CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

女性1人でも簡単にできるタイヤチェーンの巻き方解説!動画やおすすめチェーン紹介も

女性1人でも簡単にできるタイヤチェーンの巻き方解説!動画やおすすめチェーン紹介も

冬の準備といえばタイヤチェーンですね。近年都心部でも大雪に見舞われることが多くなってきました。雪が毎年降る地域でなくても、雪道を走行できるよう準備をしておく必要があります。そこで今回はタイヤチェーンの装着方法についてご紹介します。実際にやってみると非常に簡単で、女性でも行なうことが出来ます。急な積雪に備えて、タイヤチェーンの装着方法は覚えておきましょう。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 1

  • 44

  • 投稿日:2017-12-8

タイヤチェーンの装着方法

1.タイヤチェーンはどこにつける?

まずタイヤチェーンを取り付ける前に、確認しておかなければならないことは、「前のタイヤか後ろのタイヤどちらに取り付けるのか」です。

○ FF(フロントエンジン・フロントドライブ)

FF車の場合、駆動するタイヤは前輪ですので、こちらにチェーンを装着します。

○ FR(フロントエンジン・リアドライブ)

FR車の場合、駆動するタイヤは後輪ですので、こちらにチェーンを装着します。

○ 4WD

4WD車の場合は、重量配分によって装着するタイヤが異なってきますので、取扱説明書に記載されていますのでそちらを確認した方が確実です。

 

所有している車がFFなのかFRなのかわからない場合は、車を止めた状態でハンドルを回してみましょう。

ハンドルを回して動いたタイヤが駆動輪です。

これは、『自分の車種+駆動輪』などで検索すればどちらのタイプなのか確認できますから、タイヤチェーンの装着前に確認しておいてください。

2.チェーンの向きを確認する

S字フックが付いている方がタイヤの外側になるようにセットします。

この向きを間違えてしまうと、タイヤがパンクしてしまう可能性があります。

3.タイヤに巻きつける

向きを確認したらタイヤに巻きつけていきます。

巻きつける際は、タイヤの向きを外側にすると作業しやすいです。

例えば、右側のタイヤに装着する際は、ハンドルを右へ切り、タイヤを外側に向けます。

タイヤハウスに隙間ができるので作業しやすくなりますよ。

4.内側ゴムやスプリングで引っ張る

タイヤチェーンがたるまないように、ゴムやスプリングで引っ張ります。

緩みがなく、均一にチェーンが装着できていれば取り付け完了です。

タイヤに張り付くように装着できず、緩みやたるみがあれば、正確に取り付けができていないことになります。

タイヤのサイズに合っていなかったり、取り付け向きが逆だったりしている可能性があります。

走行中に外れてしまわないように、しっかり取り付けましょう。

動画で確認しよう

JAFで、女性が実際にチェーンをタイヤに取り付ける方法を紹介しています。

チェーンを履かせるのは重労働で男性がやるもの…というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、女性でも問題なく行なうことが出来ます。

急な雪でチェーンを履かなければいけないけど、女性しかいない!という時でも、方法さえわかれば簡単です!

 

女性でも楽に取り付けらるれタイヤチェーン

タイヤチェーンは物によっては重いものもあります。

そこで私がオススメするタイヤチェーンは『非金属のタイヤチェーン』です。

SOFT99 ( ソフト99 ) タイヤチェーン KK-50 救急隊ネット 非金属チェーン SOF-KK-50

金属のチェーンではないため、持ち運びしやすく取り付けが非常に簡単ですよ。

車を動かすことなく、チェーンをタイヤにかけることができるので、女性でも楽に行えます。

3つのフックを順番にかけていくだけで、あっという間に取り付けができます。

最後にゴムチューブを内側に装着して、取り付け完了です。

 

タイヤチェーンのメリット・デメリットは?

□ メリット

  1. 価格が安い
  2. 保管場所を選ばない
  3. スタッドレスタイヤに比べて、走行パワーがある

 

一番のメリットは価格が安いことです。

スタッドレスタイヤは、タイヤ4本購入しなければならず、タイヤチェーンに比べると価格が高くなります。

また、スタッドレスタイヤは意外と場所をとりますし、適切な保管をしなければタイヤの寿命が短くなっていしまいます。

さらに、タイヤチェーンの方が雪道にしっかりと食い込むため、走行パワーがあります。

□ デメリット

  1. 乾いた路面を走行できない
  2. 乗り心地が悪い

 

雪が溶けて路面が乾いてくると、タイヤチェーンの性能は落ちます。

そのまま走行し続ければ、チェーンが切れてしまう可能性もありますので、路面状況をよく確認して走行する必要が出てきますね。

チェーンをつけて走行するとガタガタするため、非常に乗り心地が悪くなるのもデメリットのひとつです。

 

タイヤチェーンを準備して車も冬支度を!

よく雪が積もる地域では、冬に向けてタイヤチェーンの準備は必須でしょう。

少しの油断が大きな事故につながってしまいますから、備えはしっかり行なってください。

最近では、簡単に取り付けられるタイヤチェーンが売れられています。

走行環境や使用回数に合わせて、車にあったチェーンを装着してくださいね。

 

■こちらの記事もオススメです!

もうアイスバーンや雪道の運転も怖くない!アイスバーンの注意点や運転のコツを知ろう♪

融雪剤を放置すると車が錆びて大ダメージ!下回りの洗浄・洗車の方法も紹介

大ピンチ!雪にはまって動けなくなった!シーン別脱出方法・グッズを紹介

いざというときのために。覚えておきたい雪道の種類と対策

雪が降る前の日までにやっておきべき5つのこと~雪に慣れていない人のために~

 

  • 冬のカーライフ特集! 寒さ対策どうする?雪道の運転のコツは?
  • 冬のメンテナンス&タイヤ特集~冬に向けて車も衣替え!スタッドレスタイヤにはいつ履き替える?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。