CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

『おもいやりライト運動』で事故防止!早めにヘッドライトを点灯して事故防止しよう

『おもいやりライト運動』で事故防止!早めにヘッドライトを点灯して事故防止しよう

「おもいやりライト運動」をご存知ですか?1日の中で事故は夕暮れ時に最も発生することが多いです。原因は、急激に周りが暗くなるため視認性が下がることにあります。また、帰宅時間ということで交通量も多くなり重大な事故に繋がる危険性が高くなります。このような事故をなくすためにおもいやりライト運動が行われています。では、どのような運動なのか詳しく見ていきましょう。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 15

  • 88

  • 投稿日:2017-6-29

思いやりライトとは?

「おもいやりライト運動」って何? なぜつけないといけないの?

思いやりライト運動とは、『夕暮れ時に早めにライトを点灯させ、自車の存在を知らせるために行われる運動』で、おもいやりライト運動事務局が行っているものです。

おもいやりライトの公式ページ

 

夕暮れ時の16時〜18時の時間帯は、最も事故が多い時間帯と言われています。

この時間は薄暗くなる始める時間帯で、私たちドライバーにとっては最も見えにくい状況です。

また、帰宅ラッシュなどにより交通量が多くなりますから、事故に遭遇する確率も上がります。

ですから、この一番事故が多い時間帯にライトを付け始め、事故に会う確率を下げる運動が『おもいやりライト運動』です。

 

ライトをつけていないドライバーさんへ

おもいやりライトをつけていないドライバーさんも多いと思います。

  • 自分が気をつけているから大丈夫
  • ライトは真っ暗になってからつけるのが当たり前
  • 夕暮れ時にライトは必要ない
  • 早めにつけていると、ライトの消し忘れと思われる
  • ライトをつけると燃費が悪くなる

と言った意見がありました。

確かに十分運転に注意して走行すれば、事故は起こらないのかもしれません。

ですが、『おもいやりライト』という名の通り、相手を思いやる気持ちが大切です。

おもいやりライトを付けたことがない人は、改めて事故防止のために付けてみてください。

 

自車の存在を知らせるために、車のライトは必要なもの

事故の多い時間帯

16時〜18時の時間帯は、事故が多いとご紹介しました。

この時間帯は、車と景色が同化しやすく、他車の発見が遅れてしまい重大な事故に繋がりやすいです。

また目視だけでなく、ミラーに映った車も認識することができにくく、他車を見落としてしまい交差点での事故も多く発生しています。

自分だけが注意しているだけでは、防ぐことができない事故もあります。

物損事故ではなく人身事故に繋がる確率が高くなりますから、夕暮れ時の走行には注意が必要です。

 

つけたくなるようなヘッドライトが急増中!?

自動車メーカーも交通事故を減らそうと、自動ブレーキシステムやオートドライブ機能を搭載した車を発売しています。

しかし、すべての車にこのような予防安全機能が装備されるまでには、まだまだ時間がかかります。

その際、LEDヘッドライトの導入により、スモールランプ(クリアランスランプとも呼ばれる、車の幅を知らせるランプ)の形状も様々ものにできるようになりました。

よりスタイリッシュでカッコイイものへと進化していますので、ライトを付けて走行したくなるようなデザインが増えています。

早めにヘッドライトをつけることが「かっこ悪い」という認識をしているドライバーさんが、おもいやりライトをつけるきっかけになるといいですね。

 

おもいやりライトをつけるベストなタイミング!

おもいやりライトを付ける時間帯は?

季節や住んでいる都道府県によって、夕暮れの時間が違いますが、『少し薄暗くなってきたなと感じた時』がベスト!

  • 春から夏にかけては 17時〜18時
  • 秋から冬にかけては 16時〜17時

上記の時間に、ライトを点灯させましょう。

夏は日照時間が長いため19時でも外はまだ明るいですし、エアコンを付けているので燃費が悪くなるため、電力を消耗するライトはギリギリまで付けないと言うドライバーも多くいます。

ですが最近の車はLEDライトを使用している車種が多く、あまり電力を消耗しない設計になっていますから、安全のためにも早めにライトを点灯しましょう。

 

自発光式メーターによるライトの付け忘れに注意!

多くの車種に使用されている「自発光式メーター」は、メーター内の文字や針が光り昼間でも見やすく、確認しやすいのが特徴です。

その反面、夜になってライトをONにしていなくてもメーター内は明るく、表示を確認できますから、ライトが点灯している状態と勘違いしてしまうことがあります。

運転している側はメーター内は明るく、外は街頭や他の車のライトでセンターラインが見えるため特に困ることはありません。

しかし、他車から見たライトを付けていない車は、かなり接近しないと目視で確認することができないため、大変危険で認識も遅れてしまいます。

追突や正面衝突の事故にあう確率が上がるので、早めにライトをつける習慣を心がけましょう!

 

■こちらの記事もオススメです!

こんな時はどっち!?ハイビーム・ロービームの正しい使い分け方を復習!

運転中、濃霧で視界が真っ白…ヘッドライトの点け方や走行時の対策と注意点!

【超簡単】車のヘッドライトのランプ(電球)を自分で交換する6つの手順!動画あり

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。