CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

運転靴にも法律違反がある!違反にならず運転も快適でオシャレなドライビングシューズ4選♪

運転靴にも法律違反がある!違反にならず運転も快適でオシャレなドライビングシューズ4選♪

車を運転するときには、足元に何か注意していますか?靴はどんな靴で運転しているでしょうか?ちょっと運転するときに、ついついサンダルやヒールの高い靴で運転してしまうことはないでしょうか。運転に適した靴でないと、ペダリングが上手くいかず危険です。どんな靴が運転に適しているのか?どんな履物だと危険なのか?今回は、こんな足元の注意や危険性について考えてまとめました。オススメの靴も紹介しているので、車用の靴を探している人はぜひ参考にしてみてください。

免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) …

  • 12

  • 105

  • 投稿日:2017-8-31

車の運転時に気にするべき、『靴』の種類!

普段運転するとき、どんな靴で運転していますか?

長時間の運転や長距離ドライブならば、スニーカーや慣れた靴を履く方が多いと思いますが、「ちょっとそこまで」とか、「駅までちょっと送ってくる」というとき、つい楽さを優先してしまってませんか?

運転には運転に合った靴があります。

足元が大事な車の運転にとって、靴選びもとても重要なのです。

特に女性は服装に合わせて靴も選びたい…という方も多いでしょうが、運転時は履き替えるなどをする必要があります。

特に、交通法で禁止されている靴を履いて運転した場合、反則金が取られてしいます。

反則金は普通車で6,000円、大型車で7,000円です。

結構大きな金額ですので、どんな靴は避けたほうがいいのか詳しく見ていきましょう。

 

車の運転にベストな靴

運転にベストな靴は、かかとがあり、靴底の平らなものです。

特にアクセルを踏むときは、かかとを床に着け固定して、足の裏全体で静かに踏みます。

ですからかかとが低く、とがっておらず、安定して接地できるものを選ぶとよいでしょう。

また、踏み込んだ感覚が足の裏からダイレクトに伝わるように、靴底もあまり凸凹していない、靴底もある程度薄くて平らなものが理想です。

  • スニーカー
  • 革靴
  • フラットなパンプス
  • ドライビングシューズ

などが好ましいです。

 

細かく、且つ確実に足元を動かさないと危険ですので、必ず上記のような靴を選びましょう。

 

車の運転に適していない靴

東京都ではハイヒールやスパイクでの運転が禁止されています。

その他にも、法律上明確に書かれてはいませんが、違反として反則金を取られる可能性が高い靴がいくつかあります。

安全を最優先して、以下の靴では運転しないようにしましょう。

1)ハイヒール

かかとを床につけてもふらふらしてしまうので、安定してペダルを踏むことができません。

また、そもそもかかとが邪魔をしてペダルを踏み込めない可能性が高いです。

急ブレーキなどをしなければならないとき、安定していない足元では大変危険ですので、ハイヒールでの運転はやめましょう!

2)サンダル(かかとのないもの)

かかとがないと、足がズレやすいですし、やはり安定しません。

中途半端に脱げてしまってうまくペダルを踏むことが出来ない、ということになってからでは大変危険です。

各県でサンダルでの運転について交通規則が設けられています。

例えば東京都では、

木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

とされています。

細かくどういうサンダルがダメ(クロックスは?ビーチサンダルは?)とまでは書かれていませんので、不安がある方は県の警察に問い合わせるのが一番確実です。

暑い日は靴を履くのも嫌になりますが、安全のために避けたほうが無難です。

3)裸足・靴下のみ

足が蒸れるのがいやで、運転中靴を脱ぐ方意外といるんですよね。

ですが、はやり危険ですので靴は必ず履きましょう。

特に急ブレーキを踏むときには、結構な力で踏む必要があるため、裸足や靴下では足を痛める可能性があります。

また、足元に小石やピンなどが落ちていた場合も考えると、やはりとっさのときに思った様にペダルを踏むことができず、大きな事故につながるかもしれません。

それに雨漏りや水がこぼれたときには、気持ち悪いですしね。

4)靴底の厚い靴

かかとだけではなく全体に靴底が分厚い靴は、足裏の感覚が掴みにくく、どれくらいの力でペダルを踏み込めているのかわかりにくいです。

どのくらいブレーキを踏んでいるのか、どのくらいアクセルを踏んでいるのか、常に足裏を通じて感覚をつかむことが安全運転には重要です。

感覚がわからなくなるほどの厚底は避けましょう。

5)下駄

あまり履かれる方はいないと思いますが、下駄は各県の道路交通規則で禁じられています。

足裏部分が平らではないのでペダルがうまく踏めなくなってしまいます。

また、下駄の歯の間にペダルが挟まってしまっては一大事。これだけは絶対にやめましょう!

