CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

最新のクルマの盗難手法「リレーアタック」とは?今すぐスマートキーの盗難対策をしよう!

最新のクルマの盗難手法「リレーアタック」とは?今すぐスマートキーの盗難対策をしよう!

リレーアタック盗難を知っていますか?リレーアタックとは、車の盗難に使われる手口を言います。車を傷つけることなく、素早く盗んでいくのが特徴です。 犯行の痕跡が残らないため、犯人の特定が非常に困難です。また、メーカー側がリレーアタックに対して対策を行いきれていないことが多く、被害に遭うと大変厄介です。少ない対策の中で、自分でできる盗難防止方法なども紹介していきます。可能な限り自分で自分の車を守りましょう。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 35
  • 1,029
  • 最終更新日:2018-5-17 / 投稿日:2018-1-6

リレーアタックって何?

リレーアタックとは、スマートキーを装備している車両に対して行われる新たな盗難手口です。

これまでの盗難は鍵穴に直接工具を差し込む方法や、専用の工具を使いドアロックを直接解除する方法などが行われてきましたが、リレーアタックという手口によって、最新の盗難防止システムを装備していても盗まれてしまう可能性が出てきてしまいました。

スマートキーはキーを差し込まなくてもボタンを押すだけでエンジンをかけることができるので、標準装備されていたりオプションでも選択できるようになっている非常に人気のシステムです。

しかし、このシステムを逆手にとって自動車を盗み出す手口が『リレーアタック』なのです。

では、どのような手口なのか見ていきましょう。

□ リレーアタックの手口

このリレーアタックによる盗難は、基本的に2人で行われます。

動画で見ると、わかりやすいです。

まず、対象車両のドライバーが車から降りたら、尾行します。

そのままドライバーを追跡し、微弱の電波を犯人が中継機を使ってキャッチします。その電波を増幅させて車両側にいる相方へ飛ばすのです。

受信機側が電波をキャッチすることで、スマートキーと同じ電波を出すことができるので、ドアノブに触れると車のロックが解除できてしまうという手口です。

スマートキーの電波には暗号が含まれているため、同じキーでなければ施錠・解錠などができません。

ですがこの手口は、ドライバーが持っているスマートキーの電波がそのまま使われるため、暗号の解読などが必要ないのです。

犯行の痕跡が残らないので、犯人の特定が難しいのが現状です。

□ 送信機・受信機は簡単に作れてしまう?

リレーアタックに使われる電波を増幅して送る送信機や受信機は、ある程度の知識があれば数千円程度で作れてしまうそうです。

ヨーロッパでは、このリレーアタックによる盗難が非常に増えており、日本でこのような手口で犯行が行われるのも時間の問題でしょう。

犯行の痕跡が残りづらいリレーアタックは、誰でもできてしまうのが非常に怖いところです。

□ 盗まれた車はどうなるの?

車を盗んでその場から立ち去った際、ドライバーの持っているスマートキーの電波は受信できなくなります。

そのため、一度エンジンを切ってしまうと再始動できません。

二度と動かない車を盗んでも意味がないように思いますが、盗難車両は分解されて売られていることがほとんどです。

犯行手口上、傷などができないため、非常に高く売れるそうです。

分解されてしまっては、盗難車両は見つからず、泣き寝入りしてしまうことも多いです。

大切な愛車が盗まれてそのまま解決せず…なんて嫌ですよね。

では、どのようにしてリレーアタックを回避すればよいのでしょうか?

次にオススメのグッズを紹介します!

リレーアタックの対策方法&オススメグッズ!

