CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

車載用インバーター10選!車で家電製品が使えれば車中泊や災害の備えとしても安心!!

車載用インバーター10選!車で家電製品が使えれば車中泊や災害の備えとしても安心!!

車に電源のコンセントがあることによって、家庭でしか使用できなかった家電製品を使用することができます。スマホの充電やノートパソコンを使ったり、車の中で電気ケトルを使ってお湯を沸かすこともできます。 車の電気を家電をつないで使えるようにする「インバーター」とは?また、どんな車載用インバーターを選べば良いのか、選ぶ4つのポイントを挙げて紹介していきます。

ケンケン

■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRspo…

  • 1
  • 482
  • 最終更新日:2019-8-1 / 投稿日:2019-8-4
ケンケン

■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRsportsGRの5MTに乗ってます。 ■車に対する思…

キャンプや車中泊などアウトドアブームが長年続いている傾向もあり、車載用インバーターも注目されています。そのため種類も豊富で高性能な商品もあるので、私が使った経験も生かしておすすめ商品を紹介します!

車で家電を使うために必要なアイテムとは?

みなさんは車で家電製品を使う機会はありますか?

近年、アウトドアや車中泊を楽しむ方が多く、車内にコンセントがついた車が増えたように感じます。

車にコンセントがついていない場合には、インバーターを使うと、車の電気を利用してお湯を沸かしたりドライヤーなど家電を使うことができます。

インバーターってどんなもの?

電気の流れの種類の、直流を交流に変換する装置を学術的に「インバーター」(逆変換器)と言います。

「コンバーター回路」「コンデンサー」「インバーター回路」を合わせた装置そのものを日本ではインバーター呼んでいます。

参考:ヘイシン モーノポンプ/インバーターの基礎知識

車でインバーターを使うと何ができる?

車は普通車や軽自動車ではバッテリーの電圧が12Vの直流で、トラックならば24Vの直流が使われています。

車の電気はこのように「直流の12Vや24V」が使用されているので、家庭用コンセントを使うためには「100Vの交流」に変換しないといけません

インバーターは、車の直流電流を交流電流へと変換して、家庭で使うコンセントと同じように家電製品を使えるようにしてくれる装置です。

そもそも直流と交流の違いって何?

小学生のころに理科の実験で体験したことがある人もいるかも知れませんが、乾電池に豆電球を繋げて点灯させる方法が直流です。

直流は、プラスからマイナスへという決まっている一方通行にしか電気が流れません。

交流は、プラスとマイナスが交互に変化している状態なので、コンセントの向きを変えても問題なく使うことができます。

家電機器を使うには交流電気の正弦波!?

交流はプラスとマイナスが交互に変化しているわけですが、その入れ替わりが滑らかになっているのか、一気に変わるのかで電気の波形が変わります。

波形には、正弦波と矩形波の2種類があります。

  • 正弦波:滑らかな波形で入れ替わる
  • 矩形波:一気に入れ替わる波形

矩形波は、安く作ることができることから安価なインバーターに採用されているようですが、その性質上家電機器によっては作動しないものもあります。

波形が一気にプラスからマイナスへと切り替わることで、正弦波でしか作動しないように作られている電子レンジなどの精密機器になると、作動しなくなります。

正弦波は、家庭用の交流電気と同じため家庭用の機器が正常に作動してくれますが、値段が少し高くなってしまいます。

参考: DC/ACインバータご購入時基礎知識・注意事項|遠藤科学NetShop

車で家電製品が使えれば災害時に便利!

インバーターを使うことで、車で家電製品が使えて、車内でもノートPCの電源を確保することができますし、家庭で使っているドライヤーなども使用することができます。

家庭で何気なく使っている電気をインバーターによって車の中で使えれば、もし災害などで停電になったとしても電源の確保ができますね。

近年、日本各地で大雨や地震などの災害によって、家に電気が来ないという事態も発生しています。

災害対策として、いつ何が起こるかわからないからこそ備えておけば、いざという時に便利ですよ!

車載用インバーターを選ぶ4つのポイント!