 

車の運転に最適で、見た目もオシャレな『ドライビングシューズ』4選

運転に適したシューズとしてドライビングシューズというのがあります。

どういうものかというと、

  • 靴底が平ら
  • かかと部分まで底のゴムが連続的につながってる
  • かかと部分がすべらない
  • 接地部分が安定する

という靴です。

最近はいろいろなデザインのものが出ていますので、わざわざ履き替える必要もないくらいメンズもレディースもおしゃれなものを選ぶことができますよ。

そんなオシャレなドライビングシューズをメンズ、レディース各2つずつご紹介します。

1.Brazylian スエードドライビングスリッポン【メンズ】

[ブラジリアン] Brazylian 1401 スエード ドライビング スリッポン ローファー (42(26.5-27cm), ネイビー)

紐などもなくすぽっと履ける楽ちんなスリッポンです。

サイズは39インチ(24.5~25)から。

一番小さいサイズであれば女性も履けそうですね。

靴底が固めにできているのでペダルの踏み心地も良いですよ。

ドライビングシューズではありますが、ジーンズなどに合わせてオシャレに履ける見た目なので良いですね!

2.RUBIK デニムパターンドライビングシューズ【メンズ】

ルービック(RUBIK) ドライビングシューズ メンズ ローファー スリッポン デニム タイダイ カモフラ ペイズリー 靴 M ペイズリーデニム

Mサイズ26~26.5センチ、Lサイズ27~27.5センチなのでメンズ用ではありますが、まず見た目がすごく可愛いですね!

デニム柄でドライビングシューズには見えないほどオシャレです。

この靴に合わせてコーディネートしてドライブ…なんて、楽しそうですね。

3.Ausland モカシン 金属バックル ドライビングシューズ【レディース】

(オスランド)Ausland A7062 メタルバックル スウェードモカシン レディースシューズ ドライビングシューズ NEW GREY 22.5CM

普通のパンプスと違いがわからない、オシャレなドライビングシューズです。

スカートにもパンツにも合わせられるので、履き替えなくても問題なさそうですね。

一番のポイントとしては、かかとにもゴムがついていることです。

かかとのゴムがしっかりと床にフィットしてくれますので、ペダリング時の滑り防止になります。

4.Minesam ドライビングシューズ【レディース】

ミネサム Minesam レディース モカシン シューズ カジュアル ドライビングシューズ ローファーシューズ 疲れにくい カーキ 22.5cm

 

こちらも見た目が可愛らしいパンプスです。

歩きやすさを重視しているので、ドライブしてそのまま長時間歩く…という時にオススメではないでしょうか。

サイズも22.5~25.5までありますので、自分に合ったサイズが探せます。

 

運転時以外に履いても良いですし、運転用として普段は車に積んでおくのも便利ですね。

ただし、脱いだ靴を運転席の足元に置いておくと危険ですのでやめましょう。

助手席や後部座席、トランクルームなどに置くようにしておけば邪魔になりませんよ。

 

危険!運転席の足元には何も置かないように!

空き缶やペットボトル、子どもが遊ぶのに使ったボールなど、転がるものがブレーキペダルの下に挟まってしまっては大変です。

いざというときに、ブレーキが踏めません。

くれぐれも、運転席の足元には物を置かないようにしましょう。

エンジンを掛ける前に、足元を確認する癖をつけると安心です。

また、以前フロアマットがずれて、ペダルに引っ掛かって暴走してしまう事件がありました。

フロアマットの端の部分には穴が空いていて、シート下の固定用のフックにひっかけられるようになっています。

ずれないようにしっかり固定して使いましょう。

車のフロアマットの正しい使用方法と種類紹介!使い方を間違うと事故に繋がるかも!?

 

車の運転には足元が一番大事!

運転するときの足元、特に靴について解説しました。

ある程度薄くて平らな靴底、かかとがしっかりと足に固定でき、床に接地したときに安定していることが重要な要素です。

普段から運転をする方は、普段よく使う靴をそういう視点で選ぶことも必要ですね。

ドライビングシューズではないにしても、運転に適した靴はたくさんあります。

旅行や通勤時の運転よりも、ちょっとした買い物にサンダル履きで運転することの方が遥かに事故のリスクが高まります。

是非足元にも気を配って、安全運転を心がけてください。

 

■こちらの記事もオススメです!

【再確認】これもNG?知らなかった!うっかり捕まる道路交通法10選

走行中のスマホいじりは危険&違反!運転に集中できるようドライブモードの設定をしましょう

車の「幅寄せ」は危険?それ間違ってます!巻き込み事故防止のために必要な行為です!

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) 車に対する思い:自動車関連の仕事を長くやってきました。 1人のユーザーとしてこんな車が欲しいと思う要求がありながら、実際に作る側の苦労もわかります。 世の中に発表されたいろいろな車を見るたびに、すごい車がで…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。