CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

冬のフロントガラスの凍結予防策6選とおすすめグッズ紹介!うっかり凍った時の解氷方法も

冬のフロントガラスの凍結予防策6選とおすすめグッズ紹介!うっかり凍った時の解氷方法も

寒い季節の悩みタネ…。そう!フロントガラスの凍結。朝、急いでいる時に限って凍っていませんか?「会社に遅刻するー!」と運転席に座って暖房をつけてもなかなか溶けてくれず、余計イライラは溜まるばかり。だったら、凍らないように予防方法を試してみましょう!うっかり予防策を忘れてしまった時のために、すぐに溶かせる方法もまとめておきますね!

この記事を書いたユーザー

  • 4

  • 1,140

  • 2016-12-19更新

まずは凍結予防!うっかり忘れたら解氷テクニックで解決!

car-1836574_960_720-2

一番最強なのは、凍結をさせないこと!きちんとした凍結防止対策をすれば、凍結は防ぐことができます。

しかし、仕事や家事が忙しかったりすると、「あ!忘れた!」となる日もありますよね!

うっかり凍結してしまったら、できるだけ早くできる解氷方法で、目の前の視界をクリアにしましょう。

【JAFの実験】凍結防止対策と、凍結時の解氷方法の実験

■テスト1 フロントガラスの凍結防止対策

条件の異なる3台を一晩駐車し、フロントガラスの凍結具合を比較。

  1. 対策なし(凍結対策を何も施していない状態)
  2. 撥水剤を塗布(撥水剤をフロントガラス全体に塗った状態)
  3. カバーをかける(フロントガラス全体にカバーをかけた状態)

 

実験結果は…なんと、凍結しなかったものがありました!

それは・・・

 

③フロントガラスにカバーをかけたもの でした!

カバーの上に雪は積もったものの、フロントガラスに雪はつくこともなく、凍結もありませんでした!凍結予防には一番有効的な方法ですね!

 

続いて、②撥水剤を塗布したものは、フロントガラスは凍結していましたが、スノーブラシのスクレーパー(へら)を使用することで、きれいに凍結部分を削り落し視界を確保することができました。

 

やはり、①対策をしなかった車のフロントガラスは凍結し、スノーブラシのスクレーパー(へら)部分を使っても視界は確保でききませんでした。この状態だと、車を安全に運転できる状態にするためには時間がかかりそうです。

 

■テスト2 フロントガラス凍結時の解氷方法

凍結した2台のフロントガラスを解氷するのにかかる時間を比較。

  1. 解氷剤使用(フロントガラスにまんべんなく散布)
  2. デフロスター使用〔内気循環で、設定温度はHI(最高温度)〕

 

実験結果は…

  1. 解氷剤を使用したものは、1分ほどの短時間でフロントガラスの凍結を完全に解かすことができた。
  2. デフロスターを使用したものは、視界が確保できるまでに10分ほどかかった。

詳しい実験データは下記サイトからご確認下さい。

【JAF実験の動画はコチラ!】

我が家の車で実験!「解氷剤を使用せず」に、フロントガラスの解氷にどれくらいかかるかやってみました

 

12月中旬。山形県です。気温は0℃

 

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e5%a4%96

①うっすらと氷が張っていました。(外観) photo by 菊地里美

 

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e4%b8%ad

②室内から見ると、外が見えないくらい凍結していました。 photo by 菊地里美

 

%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%82%82%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%aa%e3%81%84

③何も使わずにワイパーうごかしてみましたが、結果、何も見えませんね(笑) photo by 菊地里美

 

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e6%b6%b2%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f

④ウォッシャー液かけてみましたが、氷はまだ溶けず、見えないままです。 photo by 菊地里美

 

%e3%81%bf%e3%81%88%e3%81%9f

⑤デスフローターをつけてワイパーを動かすと少しずつ視界が確保できるように! photo by 菊地里美

ここまでで、3分くらい経過

完全にフロントガラスの凍結が完了するまでは、やはり10分程度かかりそうです。

 

どうやら、寒い中、ずっと座って待っているよりも、解氷剤をシュッシュ!!としてしまった方が早いですね!

 

寒い時期になったら車に一本は準備しておくと、朝の通勤時、夜の、帰宅時に便利になりそうです。

 

【凍結編】フロントガラス凍結の犯人は誰だ!?凍結する条件とは?

