車の売却・買取査定で得する情報サイト

トヨタのヴァンガード(vanguard)2020年7月時点下取価格と買取査定相場

トヨタのヴァンガード下取価格検索・買取査定相場

車の価格を、個人情報の入力無しで 車種と年式 だけでお調べいただけます。
年式選択・グレード・駆動方式で絞り込んでさらに詳しく調べることが出来るシステムです。

トヨタ ヴァンガード 年式の下取参考価格

申し訳ございません。現在システム改修中の為、ご利用いただけません。

車一括査定サイトの各社の評判をチェック

ヴァンガードの買取相場は?

トヨタ ヴァンガードの下取価格の相場は、年式が古くなってもそれほど大きな差はありません。
2012年に販売が終了していますが、初代が販売された2007年モデルのものでも、60万円程で買い取ってもらえる車種も存在します。
もちろんグレードによりますから、10万円程買取価格に差があるものもあります。
販売が終了した後のモデルは、100万円前後になるものも多数ありますから、売却を狙うならやはり一番最新のものが良いでしょう。
2016年1月現在

ヴァンガードの査定のポイント

トヨタ ヴァンガードは、全体的に良好な状態で買取が可能です。多少のキズやヘコミはありますが、走行に支障はなく、最終モデルのものでも安心して乗ることができるでしょう。
また価格も安定しているので、よほどのことがない限り比較的良い価格で買い取ってもらえます。

『アクティブ&ラグジュアリー』『高級クロスオーバーSUV』などをコンセプトにしているため、上質さは外観にもにじみ出ています。
そのため査定のポイントは、エクステリアの場合内外装のキズやヘコミです。また、ボディの色やヘッドライトなども関係してくるでしょう。
ですから、これらが良い状態であれば査定額アップも期待できます。
インテリアの場合、普段の乗り方が出る場所です。車内もこまめに綺麗にしておきましょう。
ヴァンガードのようなSUVは、レジャーで使用される方も多いでしょう。
特にラゲージの傷みに注意し、タイや周辺を荷物などで擦ってしまわないように気をつけてください。

ヴァンガードの特徴

トヨタ ヴァンガードは2007年に登場したクロスオーバーSUVです。
アクティブ&ラグジュアリー、高給クロスオーバーSUVをコンセプトにしており、コンセプトのとおり豪華な装飾が特徴になります。
また高級感は装飾以外にも質や機能、装備などにも表れています。
2013年に生産・販売が終了していますが、現在もなお人気を呼んでるモデルです。
残念ながらモデルチェンジなく初代のみで販売が終了してしまいましたが、安定した走りは多くの人から指示されています。カローラ店におけるSUV車は、ヴァンガードが終了してからC-HRが販売されるまで途絶えていましたが、現在は復活しています。
後継車は3代目ハリアー。
売れ筋カラーはブラックが断トツの1位です。