インバーターの商品を選ぶ時にチェックすべき数字は「定格出力」と「最大出力」との2つがあります。

  • 定格出力:数時間単位で出せる電力
  • 最大出力:数秒単位で出せる電力

定格出力は連続して使うときの電力数値で、最大出力は起動させるときに必要な電力数値と思っておけばいいようです。

ポイント①消費電力に合わせて定格出力の大きさを選ぶ

ドライヤーや電子レンジなどに記載されている、消費電力の数値を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

消費電力は連続して使用するときに必要となる電力なので、インバーターの定格出力の数値を見て選ぶようにしましょう。

車の中でどんな家電製品を使用するのかによって、インバーターの選び方が変わってきます。

車の中で使いたい製品を決めてから、インバーターを選んでみましょう。

スマホなどの充電なら150Wあれば十分

出先でスマホの充電が切れてしまわないように、車の中でも充電できるようにしておきたいですよね!

インバーターがあれば家と同じ方法で、スマホの充電をすることができます。

スマホ1台の充電に必要な電力は充電器の種類によっても違いますが、iphoneで5Vの1~2.1Aで充電をしていきます。

  • 消費電力(W)=電圧(V)×電流(A)

上記の式で消費電力がわかりますので、スマホの充電では5W~10.5Wの電力を必要とします。

スマホを2,3台同時に充電したとしても50Wもいきませんので、150Wの定格出力があれば十分ということになります。

パソコンを使用するなら300Wは欲しい!

パソコンを使用するとなると、スマホの充電よりもさらに大きな電気が必要となってきます。

ノートパソコンの消費電力はおおよそ50W~100W程度なので、余裕を持って300Wの定格出力のインバーターを選ぶことをおすすめします。

家電製品を使うと想定するなら2000W以上あると良い

車中泊やアウトドア・キャンプ多く使用されるのが電気ケトルです。

この電気ケトルの消費電力はおおよそ900W~1400Wです。

家電を使う場合は、2000W以上の定格出力のインバーターを選ぶと良いでしょう。

ただし、2000W以上を使用できるインバーターになると、車のバッテリーと直接接続する必要があるので難易度が上がります。

ポイント②急な電力遮断を避けるためにも最大出力に余裕ある製品を選ぶ

電化製品には、消費電力の他に「起動電力」という項目があります。

これは機器を使用するときに必要な電力のことです。

電子レンジであれば、消費電力は1000W程度ですが起動電力は1800Wとなっていたりする商品もあります。

インバーターの最大出力よりも起動電力が上回ってしまうと、ブレーカーが落ちた状態になってしまいますので、インバーターの最大出力に余裕のあるものが良いです。

家電を複数使用する際の注意点

いくつかの家電を同時に使うような場合は、それらの合計起動電力よりも大きな最大出力にしておく必要があります。

例えば、パソコンの消費電力と起動電力が200Wとして、電子レンジを使用するとします。

電子レンジの消費電力は1000Wで、起動電力は1800Wとします。

起動電力は合計で2000Wになりますので、最大出力が2000W以上のインバーターにしておかないと電力が遮断されてしまいます。

複数使う場合は、使う機器の合計の起動電力を計算してインバーターを選びましょう。

ポイント③使う機器は何種類?コンセントの数も重要

車の中でスマホを充電するとしても、乗っている人数分のコンセントがなければ順番待ちをしないといけなくなってしまいます。

4人家族で、全員のスマホを充電しようとするならコンセントが4つあった方が使いやすいですよね!

車内でコンセントを使う機器がいくつあるかによって、コンセントの数が決まります。

使う機器の数に合わせて、インバーターを選んでみましょう。

ポイント④設置スペースはどれくらい?サイズで選ぶ

インバーターの大きさも様々あり、コンソールボックスやグローブボックス内に収まるサイズもあれば、フロアに置くしかないくらい大きなサイズもあります。

車のどこに設置するのかによって、インバーターのサイズを選びましょう。

ただし、インバーターのサイズが小さければ出力も小さい物になってしまいますので、使う機器と収納スペースのどちらを優先するのか悩ましいところになります。

おすすめの車載用インバーター10選!