42ef719e52b8bf4b863eeabccb06b036_l

冬だから…

雪が降っているから…

寒いから…

フロントガラスに付着した氷が寒くて凍結したから…

というのダケが原因ではないのです!

■「放射冷却」こそがフロントガラス凍結の犯人です!

放射冷却とは?

日中の暖かい空気を、地面は吸収して気温が上昇しますが、夜になると、今度は地面の暖かい空気は空へ放出されます。

その時に、雲があれば、地面から放射された熱は雲に吸収されますが、秋から冬、春先に多い、

  • 風がない日
  • 晴れている(雲がない)日

は、地面から放射された熱が、雲に吸収されることなく、空の高いところまで放出されます。

よって、暖かい空気がどんどん放出されるので、気温は下がり、朝方にかけて低温になります。

■天気予報で「低温注意報」と聞こえたら凍結の可能性大!

よく、天気予報で、冬を中心に低温に注意する旨の呼びかけが行われる「低温注意報」が発表される時は、この放射冷却が予想される場合なので、こんな時は

「車のフロントガラスが明日の朝凍る可能性があるな!」

と心構えをしてくださいね。

【凍結編】パーフェクトな凍結予防のための6つの方法

af8dc9ee140e4c3d58772aa252555d67_s

①洗車して油膜をとる(汚れたガラスが凍りやすい)

→ガラス自体が汚れている状態がNGです。理由は、氷結点(水が氷の結晶に変わる温度)は純粋な水であれば0℃ですが、何か混ざってしまっている状態(この場合は、水とゴミ、砂、油などの汚れが同時に存在している)の場合、汚れの度合いが大きいほど、氷結点は低くなる、つまり凍りやすくなるのです。

 

②撥水剤をガラスに塗っておく

→撥水剤を塗ったガラスは、水をはじいてコロンとまとまりますよね!ということは、ガラスとの接着面が小さくなります。ですので、

  • 撥水剤を塗ったガラスは水がつきにくい=凍結した場合もはがれやすい

と想像できますね!撥水剤を使うことで、ガラスに水分をつきにくくしてくれているのです。

 

③凍結防止シート

→一日車を使い終わって降りる時に、外側から凍結防止シートをかけるだけです!これで劇的に凍結を予防できますよ!

 

④ワイパーはたてておく

凍ってしまったフロントガラス、ワイパーを動かそうとすると動かないってことありますよね。

そのまま無理矢理動かすと、

  • ワイパーのゴムがはがれてしまう
  • ワイパーはガラスにくっついたまま根元のモーターだけが作動し、モーターが壊れてしまう

という場合もあります。

寒い時期に入ったら、いつ凍結するかわからないので、ワイパーを立てるというのを習慣にするとムダなワイパー修理や、交換などの出費は抑えられそうですね。

⑤ウォッシャー液も凍結防止用にしておく

→フロントガラスを解かそうとウォッシャー液をかけたら、

  • フロントガラスが余計凍ってしまった!
  • ウォッシャー液がノズルの中で凍結してでない…

なんてこと経験したことあるのではないでしょうか?

「どうせ窓を濡らすだけだから……」と通常の水を使っている場合は、噴射した瞬間に寒さでフロントガラスが凍結してしまい、視界を悪くする危険性が増すばかりか、ウォッシャー液のタンク内で凍結し,使いたい時に使用できないという可能性もあります。

寒い時期になる前に、交換しておくことをお勧めします。

【簡単】ウォッシャー液の種類と自分で補充する方法~冬は選び方に注意が必要!~

⑥(出来ることならば・・・。)駐車する場所は屋根のついている駐車場がベスト!

→車のことを考えれば青空駐車よりは、屋根のあるガレージの方がいいのは当たり前!凍結に関しても、屋根のある外気より暖かいところにおいておくことで凍結は避けられます。

 

上記をきちんとしておけば、朝の出勤時や、気温の下がった帰宅時に寒い思いをせず,イライラせずにスムーズなドライブが出来ることでしょう。

全て出来なくても、出来そうな項目をやっておくだけで、大分楽になるはずです!

【凍結編】おすすめ凍結防止グッズ3選!

フロントガラスの凍結防止に役立つアイテムを紹介します。

①凍結防止シート

 

Hippo(ヒッポ) 車 フロントガラスカバー 軽自動車 凍結防止シート 車用フロントシェード 日よけ 雪対策 撥水

■オススメポイント

●フロントガラス用とサイドミラー用の2つにわかれていて、それぞれ装着すればいいので装着が簡単。

●サイドミラー用のカバーは使用しない時に収納カバーにもなる優れもの!

