CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

失敗しない中古車選び!最低限抑えたい簡単チェックポイント4選

失敗しない中古車選び!最低限抑えたい簡単チェックポイント4選

車は多くの人にとって、家の次に高い買い物になると思います。たとえ中古車であっても、やはり安くはない買い物です。しかも日常的に使う物なので、その使い勝手も買った後の生活を左右する重要なポイントになります。 ここでは、車自体の簡単にできるチェック方法をご紹介します。車の耐久性も補修技術も年々上がっているので、車の状態の良し悪しを判断するのは、実は専門家にも難しい場合が多いです。そのため私たちが比較して判断するのは至難の業です。しかし、それでも中古車を選ぶための判断基準はあります。そこで、失敗しないための選び方を、判断方法と合わせて解説していきます。

今乗っている車種:MINI…

  • 20

  • 454

  • 最終更新日:2016-12-6 / 投稿日:2016-7-7

先ずは「ライフスタイル」と「予算」をチェック

車を買う上で重要な基準は、その車を使ってどんな風に生活するかです。これは、家やマンションを買うのと同じです。

  • 何人乗るのか(何人で暮らすのか)
  • 人数は増えるのか

を考えてみましょう。部屋の間取りや動線の様に、車の乗り降りの仕方や、乗員の位置と荷物の配置など、使い方をはっきり出来ないと、買った後に修繕や加工が必要になり、なかなか満足できる使い方は出来ません。

何年くらい乗る予定なのかもイメージしよう

また、購入した車を売却する予定が有るか無いかでも、選ぶ基準が変わります。不人気色は安く購入できても、売却額も安いですし、新車から5年経過した車を5年乗る予定なら、5年後の売却時にはほとんど値段は付きません。

現金?ローン?支払い方法もイメージしよう

それから、現金で購入するのか、銀行でローンを組むのか、販売店でローンを組むのかによっても、予算が変わってきます。ローンで購入する場合には、その返済は最初に金利分の負担が大きく、後に行くほど小さくなる計算あので、途中で買い替える可能性があるなら、元本がどの程度残るかを予測しないと、後々の負担になります。そして、維持費の税金や保険も計画の中に入れて考えましょう。

車をチェックする前に「お店」を細かくチェック

車の良し悪しを、車を舐め回すほど見てみても、実際の車の状態を全て把握する事は、素人には至難の業です。だからこそ、中古車査定士を雇った中古車販売業が、お店として成立するのです。そうでなければ、個人で売買する市場が自然に発展して来たはずです。しかし、中古車販売店も商売で中古車を売っていますから、お客さんから沢山のお金を引き出したいのが本音です。この点で、中古車販売店の見極めが重要になります。

先ずは、お店がキレイかチェック!

事務所が雑然としている、トイレが汚い、展示スペースにゴミや部品が置いてあるようなら、車の扱いも「それなり」です。

次に従業員の身なりや態度をチェック!

 

平身低頭も横柄・高圧的も、良い車を扱っているならしません。例えば、ブランド店などはいくらアウトレット店であっても、店員は丁寧な態度でありながら、商品自体を把握しているので卑屈な売り込みはしません。どの部分がアウトレット品になった原因かを説明して、商品としての価値も説明します。それと同じで、良い中古車を扱っているなら、店員は自信をもって仕事をしています。お店と従業員のチェックが、商品の裏付けの一つになるのです。

 

「諸経費」を細かくチェックしてみよう

中古車販売店で見積もりをもらうと、車輌本体価格とは別に諸費用(又は諸経費)が入っている場合が多いです。この諸費用の中身が問題になる場合があります。
一般的に、諸費用には、

  • 登録手数料、車庫証明申請代行料、納車費用、法定諸費用として登録に必要な印紙代、車庫証明申請証紙代、ナンバー代

などがかかります。

そして、車検が無い場合に、

  • 自賠責保険、重量税、検査印紙代、年式の新しい車には取得税

がかかります。その他、年度途中の場合に、3月末までの残月数割りで自動車税がかかる場合もあります。
これ以外の項目がある場合は、明細を出してもらいましょう。そして、それらの中身が、整備費、テスト走行費、納車準備費用、など不明瞭な物の場合は詳しく説明してもらいましょう。

「自社工場」のあるお店が整備もできるとは限らないので注意

 

 

これらの整備関係を請求される場合に多いのが、「自社工場」がある事を売りにしている販売店です。しかし、その工場が「認証工場」又は「指定工場」かどうかを確認して下さい。そうでない場合は、「保証」のある整備はしてもらえません。また、販売店の保証やアフターサービスがある場合、それらは利用価値がありますが、あまり遠方のお店や工場だと、レッカー代などが別にかかる場合が多いので要注意です。

 

良いお店を見つけたら最後は「車」のチェック

 

 

信頼できるお店を探したら、最後はお目当ての車の確認をしていきましょう。

「目で見て」ある程度判断できる6つのポイント

 

  1. キズや歪みがないか、ボンネットやドアやトランクルームなどの開閉部分の隙間が左右均等か
  2. エンジンルームが綺麗か(油が固まっていないか、蜘蛛の巣などが張っていないか)
  3. ドアやボンネットなど開閉部分がスムーズに動くか(引っかかりがないか)
  4. コンディションノートがあるか、整備記録簿がありきちんと記載されているか
  5. 4.に記載されている内容と、走行距離数が合っているか
  6. 運転席が異常にヘタっていないか

上記、1.3.は事故に遭っている車は歪んでいるので、開閉部分に歪みが出ます。2.4.はマメに整備していた場合はエンジンルームを触るので蜘蛛の巣は張りませんし、整備記録も記載されています。5.6.は運転席がヘタっていて走行距離が短い場合、メーター戻しの可能性があります。

次に、「エンジンをかけてみて」確認できる2つのポイント

  1. エンジンがスムーズにかかるか、カラカラ、キュルキュル音がしないか
  2. 排気ガスが黒や、青や、濃い白でないか

最後に「試乗して」確認できる4つのポイント

  1. ハンドルが触れたり、直線でハンドルから手を放して真っ直ぐ走るか
  2. アクセルを踏んだ時、ガクッとならないか、スムーズに加速するか
  3. ブレーキはスムーズに効くか
  4. 車体のどこかからゴトゴト音がしないか

以上を確認し、納得の行く車を選びましょう。

「とりあえずの1台」を決めたら複数店舗で比較がおすすめ

解説した中古車とお店選びは、とりあえずの1台を決める、最低限しておいた方が良い方法です。しかし、時間が許すならば、別のお店で同じ車種を試乗してみると、なお納得の行く中古車を探す事が出来ます。そして、複数の車を試乗することで、見る目が養えるため、更に失敗しない方法を身に着けていく事が出来ると思います。より良い中古車に出会い、満足の行くカーライフを送りましょう。

  • 夏の車メンテナンス特集!
  • 車の梅雨のお悩み対策特集
この記事を書いたユーザー
今乗っている車種:MINI…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。