CLUCTH(クラッチ)

もっとクルマが好きになる
カーライフ情報メディア

【体験談】実際に価格アップに成功した車の買取・下取り価格値上げ交渉のテクニック!

【体験談】実際に価格アップに成功した車の買取・下取り価格値上げ交渉のテクニック!

車を売るときに値上げ交渉をしたことありますか? 車を買うときに値下げ交渉をする人は多くいますが、値上げ交渉は気がひけたり、恥ずかしいなどの理由でしない人がほとんどではないでしょうか。実は車の売却でも交渉することは何の問題もありません。うまく値上げ交渉することで、思ったより高値で買い取ってもらえるものなのです。私の体験で得た「車を売るときの値上げ交渉テクニック」を詳しくご紹介します。

免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入…

  • 5
  • 19
  • 最終更新日:2018-8-24 / 投稿日:2018-8-23

車の買取や下取りで値上げ交渉をしてもいいの?

新車や中古車を購入する際に、値下げ交渉をしたことがあるという方は多いですよね。

実際に自分で値引き交渉をしていなくても「どのくらい値引きしてもらった」と言う話は聞いたことがあるのではないでしょうか?

あるいは、車の本体価格を値引きしてもらわなくても、オプションのサービスや、スタッドレスタイヤなど特典を付けてもらったりもありますよね。

では、車を売るときはどうでしょう。

買取や下取りの価格について値上げの交渉をしていますか?

多くの方が最初に提示された査定見積もり金額のまま、値上げ交渉せずに売ってしまうのではないでしょうか。

実は中古車の値段は、買取る業者によって違いがあるものです。

車を売る時にはぜひ値上げ交渉をしましょう。

交渉をして、できるだけ高値で車を買い取ってもらえるようにチャレンジしてみませんか?

実際の交渉はどのようにするのか、私の経験をもとに具体的に紹介していきますね。

■わたしも売却価格の値上げ交渉ができるとは知らなかった

私が初めて車を売ろうと思ったのは新車を購入する時でした。

車を購入する時の値下げ交渉は、できるだけ安く購入したいと思っていましたので、事前にいろいろと調べたりと準備をしていました。

それなのに、手放す車を売ることに関しては特に調べもせずに、買取業者から言われるがままの金額で売ってしまったのです。

そもそも車を売る時の金額を値上げする交渉ができるなんて思いつきもしなかったのです。

車を売った後に、車に詳しい友人に話したとところ「あの車だったらもっと高く売れたんじゃない?もったいない。」と言われました。

調べてみると、最低でもあと10万円は高く売れていることがわかり、値上げできたかもしれないことをとても後悔したのです。

体験や調査した結果わかった「値上げ交渉のテクニック」とは

最初の失敗をもとに、2台目の車を売る時には調べたり、1回目の買取業者の様子を思い出しながら、色々高く売る工夫をしてみました。

その経験から、車を売る時の価格は本当に交渉はできるのか・どのように値上げ交渉していけばいいのか手順をご紹介します。

はじめに:飛び込みで「車買取」の看板の店に行かない

車を買い取ってもらおうと、買取店へ行くものだと思いがちです。

でも、何の下調べも無く買取店へ行ってはダメです。

ある程度、いくつかの買取店で「この車がいくらで売れるのか」を知ってからにしましょう。

その車の売却金額の相場感がわからないと損をするからです。

妥当な金額を知らないと、買取店で付けられた金額が相場より低くてもその事実に気づけないので迷わず売ってしまう人が多いものです。

査定の前に:買取業者に電話で問い合わせをする

車を売ると決めたら、まずは買取店に電話しましょう。

ここで一番重要なことは、自分の情報は最低限のものだけ出すようにしてください。

  • どれぐらいの他の店に連絡しているのか
  • ディーラーで下取り額を聞いているのか
  • いくらで売りたいと思っているのか

このような情報はできるだけ回答しない、またはわからないと伝えてください。

代わりにこちらからは『車の概算価格を聞く』ことを実施しましょう。

年式・型式・走行距離・グレードを聞かれることが多いかと思うので、電話の相手から査定金額を聞き出してください。

ただし、買取業者は概算価格を簡単には教えてくれません。

ほとんどの場合、「車を見てからでないと…」と言われます。

この時点で、出張査定をさせて下さいと買取業者のほうから言われることがありますので、概算を聞きつつ査定日程については追って連絡をすると伝えてみて下さい。

いくつかの買取業者に連絡を入れると、各社の概算金額がわかります。

この概算金額の情報は交渉時の資料としてメモしておきましょう。

実際に2.3社査定を受ける

電話によるヒアリングで買取価格の概算が高い2,3店舗まで絞ったら、実際に車を査定してもらいます。

そこで重要なことは、絶対にその場で契約をしないことです。

たとえ「日にちが経つと価格が下がる」や「今日契約してくれたら、〇〇円にします」と言われても断りましょう。

たしかに車によっては数日程度で大幅に価格が下がるタイミングもあるかもしれません。

それでも、2-3日程度検討する期間をもらっても変更が無い価格を出してもらいましょう。

他社で提示された概算価格を言ってはダメ

また、他社で提示された価格や希望の売却価格も言わないで下さい。

査定時には「他社さんは、どのような金額を提示されましたか?」などと聞かれることがあります。

車の売り主が他の店と比較しているのか?などの探りを入れてきます。

この時に他社で出された概算価格や査定見積もり金額を言ってはダメです。

買取業者は、できるだけ安く買い取りたいのは間違いありません。

買取店は「他社よりは少しだけ高くて、しかも自社内の許容範囲の中でなるべく低い価格で買い取りたい」ので、このような質問をしてきますが、価格は言わないようにしましょう。

希望金額を言わないと長居される可能性も・・・!