●フロントガラス用は、室内で止めるフック、プラス、磁石がついていることで風に強く、ズレるのを防止してくれます。

●両面断熱遮光可能な両面シルバー防水アルミフィルムの二重構造タイプで、

  • 強い日差し

などから愛車のフロントガラスを守ります。

■使い方を簡単に紹介

【使用方法】

  1. 磁石をフロントガラスの上部2箇所に付けます。
  2. 磁石をフロントガラスの下部3箇所に付けます。
  3. 磁石の位置を調整して、カバーをフロントガラスがしっかりかぶせてください。
  4. シートが飛ばされないように、両サイドの紐を車内のハンドルなどに引っ掛けてください。
  5. ドアで挟み、ゆっくりとドアを閉めてください。
  6. 最後にサイドミラーカバーをかぶせて、ストッパーをします。

■良い口コミ

磁石が装着してあり、いとも簡単に愛車にセットできます。

おまけに、朝出かける際には、車庫近くに設置している金属製の倉庫にペッタンコ!!

こうすれば、仕事から帰って来たときには完全に乾いているので明日の朝に備えることができます。

■悪い口コミ

素材がビニールで軽く収納にはいいけどもいざ取り付けようとするとペラペラしすぎていて逆に扱いづらい。

マグネットもそれ程強力ではないし、位置もどこか分かりにくい。

じっくり取り付けるにはいいかもしれないが、ササッと素早く取り付けたい人には向いていないと思う。

②撥水剤

 

スーパーレイン・X ザ・クイック耐久 8489[HTRC 3]

■オススメポイント

  1. 一度塗れば、6ヶ月ほど持つという耐久性に優れた商品。(使用状況や環境などにより撥水持続期間は異なります)。
  2. 一度塗りで均一な強力撥水被膜を形成
  3. 雨を弾き、汚れや油膜の付着を防ぐ
  4. 塗る面のフェルトが幅広く、ガラスの曲面や隅々までフィット。 塗りムラ・塗り残しなしで、スピーディに塗れる

■使い方を簡単に紹介

  1. ガラス汚れを取り除き、完全に乾かす(天気の良い日の作業がおすすめ)
  2. キャップをはずし、フェルト面をガラス表面に軽く当てる
  3. ボトル腹部を軽く押し、液を適量出しまんべんなく塗りのばす
  4.  5分程度乾燥させ、よく絞った濡れタオルで拭き上げて終了

■良い口コミ

手間がかからず、たまにしかメンテしない私には合っています。楽にコーティングできます。
施工してから半年経過、何度もワイパーを使用しましたがワイパーの折り返し点で削られて跡が付くようなこともなく本領発揮中です。シリコン系だと2〜3ヶ月で塗り直したくなるレベルになってたので私としては満足しています。
シリコン、フッ素両方に共通してますが作業前には油膜取り作業をきっちりしておかないと持ちがかなり悪くなります。この手の商品は下処理のほうが面倒なくらいですから

■悪い口コミ

ライトエースバンに使っています。いままで使っていたレインXだと40km/hぐらいから雨粒が飛んで行きましたがこれは60km/h以上でようやく雨粒が動き始めるぐらい。しかも気持ち良く飛んでいかない。
持ちは良いですが。

③ウォッシャー液

古河薬品工業(KYK) ウインドウオッッシャー 解氷撥水ウォッシャー液 2L -60℃[HTRC3]

■オススメポイント

パッケージに書いてある通り、

  1. 強力解氷
  2. 強力撥水
  3. 再凍結防止

が最大の魅力であり、コレさえ揃っていれば冬のフロントガラス凍結も敵ではないのです!

また口コミにもあるように、薄めずに原液で使用すれば、「-60℃」まで凍らないという寒冷地や、寒い時期の悩みを解決してくれるウォッシャー液です!

■使い方

ウォッシャー液のタンクに入れるだけ!

