CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

シミや傷を防ぐ洗車後の水滴拭き上げの方法とは?コツやオススメ拭き上げグッズも紹介 

シミや傷を防ぐ洗車後の水滴拭き上げの方法とは?コツやオススメ拭き上げグッズも紹介 

せっかく洗車して綺麗にしたのに水分をふき取ってみると無残にも白いシミあちらこちらについていたぁ!なんてことありますよね。そうなってしまった理由は、洗車後のふき取りが悪かったからです。愛車を最高な状態に仕上げるにはちょっとしたテクニックが必要なのです。愛車を綺麗に仕上げるためにここで正しい仕上げ方を知っておきましょう。

町田冬馬

●自称:自動車ライター ●免許取得歴:32年 ●現在所有の車:ランサーエボリューション…

  • 9

  • 459

  • 投稿日:2017-4-27

洗車後の拭き上げを綺麗に仕上げるには、道具も重要視しよう!

「自動車の洗車って、カーシャンプーなどの洗剤をつけてスポンジでこすって、あとは雑巾でふき取ればいいのでしょ?」

そう思っている方、それは大間違いですよ!

 

確かにお風呂掃除をする時のように、洗剤をつけて擦ればある程度綺麗にはなります。

汚れを落とした後は泡などを洗い流して拭くだけですが、ここで綿や化学繊維で作られたぞうきんを使ってしまっては綺麗になるはずもありません

洗車後の拭きあげというのは水分を完全に拭き取る必要があるわけですので、ふき取った後に水分が残るようなものを使ってはいけません。

拭き残しが残るということは何回もふき取り作業を行うことにもなりますので、柔らかいボディ表面は簡単に洗車傷がついてしまいます。

それを避けるには、大小2サイズのセーム革があると便利です。

セーム革とは、カモシカやシカなどの皮の毛と脂肪を取り、柔らかくしたもので、天然素材の中では一番吸水性が高いといって良いくらい、ぐんぐん水分を吸い取ってくれます。

本革なので非常に丈夫ですし、洗濯もできるのでよほどひどい扱いをしない限りは数年間使えてコスパも良いでしょう。

 

洗車後の拭き上げにセーム革を2枚用意すると便利な理由って?

セーム革を大・小2枚用意する理由は、ボディ用とガラス面用を使い分ける必要があるからです。

HARP(ハープ)セーム革(鹿革)200X200ミリ変形-2枚組【833】

HARP(ハープ)セーム革(鹿革)150X150ミリ角-1枚【831】


ボディにはコーティングやワックスが施行されていると思いますが、特にワックスの場合は単なるロウの積層ですので、拭き取ることで多少なりともセーム革にワックス成分がついてしまいます。

それから、コーティングの場合でも洗いきれなかった汚れがボディに残っていることがあり、それをセーム革が拭き取ってしまいます。

ワックスが付いたセーム革や汚れがついてしまったセーム革で、クリアな視界を保つ必要があるガラス面を拭いてしまうと、セーム革についてしまったワックス成分や汚れの成分がガラス面に付着してしまい、油膜や汚れの原因となります。

特に油膜は、雨の日などフロントガラスが見にくくなって運転に集中できなくなることもあります。

そういったことを避けるために、別々のものを用意したほうが安心でしょう。

もちろん、ガラス面用のセーム革でボディを拭いてもいけませんよ!きちんと使い分けをしましょう。

 

洗車後の拭き上げ方法!

洗車後、ビチャビチャになっているボディを綺麗に拭きとるには、ちょっとしたコツと順番があります!

 

1.大まかに水分を払いのけよう

大サイズのセーム革を用意します。

セーム革を手に持ち、ボディの上に乗った水玉を払いのけるような形で、ボディの一番高いところ(基本的には屋根)から低い部分に追いやります

ゴシゴシといった感じではなく、ザッ!ザッ!といった感じです。

それを繰り返していくとセーム革が水を吸い込んで重たくなってくるので時々絞ります。

 

2.ボディを優しく拭き取ろう

大まかな水分を払いのけたら、セーム革を1度きつく絞ってから、残った水分をふき取ります。

その時もゴシゴシ擦らないで、濡れて滑りが良くなっている上を軽く撫でるように動かしましょう。

セーム革がビチョビチョになったら、その度に絞って常に乾いた状態を作りながら行います。

これを上から下に順番に行っていきます。ただこの時、ガラス面は拭かないでおきます。

 

3.細かい隙間も忘れずに!

