CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

道路交通法違反取締り件数ランキングTOP6【平成26年度】違反内容・反則金・点数まとめ

道路交通法違反取締り件数ランキングTOP6【平成26年度】違反内容・反則金・点数まとめ

1位は約4人に1人が取り締まりにあっているあの違反です!平成26年度の道路交通法違反の取締り件数ランキングを1位~6位まで紹介するとともに、反則金や違反点数などもまとめました。 上位に入ったのは、どんな違反なのでしょうか? 普段から運転をするドライバーならば、これらは1度は取り締まられたことがあるのでは? 取り締まられやすいポイントを再確認して、安全運転を心掛けたいものです。

免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) …

  • 18

  • 992

  • 最終更新日:2017-6-29 / 投稿日:2017-1-17

ランキング発表! 道路交通法違反とは?

japan-1701179_640

 

「道路交通法違反」 

いわゆる、おまわりさんに反則切符を切られる件数のランキングです。

平成26年中には、車両等の道路交通法違反の取締り件数は約703万件となっています。

平成26年の免許保持者の総数が820万人なので、1人1回違反したして計算すると、85%の人が取り締まられているということになります。

取締り件数の多い違反を知って、取り締まられないように日常から気をつけていきましょう。

1位~6位までをご紹介していきます。6位までの違反で約500万件、違反の70%を締めています。

 

第6位 「酒酔い、酒気帯び運転」 27,122件

drink-driving-808790_960_720

 

道路交通法「酒気帯び運転等の禁止」

酒を飲んだり、酒気を帯びて運転してはいけないというだけではなく、運転者に酒を出したり、勧めたりすることによってもこの違反に該当します。

■反則金と違反点数

[罰則]

酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

 

[違反種別と点数]

酒酔い運転 35点

酒気帯び運転 (呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上) 25点

 

酒気帯び運転 (呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満) 13点

 

第5位 「横断歩行者等妨害」 94,433件

道路交通法 「横断歩行者等の保護のための通行方法」の違反

横断歩道を横断する歩行者を妨害する行為です。

横断歩道を横断中の歩行者や自転車がいるときに、その前を横切るように車が進入したりすると違反となります。

■反則金と違反点数

[違反行為の種別] 横断歩行者等妨害等

[反則金] 9千円(普通車)

[点数] 2点

第4位 「信号無視」  71,233件

traffic-lights-242323_960_720

道路交通法 第7条の違反

赤信号で交差点を通過したり、信号機の点滅時の交差点の通過行為によって違反となるものです。

赤色の点滅時は停止位置での一旦停止してから、黄色信号の点滅時は、注意して交差点に入る必要があります。

■反則金と違反点数

[違反行為の種別] 信号無視

[反則金] 9千円(赤信号), 7千円(点滅)

[点数] 2点

 

第3位 「一時不停止」 1,231,190件

stop-1077973_960_720

道路交通法 第43条 指定場所における一時停止

道路標識等によって一時停止すべき場所が指定されているときには、一時停止しなてはなりません。

よく警察官が陰に隠れてみていて、止まらないと追っかけてきて捕まえることがよくありますよね。

 

■反則金と違反点数

[違反行為の種別] 指定場所一時不停止等

[反則金] 7千円(普通車)

[点数] 2点

 

第2位 「駐停車違反」 1,530,064件

orlando-245118_960_720

道路交通法 第44条~第50条

駐車・停車については、多くの記載がありますが、簡単にまとめると、道路標識等で指定された駐停車禁止区域での駐車や停車は違反となります。

■反則金と違反点数

[違反行為の種別]駐停車違反

 

[反則金]

駐停車禁止場所で放置 1万8千円(普通車)

駐車禁止場所・方法違反等で放置 1万5千円(普通車)

 

[点数]

駐停車禁止場所等 2点

駐車禁止場所等 1点

駐車禁止違反の点数や罰金は?駐禁を無視するとどうなる?

第1位 「最高速度違反」 1,835,930件

speedometer-587864_960_720

道路交通法 第22条

これはみなさんご存じの通り、最高速度を超えて走行した場合の違反です。

ほとんどのドライバーが、少なくとも1度は経験しているものではないでしょうか?

■反則金と違反点数

[違反行為の種別] 速度超過

 

[反則金] (いずれも普通車の場合)

高速道路35以上40未満 35千円

高速道路30以上35未満 25千円

一般道路25以上30未満 18千円

一般道路20以上25未満 15千円

一般道路15以上20未満 12千円

一般道路15未満 9千円

これ以上の速度超過は、「反則金」ではなく「罰金」となり、一発で免停となってしまいます。

 

[点数]

50以上 12点

30(高速40)以上50未満 6点

25以上30(高速40)未満 3点

20以上25未満 2点

20未満 1点

オービスの基礎知識!種類とピカッと光った時の違反点数・罰金・罰則

道路交通法違反 取締り件数ランキング【平成26年度】まとめ

 

平成26年度の取締り件数のランキングを1位~6位までご紹介しました。

 

やはり1位は最高速度違反、街中や高速道路での取締りも常時行われていますし、件数もダントツで多くなっています。

 

筆者が意外だったのが、「横断歩行者妨害」が5位にランクインしていたことです。

運転する側から見ますと、自転車がぎりぎりのタイミングで横断歩道に突っ込んで来たりすることも多いので、非常に神経を使いますね。

この辺りは、国によって特徴が出ると思います。

たとえば英国の場合には、道路では自動車が歩行者よりも優先的に走っている感覚がありますので、歩行者は車の動きに非常に気を付けて渡っています。

(一方で、歩行者は、歩行者用信号機をまったく無視して、自己責任で道路を渡る人が結構多いように見受けられます。)

 

運転する側も、歩行者も自転車も、お互いの動きを予測しながら道路を移動することで、より安全な交通社会になるのではないでしょうか?

また、これらの違反のポイントですが、それぞれの違反を酒気帯びで行った場合には、上述した違反点数が数倍に大きくなるということです。

酒気帯びの運転は、それだけリスクが大きいということにもなりますね。

 

参考:

第5節 道路交通秩序の維持|平成27年交通安全白書(全文) - 内閣府

運転免許統計(警察庁)

道路交通法

 

こちらの記事もおすすめ

ココロも財布も大打撃!【免許取消】の点数・欠格期間・再取得までの流れを再確認!

さすがゴールド免許!持ってるだけで節約節税効果大!取得のメリット5選

 

  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:20年以上 今乗っている車種:Nissan Skyline(中古で購入) 車に対する思い:自動車関連の仕事を長くやってきました。 1人のユーザーとしてこんな車が欲しいと思う要求がありながら、実際に作る側の苦労もわかります。 世の中に発表されたいろいろな車を見るたびに、すごい車がで…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。