買取店によっては、売り主の希望金額を聞いてからで無いと、なかなか査定金額を出さないこともあります。

その場合、査定が終わったあとの時間がとても長くなって時間がもったいないです。

買取業者があまりに金額を言わずに、時間だけが過ぎるようでしたら「ちょっと高めかな?」という金額でも伝えてみましょう

電話でヒアリングしていた各社の概算価格から5万~10万円をプラスした金額で伝えてみてもいいかもしれません。

高めかなと思える金額でも、実際に買取店がそれ以上の金額を提示してくれればラッキーですし、「全くその金額で買ってくれる様子も無さそう」と見えても、一旦相手の様子をうかがうことができます。

最後に値上げ交渉をする

すべての買取店で車の査定が終了したら、価格が一番安い店舗へ連絡します。

「他の買取店で御社より高い価格を提示されました。改めて金額を教えていただけますか?」と聞きます。

この質問をすべての店に聞いてみてください。

そうすることで「あの見積額が限界です」という買取店や、「ちょっと上司に相談して折り返します」など、買取店によって様々な反応を聞くことができます。

その最終的な価格をもって売りたい買取業者に売却をする旨を伝えましょう。

値上げ交渉は段取りをして計画的にすすめましょう!

  1. 「希望価格」「他社で提示された金額」を絶対に伝えないことを意識する。
  2. その場で契約をしない
  3. 複数の買取店に見積もりを出してもらう

この3つのことを守って最後に買取店と交渉をする度胸をもって車の売却を計画的にすすめれば、きっと車を高く売ることが出来るでしょう。

1円でも高く買い取ってもらい、新たに購入する車の資金にして下さいね。

でも…正直、値上げの交渉は難しそう・面倒!と感じた方へ

『希望価格』『他社で提示された金額』を絶対に言わず、「最終的な段階では他社の価格を伝えて値上げを交渉」することができれば車を高く買い取ってもらえる可能性は高いです。

しかし、この方法の場合、交渉するために何社かの買取業者とのやり取りが必須です。

車を1円でも高く売りたいという方は、多少手間でも・そして堂々と「他社との競争をあおるような情報を使って」値上げの交渉をしましょう。

ただ、このやり方にはちょっとデメリットがありますよね。

  1. 買い取ってくれそうな買取店を探すことや電話をたくさんかける手間
  2. プロを相手に「聞かれた質問に答えない」など難易度の高い対応が求められる

この2つがデメリットになるのではないでしょうか。

①の買取店を探す手間に関しては、車一括査定サービスを使うことで解決できます。

1つのサイトで申し込むだけで、買取を希望する業者から連絡が来る」という仕組みの一括査定サービスは、大変便利なため、多くの人が利用しています。

ただ、この一括査定サービスの難点として「電話が鬼のように来てしまう場合がある」という点があげられます。

どれほど電話が来るのか、またその電話を止める方法についてはこちらの記事で紹介しています。

これで解決!車一括査定のしつこい電話を止める3つの方法

 

②の、プロを相手に「他社の金額と競わせて価格を上げる交渉をする」

という技は、初心者にとってはなんだかとても難しそうですよね。。

そこで、自分が交渉をしなくても、競争の原理で車の価格が勝手にどんどんアップする「オークション形式の買取サービス」が登場しました。

オークション形式の買取サービスのカープライスを利用して車を出品すれば、1000社もの買取業者が、あなたの車に入札を行って売却金額が決まります。

オークションといっても、私達がやることは、カープライスに申し込んでオークション出品のための検査(査定)に立ち会うだけです。

オークション出品も、売れたあとの車の輸送もすべてカープライスがやってくれるので、驚くほど簡単に高く車を売ることができてしまう画期的な仕組みのサービスです。

あまり馴染みのないシステムなので、カープライスの仕組みについてよりわかりやすく詳しく調査したものを記事にしました

初めての車買取!知識ゼロ…そんな私でも簡単に高く売れそうな「カープライス」調査まとめ

車を売るのが初めてで、交渉がうまく出来なそう・面倒臭さそう。。。

という方はこうした「オークション形式の車買取サービス」を利用して車を高く売ることもひとつの手段かと思いますよ。

■こちらの記事もオススメです

知らないと損!損しないで車を高く売るためにこれだけは知っておきたい注意点7つ

車のマイナーチェンジとフルモデルチェンジの違いとは?売る・買うならモデルチェンジ前後、どっちがいいの?

査定見積り1社で車の売却先を決めるのは絶対NG!見積りで失敗しない2つのコツを紹介!

 

今までありがとう!愛車を売る前にしておきたい【お別れの儀式】5選

 

 

 

 

 

 

カープライスを利用する際の注意点・デメリットはある?その対策は?

 

 

 

  • 秋の愛車リフレッシュ特集!酷使されて夏バテ気味の車…メンテナンスをして故障・事故を防ごう!
  • 中古車の賢い選び方特集~理想の中古車がみつかるのは、ディーラー?中古車販売店?オークション?~
この記事を書いたユーザー
免許取得歴:6年 今乗っている車種:MINI クロスオーバー クーパーS(新車で購入) 車に対する思い:免許を取るまでは全く車に興味がなかったですが免許を取り、車を運転する楽しさを知ってからは、暇さえあればドライブと洗車をする日々を送っています! 自己紹介:ドライブや洗車が好きなの…

このあとによく読まれている記事

タイヤ代を節約!店頭購入の1/4の価格になるかも!PR
使わないタイヤの保管場所にお悩みの方へ!PR
料理、温泉、おもてなし…クチコミ人気宿ランキングPR

クラッチのカテゴリー一覧

当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に相談されることを推奨いたします。