■良い口コミ

寒冷地のガソリンスタンドで入れてもらったウォッシャー液でも凍るので、「そういうものだ」とあきらめていたのですが、この製品は真冬の志賀高原とか超寒冷地に行っても凍りません。

おまけに撥水効果も高く、ちょっとの雨ならワイパーを動かさない方が視界がクリアなくらいです。

■悪い口コミ

関東なのでそんなに寒くないため2倍に薄めたつもりなのですが、フロントガラスが凍結した日は、ウォッシャー液も凍って出なく意味の無いものになってしまいました。あまり薄めない方が良いかも。

【解氷編】凍ったら仕方ない…。できるだけはやく解氷する方法

解氷方法1:早さNO.1  解氷スプレーをシュッ!

ホームセンターやスーパー、薬局等でも売っているのを見かけますが、コレが一番早く、コストも抑えられるのではないでしょうか?

シュシュッと凍っているフロントガラスにかけるだけで1分もすると視界良好です!

寒い中、エアコンをつけて待っていたり、ブラシでごしごしして時間をかけるより、簡単ですよ!

解氷方法2:エコNO.1  フロのお湯

d901a548dd4251842dcc84d819051b19_s

昨日の夜のお風呂の水。どうせ捨ててしまうなら、出がけにちょっとすくって、フロントガラスへかけてみて下さい。

昨日のお湯なので,温度も暑すぎず、冷たすぎず、程よく解氷できるのではないでしょうか?

お湯が熱すぎれば、冷たくなっているガラスがビックリして割れてしまうこともあります。

また、お湯が冷たければ、一瞬は溶けますが、また外気の冷たさとガラスの冷たさで凍ってしまいます。

温度は20〜40℃程度。ぬるいと感じるくらいが丁度いいはずです。

解氷方法その他:ほかにもこんな方法があります

●ブラシなどで削り取ることも可能です。しかし凍結が酷い時は、綺麗に削れないこともあるので注意が必要です。

道具がなにもない時は、クレジットカードなどの硬いカードでこすってみるというのもいいかもしれません。その時は、ガラスにキズがつかないように慎重にしてくださいね!

【解氷編】おすすめ解氷グッズ3選

①解氷スプレー KURE(呉工業) アイスオフ 2155 [HTRC2.1]

強力な噴射で、瞬時にフロントガラスや、鍵穴の凍結を解かしてくれます。

値段もお手頃で、車に一本あると重宝すること間違いなし!

ー40℃でも解氷、再凍結防止の力を発揮できるということもあって頼りになりそうです。

KURE(呉工業) アイスオフ 2155 [HTRC2.1]

しゅーっとふきかけるだけで一瞬にしてフロントガラスの氷が融けてくれます。
再氷結しないのでワイパーも痛みません。すぐれものです。
容量もけっこうあるのでワンシーズン楽勝ですね。

②スノーブラシ Meltec ( メルテック ) スノーブラシ 5段首振り式

Meltec ( メルテック ) スノーブラシ 5段首振り式(940~1420mm) SNB-11


長さを5段階(最短950mm、最長1420mm)に調節可能なので、軽自動車からミニバンまで、車の天井に積もった雪をカンタンにかき出せるすぐれもの!また収納もコンパクトで、車に積んでいても邪魔になりにくい!

取り外し可能のスクレーパー付きで、凍結にも対応!(取り除く前に約50~60℃のお湯をかけると取り除きやすくなります!)

③霜取り cretom ( クレトム ) アイスカッター スマートタイプ FC54

cretom ( クレトム ) アイスカッター スマートタイプ FC54

の3通りに使えます。握りやすく、また薄型に作られているので収納時もスペースを気にしません。

洗車時にはガラスのスクレーパーにも使用できるので、季節問わず活躍できそうです。

寒い朝の出発で時間をロスしないためにも凍結防止対策をしよう!

昨日も凍っていた…

今日も凍っていた…

きっと、明日も凍るでしょう!

 

予測できることには、万全の準備をして、朝の忙しい時間を有意義に使いたいものですね!

日頃から出来る簡単な凍結防止対策から、安く、簡単な準備をすることで劇的に楽になる凍結防止、解氷グッツ等を紹介しました。

気になるものがあれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

冬のカーライフが気になる方はこちらもおすすめ

【年末年始のクルマ大掃除大作戦!】家にあるもので簡単にできる洗車方法とコツを紹介!

雪が降る前の日までにやっておきべき5つのこと~雪に慣れていない人のために~

【恐怖体験記あり!】サイド(パーキング)ブレーキが凍結!?寒冷地での駐車時に注意すべきこと

この記事を書いたユーザー

このあとによく読まれている記事

楽しく便利なカーライフ内のカテゴリー

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。