CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

車のエンジンがかからない!慌てずに対応したい3つの診断

車のエンジンがかからない!慌てずに対応したい3つの診断

車に乗って出掛けようとした時にエンジンがかからないと、大抵の人はパニックになってしまいがちです。 でも、動いていたはずの車が動かなくなったのですから、必ず原因があります。それらの原因を、全て自分で判明して直す事は難しいですが、原因が分かる事で対処出来るものもあります。 まずは冷静になって、以下の3つの診断を順に行いましょう。

今乗っている車種:MINI…

  • 16

  • 654

  • 投稿日:2017-1-13

1.先ずはギアとハンドルを確認しよう!

automobile-1834279_640

エンジンがかからない時、小さな操作ミスの場合もあります。先ずは、エンジンをかける操作が間違っていないか確認してみましょう。

■ギアはパーキングに入っていますか?

最初にキーが回るか確認し、キーが回らないのであれば、ギアがパーキング(P)に入っているか確認して下さい。AT車はパーキングに入っていないと、エンジンがかからない仕組みになっています。

■ハンドルがロックされていませんか?

ギアが正確なら、ハンドルを左右どちらかにいっぱいに回してください。

ハンドルには盗難防止用のロック機能が付いているので、エンジンを切ってキーを抜いた後、ハンドルを回してしまうとロックがかかり、エンジンがかからなくなります。車を降りる際、ハンドルを手すりにしてしまう人は要注意です。

https://twitter.com/agomon_car/status/818497467742187520

■ペダルをきちんと踏んでいますか?

そして、キーが回っていてかからない場合、AT車ならブレーキペダルを、MT車ならクラッチペダルを、きちんと踏んでいるか確認して下さい。

最近の車には、突発(いきなり走り出す)防止の安全装置がついているので、ブレーキペダルをきちんと踏まないとエンジンがかからないようになっている車が多いです。

これらの操作が正確に行えている場合、次の診断を行いましょう。

2.バッテリーが原因かを判断しよう!

 

jiko_car_kosyou

■キュルキュルという音が聞こえてきませんか?

キーが回ってもエンジンがかからない時は、音を確認して下さい。

キュルキュル音がする場合、バッテリーの電圧不足の可能性があります。

冬場や山間部の寒冷気候にいるなら、バッテリーが冷えすぎて電圧が下がっている場合もあるので、5分ほど待って再度キーを回してみて下さい。

この音が出ている部分は「セルモーター」という部品で、エンジンを回し始めるための大型のモーターです。このモーターを回せるだけの電圧がバッテリーに残っていない状態では、エンジンはかかりません。ジャンプケーブルなどで充電して下さい。

エンジンかからない!突然のバッテリーあがりの対処方法【基本編】

■バッテリーの端子に粉やサビはありませんか?

 

また、バッテリーを確認して、端子に粉のようなものがついていたり、錆びている場合は、錆びや粉を、やすりなどできれいに削り取ってみましょう。

この時、端子には素手で触らないで下さい。感電の危険性がありますし、バッテリー液が漏れて付着している場合もあり、物質自体が危険です。電気を通さないようにゴム手袋を着用しましょう。

この状態になっていると、接触不良でもありますし、バッテリーが漏れた跡なので、必ず交換が必要です。

■音がしない、またはカチカチという音がしませんか?

 

音がしない、又はカチカチ音がする場合は、バッテリーが完全に上がっている可能性があります。こちらも充電で対応してみましょう。

どちらの場合も、充電後は早めにバッテリーを交換する必要があります。

バッテリーの充電や交換で対応しても、エンジンがかからない場合、次の診断をしてみましょう。

3.燃料が入っているかチェック!

 

car_gasoline

バッテリーの電気が少しでも残っている場合、メーターパネルなどの室内の機器は点灯するはずです。この時、燃料が入っているかチェックしましょう。燃料が無ければ、もちろんエンジンは動きません。

この場合、ガソリン携行缶を持っているなら、近くのスタンドで入れてもらって給油しましょう。

この時、灯油用などのポリタンクは使用できません。これは違法です。ガソリンや軽油は灯油より揮発性が高く、ポリタンクが変形しやすく、最悪は爆発する恐れがあるからです。

YAZAWA (矢澤産業) ガソリン携行缶 横型タイプ 20L 消防法適合品 YG20

専用の金属製タンクを持っていないのなら、近くのスタンドに相談して、配達が可能なら依頼するか、ロードサービスを呼んで給油してもらって下さい。この場合、燃料はもちろん有料です。

軽自動車の場合、運が良ければ、車体をゆすってみる事でエンジンがかかる場合もあります。

これは、燃料タンクやフューエルライン(ガソリン供給用パイプ)の形状によるのですが、少しだけ残っている燃料が上手くエンジンに届いていない場合もあるからです。乗用車の場合は車体が重過ぎるので、この手はほぼ使えません。

その他の原因の場合は専門家に任せる

job_seibishi_woman

1.~3.以外でも、エンジンのかからなくなる故障は色々あり、ヒューズ交換などの比較的簡単そうに思える作業もあるのですが、素人が安易に作業するのはお勧めできません

そもそもヒューズは家のブレーカーと同じ「漏電遮断装置」なので、ヒューズが切れた原因が判明していない限り、エンジンをかけられても安全とは言えません。ヒューズの切れた原因が、どこかの配線のショートなら、走行中に再度ショートする可能性もあるのです。

この様に、原因の特定が難しい場合、走行に必要な修理は出来ていないままなので、車を動かす事自体が危険です。素直にロードサービスやディーラー、整備工場に相談して対応してもらいましょう。

素人判断で作業した場合、見当違いな対応をすると致命的に壊してしまう可能性もあります。

詳しくわからない場合は危険ですのでロードサービスを利用しましょう

車のエンジンがかからないまま、駐車場や路肩でロードサービスを待つのは心細くなります。そのため、自分で原因を特定して、何とかして動かしたいと思ってしまいがちです。

しかし、詳しく分からずに機械に触るのは危険です。例えば、エンジンルームで最も危険なのがベルト類ですが、もし巻き込まれたら、ただのケガでは済まない場合さえあります。

日常の点検が故障を減らす近道と覚えて、日頃から車の状態を管理出来るように心がけましょう。

■こちらの記事もおすすめ!

愛車を大事に乗りたい人必見!長持ちさせる大事なコツ【基本編】

バッテリーに負担をかけるNG行為5選~突然のバッテリー上がりを予防しよう!~

車のバッテリーの交換時期や頻度って?費用の相場や自分でやる手順も紹介!

 

  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
  • 車で楽しく夏の思い出づくり特集!
この記事を書いたユーザー
今乗っている車種:MINI…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。