  • 0

車の中で電気ケトルでお湯を沸かせる!2500Wの定格出力を誇るインバーター

車の中で、家庭用電化製品が使用できるように、定格出力2500W、最大出力5000Wの大容量のインバーターなので、電子レンジや電気ケトルも余裕で使うことができるでしょう。

家電製品を使うことを想定しているからこそ、交流電気を正弦波として出力してあります。

また、複数の機械を同時に使用できるように、コンセントが4つも付いているので、レジャーや停電時でも不満なく使うことができるでしょう。
2500W
  • 0

リモコン操作ができる!多機能ディスプレイ付きインバーター

出力を家庭用コンセントと同じ純正弦波にすることによって、冷蔵庫などにも問題なく使用することができます。

多機能ディスプレイでは、バッテリー電圧や温度、出力電圧から波形ディスプレイなどを表示することができるので、インバーターの状態を見ることができます。

離れた場所でもインバーターの操作ができるように、リモコンを使用して操作ができるようになっています。
2500W
  • 0

セーフティ機能で安心!正弦波インバーター

起動電力や消費電力の大きな家電製品を使用することができるように、定格出力1500W、最大出力3000Wまで対応しています。

出力の交流電気は、正弦波となっているので、精密機器などにも幅広く対応することができるようになっています。

6つのセーフティによって、インバーターへの過電圧や回路短絡を防いだり、使用機器への逆流などをシャットダウンしてくれます。
1500W
  • 0

バッテリーに直接繋ぐ!家電製品を動かすならこれ!

家電製品のように、電力を多く使うのものを使うのであれば、定格出力1200W、最大出力2400Wのインバーターがおすすめになります。

バッテリーに直接繋ぐことによって、大きな電力をまかなうことができるようになっていますので、電気ケトルなどを使用することができます。

正弦波インバーターということで、家庭と同じ交流電気になり、家電製品を正常に動かすことができますし、電圧の保護回路も付いているので、万が一の時は自動で電源を落とします。
1200W
  • 0

災害時に大活躍!バッテリーから直接電源が取れるインバーター

バッテリー単体から電気を変換してコンセントが使えるようになっているので、災害時でも電気の確保をすることができます。

300Wの定格出力があり、ノートPCなどの機器の充電や稼動をさせることができるうえ、6つの保護機能によって接続している機器を保護してくれます。

出力オーバー保護、出力ショート保護、異常温度保護、入力電圧低下保護、入力過電圧保護、入力ショート保護の6つの保護機能が備わっています。
300W
  • 0
マックスウィン(Maxwin)

100Vパワーインバーター 車載充電器

¥4,980

6つの給電箇所が使える!車内と車外で使い分けられる接続方法!

車内で使うのであればシガーソケットに接続して、車外で使う場合はバッテリーに接続して使用することができます。

2つのコンセントと、2つのUSBポート、2つのシガーソケット差込口があるので、計6箇所から給電をすることができるので、電気利用をカバーできます。

使用するときと使用しないときで、電気の節約ができるようにするために、インバーター本体に電源スイッチが付いているので、使用しない時には電源をシャットダウンできます。
300W
  • 0

赤いアルミニウム合金製のボディがインテリアに映える!

コンパクトで軽量になっていながらも、定格出力300Wの容量によって、スマホの充電からノートPCの使用まで、幅広く対応できます。

ボディは放熱性の良いアルミニウム合金を使用しており、見た目がインテリアに映えるように赤になっています。

コンセントが2つとUSBポートが2つの計4つの場所から、電源の供給が可能になっているので、充電や機器の使用に困らないでしょう。
300W
  • 0

スマホの充電に最適!USBポートが4つも付いたインバーター

起動電力が大きなものは使用できませんが、スマホの充電などであれば十分な容量であり、コンパクトサイズで置く場所にも困りません。

スマホを多くの台数が充電できるようにUSBポートを4つ備え付けてあるので、家族みんなが充電しようとしたときでも問題なく使えるうえ、コンセントが2つあるので使い勝手の幅が広がります。

矩形波を修正して正弦波にしているので、家庭用コンセントに近い波形にしてあります。
200W
  • 0

ドリンクホルダーに置くだけで設置!スタイリッシュなカップ型のインバーター

カップ型にすることによって、車のドリンクホルダーにそのまま設置できるので、置き場所に困らないだけでなく、見た目をスタイリッシュにすることができます。

コンセントやUSBを使っているときは使用電圧や電流を表示して、何も使っていないときにはバッテリー電圧を表示するディスプレイが付いています。

咄嗟に取り出しやすくできるように、カード収納も付いている画期的なインバーターと言えるでしょう。
150W
  • 0
大橋産業 (BAL)