ガラス面以外を全体的に拭き取ったら、次は細かい隙間に入っている水分を取り除きます

これを行わないと、表面は綺麗に拭いても後から水が垂れてきてシミや水垢などの原因となります

ボディパネルやバンパー、ヘッドライト、リヤコンビネーションランプ(ブレーキランプや方向指示灯等が一緒になった後方ライト)などの隙間に強く息を吹きかけます。

そうすると隙間にたまった水が出てきますのでそれを拭き取り、繰り返し行って水が出てこなくなるまで行います。

 

4.ガラス面を拭こう

小サイズのセーム革を用意し、それでガラス面だけを綺麗にしていきます。

ガラス面はボディを拭く時よりも滑りがよくないので、拭いている時にセーム革が引っ掛かりでクルクルと巻き込まれた状態になりがちなので、慣れるまではゆっくり丁寧に拭きましょう。

 

洗車後の拭き上げ時の注意点

洗車後の拭きあげは、すぐに行いましょう。

特に天気のいい時やボディの温度が上がっている場合は、ボディ表面の水玉が乾燥してしまい、そこに丸いシミを作ってしまうので、自然乾燥する前に拭きあげに入ります。

どうしても乾いてしまうような環境下で行う時は、水をかけるなど処置が必要です。

また、面倒だからといって洗いっぱなしで拭きあげないというのはよろしくありません

先ほども言いました通り、シミや水垢の原因にもなりますし、ボディの水分に埃が付き、それがせっかく綺麗にしたボディを再度汚してしまうのでよくありません。

ドアパネルなどの下周りの錆の原因にもなりますので、水分は必ず綺麗に拭き取りましょう。

 

ボディの状態、コーティングをしているとかワックスが掛かっているといったことで拭きあげ方法に違いはありません。

ただ、コーティングやワックスが掛かっていると非常に滑りにくいので、拭く時に力がいることでしょう。

しかしだからといって力を入れてゴシゴシ拭いてしまうとキズの原因にもなりますので気長に丁寧にふき取る必要があります。

 

拭き上げをせず雨ジミ(イオンデポジット)がついた!どうする?

洗車後、しばらく放置してしまった、面倒だから拭かなかったという時にできるのが雨ジミ(イオンデポジット)です。

水滴を拭き取らず、それがボディや太陽の熱で乾いてしまった時にできる白い輪っか状のシミです。

 

これは水に含まれるミネラル分や不純物が、水分が蒸発してしまったことによって残る現象で、見つけ次第すぐに対処しないとどんどん深い汚れとなります。

最悪、クリア塗装面を犯してしまうことにもなり、塗装の良し悪しにも影響を与えるようになります。

まだ軽症のイオンデポジットであれば、水で濡らしてふやかしてから、カーシャンプーなどで洗えばとれますが、しっかりと付いてしまった場合は専用のクリーナーなどが必要となります。

イオンデポジットはそもそもミネラル分などの硬い成分で構成されているので、こういったもので分解しないと落ちないので、見つけたらすぐ対処しましょう!

 

洗車後の綺麗なボディを保つには拭き上げのスピードが大切!

綺麗な仕上がりを求めるのであれば、洗車工程の最初となる水かけから最後までスピーディーな動きが必要です。

特にカーシャンプーを洗い流した後からはイオンデポジットや付着する埃との戦いとなりますので、てきぱきと作業をする必要があるでしょう。

洗車前に使う道具をすべてそろえておき、時間はたっぷりとかけ、それでいてスピーディーな動きをすることできっとピカピカなボディにすることができるでしょう。

 

■こちらの記事もオススメです!

家で洗車ができない?そういう時はガソリンスタンドの自動洗車機やコイン洗車場を使おう!

黄砂の時期の洗車方法って?愛車をキズやシミから守るためのテクニック

はじめての洗車用品6点セット【Amazon編】実際使用しているオススメ品で作ってみました!

 

はじめての洗車におすすめ!これは買っとけ!洗車用品4選【楽天編】

  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
この記事を書いたユーザー
町田冬馬
●自称:自動車ライター ●免許取得歴:32年 ●現在所有の車:ランサーエボリューションX ●過去の車:レパードアルティマ、Z32フェアレディZ、Y31セドリック、歴代ランサーエボリューション、仕事用としてキャラバン・バン、エブリィバン、アトレーバンなど ●チューニング歴:30年 ●車に…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。