予約が必須になります。

電話での予約かインターネットからの予約ができます。

料金

  • 妖精の森キャンプ場:大人800円、小人400円

住所・地図

秋田県北秋田市森吉高原

駐車場情報

妖精の森キャンプ場へは車の乗り入れが可能です。

キャンプ場周辺施設

山の中にあるキャンプ場のため、近くに施設はありません。

自然をたっぷりと感じて、白神山地を堪能しましょう。

北東北3県へキャンピングカーに乗ってキャンプに行こう!

キャンピングカーを乗り入れすることができるキャンプ場が続々と増えてきています。

北東北では、観光スポットからご当地グルメまで多種多様な場所に行くことができますので、キャンピングカーで旅行をしてみましょう。

キャンプを楽しみながらも、東北をしっかりと堪能して、楽しみましょう。

こちらの記事もおすすめです

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
ケンケン
■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRsportsGRの5MTに乗ってます。 ■車に対する思い:父親の影響から物心ついた頃より車が好きで、そのまま大人になってしまいました。車を走らせるだけでなく、美しく保つことやメンテナンスも全て自分で行っています。 …

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
自動車保険を節約!なんと平均3万も安くなる!PR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。