カーコンセント DC12V車専用

¥2,000

馴染みのあるデザイン!家庭用コンセントのようなインバーター

車の中では、スマホの充電やデジカメなどのバッテリーの充電にしかコンセントを使わないという人向けの、インバーターになります。

馴染みのあるシンプルなデザインは、家庭用の延長コードを彷彿とさせてくれるので、パッと見でコンセントと分かる一品です。

車内でもホコリが舞っていたりするので、インバーターを使用しないときには、USBポートとコンセント部分に防塵カバーが付けれらるようになっています。
30W

車載用インバーター比較一覧表

商品画像
商品名 正弦波インバーター 12V インバーター 正弦波 2500W SK1500-112 SDKJ-P12-1200 MRI3010BU-BK 100Vパワーインバーター 車載充電器 300W シガーソケット 200Wカーインバーター 150W パワーインバーター カーコンセント DC12V車専用
メーカー Yinleader Edecoa denryo SUDOKEJI ベステック(Bestek) マックスウィン(Maxwin) YESTON LeicesterCN ZXHT 大橋産業 (BAL)
価格 ¥32,998 ¥31,680 ¥55,000 ¥17,988 ¥2,880 ¥4,980 ¥2,800 ¥2,485 ¥2,450 ¥2,000
特徴 電子レンジでも余裕で使うことができる定格出力2500W
家庭用電化製品を問題なく使用できる正弦波の交流電気
コンセントが4つも付いているので複数機器が利用できる
冷蔵庫にも問題なく使用できる純正弦波
ディスプレイにはインバーターの詳細な情報が表示可能
リモコンによってインバーターの操作ができる
消費電力の大きい製品にも使用可能
正弦波を出力することで精密機械にも使える
6つのセーフティ機能が付いているから安心
液晶モニターによって発生電圧や負荷を確認することができる
3つのコンセントと1つUSBポートがついている
正弦波の交流で家電製品を無理なく動かせる
ノートPCの電源として使える300Wの出力
6つの保護機能で使用機器を保護する
安心の1年間の製品保証付き
シガーソケットもバッテリーもどちらに繋いでも使用できる
6箇所の給電によってカバーする
使用時と非使用時で電源が落とせるスイッチ付き
コンパクトサイズで置き場所を選べる
アルミニウム合金製の赤のボディがインテリアに映える
スマホの充電からノートPCの使用まで行える300W
2つのコンセントと4つのUSBポートがついている
矩形波を修正して正弦波としている
バッテリー電圧や電流値をディスプレイで管理できる
ドリンクホルダーに設置できるようにカップ型になっている
バッテリー電圧をディスプレイに表示してくれる
カードの収納も備えられている
家庭で使うようなコンセントのデザイン
車でスマホやデジカメの充電のみという人向け
USBコンセントに防塵カバー付き
サイズ 350×180×140mm 400×150×125mm 413×191×88mm 320×160×100mm 120×78×46mm 135×103×154mm 140×88×67mm 150×78mm 114×70×70mm 43×24×93mm
定格出力 2500W 2500W 1500W 1200W 300W 300W 300W 200W 150W 30W
最大出力 5000W 5000W 3000W 2400W 350W 400W 300W 200W 150W 40W
詳細

車に1つインバーターがあれば万が一の備えにも!

車内で電子レンジや電気ケトルを使うことができれば、お湯を作ってカップラーメンを食べることもできますし、お弁当を温めることもできます。

車の中で使えないと思われていた家電製品が使えるようになることで、より快適に過ごすことができますね!

温かいご飯を食べることもできるので、車中泊やキャンプをする人は重宝するアイテムになるでしょう。

車載用インバーターを使って、快適な車内空間を作ってみませんか?

■こちらの記事もオススメです!

  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
  • 夏の車メンテナンス特集!
この記事を書いたユーザー
ケンケン
■免許取得歴:10年 ■今乗っている車種:新車で購入したTOYOTAのVitsGRsportsGRの5MTに乗ってます。 ■車に対する思い:父親の影響から物心ついた頃より車が好きで、そのまま大人になってしまいました。車を走らせるだけでなく、美しく保つことやメンテナンスも全て自分で行っています。 …

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
自動車保険を節約!なんと平均3万も安くなる!PR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。