リレーアタックに遭わないために、車に施す防犯対策オプションは今の所ありません。

トヨタは、2013年以降にフルモデルチェンジされた車種に対しては対策を施しているようですが、その他のメーカーは十分な対策はされていないそうです。

今の所私たち自身ができる具合的な方法として、スマートキーを電波遮断ポーチに入れることや、ハンドルロックや防犯アラームなどを施すことが一番の最善方法です。

1.電波遮断ポーチ

電波遮断 スマートキーケース 完全遮断圏外ポーチ 車リレーアタック盗難防止用装置 車キーケース 車用品 カーセキュリティ

Kingsdun 電波遮断 圏外ポーチ 車のスマートキー完全遮断 車リレーアタック盗難防止用ポーチ 車スマートキーケース サイズ改善仕様

電波遮断ポーチは、スマートキーをポーチの中に入れることで車に近づいてもキーが使えなくなるものです。

その名の通り電波が遮断されているため、ポーチから出さないと車のロックは外れません。

※ポーチの中でも、キーを入れる場所が指定されていることがありますので、必ず指定のポケットに入れてください。

上のグレーの方はサイズが小さいため、スマートキー以外は入らないという口コミが多いです。

一方下の黒い方はサイズ改善がされて少し大きくなっています。

2.ハンドルロック

【SIMPS】 ハンドルロック 取付簡単 盗難防止 超強力 自動車用 ステアリング セキュリティ

車を降りる度にセットするのはやや面倒ではありますが、見た目から『防犯されている』というのがわかりますので標的外になる可能性が高くなります。

実際、ハンドルが動かなければ車を動かすことが出来ませんので、心配な方はハンドルロックをおすすめします。

3.防犯アラーム

カーメイト 車用 カーセキュリティ ナイドシグナル アラーム EX-R ブラック SQ80

衝撃によってブザーが鳴る、車用の防犯アラームもあります。

キーを開ける際にガチャガチャとされると、危険を察知したブザーが自動で鳴ります。

また、LEDライトもついているため「セキュリティ作動中」というのも見ただけでわかります。

これも、付けているだけで犯行の標的外にするための大切な防犯グッズです。

 

犯人はスマートキーの微弱な電波を受信するために、一定の距離をとって持ち主を追跡します。

人が多いショッピングモールでの犯行がほとんどですから、後ろから追跡されていないか振り向いたり、忘れ物を取りに帰るふりをして車に戻るなどの方法も対策の1つです。

その他には、盗難保険へ加入することや、GPS装置を取り付けるなどの間接的な対策が主な手段ですね。

 

自宅の駐車場でもリレーアタック被害に合うかも!?

『自宅にいるからスマートキーは狙われないだろう』なんてことはありません!

自宅の駐車場などに停めた車の鍵は、必ず家の中に置きますよね。

そのため、ショッピングモール等のようにわざわざドライバーを追跡する必要もありませんし、複数人で犯行に及ぶ必要もないのです。

犯人は、玄関などに置かれているスマートキーの電波をキャッチし増幅させ、ロックを解除して車を盗んでいきます。

スマートキーの電波さえキャッチできればいいので、ショッピングモールなどで行う犯行よりも簡単にできてしまうのです。

窓際や玄関付近にスマートキーを置いている方は、置き場所を変えるか電波遮断ポーチに入れておくなどの対策をしたほうが安心でしょう。

自分でできる対策をしてリレーアタック盗難の防止をしよう

リレーアタック被害は欧州で多く発生してしまっており、日本で被害が増えるのも時間の問題かもしれません。

スマートキーは大変便利なものですが、このような危険も含まれているんですね。

犯行の手口が巧妙になり、どんなシステムの車でも盗まれてしまう危険性があるため、対策をする必要があります。

心配な人は、対策グッズを使用して大切な愛車を守りましょう。

■こちらの記事もオススメです!

車が盗難にあったらすぐすべき行動とは?盗まれやすい車ランキングや盗難予防策も!

カーナビを盗難被害から守ろう!年間盗難件数は?盗まれやすい地域・車種がある?

まさか!?愛車のナンバープレートが盗難に!盗難後の再発行手続って?盗難防止ネジなどの予防策は?

  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
  • 夏の車メンテナンス特集!
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。