トヨタのパッソ(passo)2017年10月時点下取価格と買取査定相場

下取り価格検索

下取り価格検索

車が今いくらで売れるのか?このサイトでは、今車を下取りに出した場合の参考価格を個人情報を入力しなくても、簡単に調べる事が出来ます

トヨタ パッソ 2016年式の下取参考価格

グレード 型式 2WD/4WD 排気量 下取り参考価格
  • ※上記の価格は、カーディーラーに車下取した場合の参考価格です。
  • ※検索結果で得られる下取参考価格のデータは、定期的に更新されますので、実際の下取・買取価格は実車の査定によって大きく変動します。
注目

車を高く売る為の情報として「売却価格相場」が大事だと聞くことがあります

お車の下取り価格がわかったら、次は売り方選び!

満足度100%の売り方をチェック!

「車の価格相場の情報」「査定のポイント」を知ったらさっそく、査定依頼へ!

厳選買取査定サイト特徴・評判 から選べます

パッソの買取相場は?

トヨタのパッソは、最初のモデルが発売されてから、12年を経過しているロングセラーです。
下取価格を検索してみると、グレードや年式によっては下取価格が確認出来ないものも多く見られます。

100万円を切る低価格な小型車で、女性に圧倒的に人気のトヨタのパッソの買取・下取り価格相場を見ますと、買い換えポイントの3年落ちの1.0+Hana27.7万円~37.8万円と、新車価格の35%前後です。
5年落ちになると査定額は新車の25%を切ってきます。これは小型大衆車の通例で、買い替えは早めのタイミングがお得になります。
もちろんグレードやモデルチェンジによっても査定は変わりますので、日頃からパッソの買取相場をチェックしておくと良いでしょう。

モデルチェンジも、グレードの種類も多いので買取相場の変動も多く見られる車です。
例えば2005年に改良され電子カードキーが防水になっています。
そこから更にマイナーチェンジされ一部を除いてデザインが変更され、「X」シリーズには電動格納式リモコンミラーや「FPackage」「Racy」シリーズにはサイドターンランプ付き電動格納式リモコンミラーが標準採用されました。

2008年には7人乗りの「パッソセッテ」が発売され2009年には特別仕様車「Xirodori」も発売され様々なシリーズで展開しています。
また、2016年に今までの女性向けデザインから、シンプルで男性にも指示されるような外見になっていて、競合する車の多い2015年以前の年式のものは相場も低めに変わっています。
売却のタイミングは早めに相談したほうが良いでしょう。

パッソの査定のポイント

最新のモデルではガソリン車での燃費の良さには定評があるので、コンパクトカーの中でも長く人気の車種です。
定期的な点検をしている車は査定でも評価が高くなるでしょう。
パッソはトヨタとダイハツの共同開発車です。主に5人乗りの小型ハッチバックで女性をターゲットとしたデザインを採用しています。
車体の色も豊富なカラーバリエーションが15種類以上あります。
買取では定番の黒や白が人気ですが、パッソのイメージカラーはというと発売当初から赤系のためか、新型のものも赤系メタリックが人気があると言われていて査定でもボディカラーはポイントのひとつとなるでしょう。
また、パッソは低価格ですが値引きにも積極的で安く新車で買う方も多いのが特徴と言えるでしょう。
その為価格が安い為査定額も低くなりがちです。

パッソの特徴

パッソは排気量が1.3Lと1.0Lのモデルがあり、1.0Lが人気です。

走りにこだわる人には物足りないですが普段の買い物程度であれば十分の走りで、TVのコマーシャルも街乗りのイメージが印象的でした。
トヨタは軽自動車を扱わないメーカーという戦略の中、当時「プチトヨタ」として発売されたパッソは人気を呼びました。
軽自動車では安全面で不安という方に、安くてもトヨタ車という安心感から人気があります。

パッソは他社のガソリン車で排気量が同じものと比べてもトップクラスの燃費性能で、乗用車でコンパクトカーとしては価格も安いのが魅力です。小回りが利き、外装、内装も女性向きの可愛らしい車としてデビューしています。
ダイハツとの共同で制作した車で、コラムシフトやフットパーキングブレーキの採用で運転席と助手席の間がスッキリ広々としています。ダッシュボードには小物を収納できるスペースもあり、女性に嬉しい仕様になっています。軽自動車同様の小回りの良さで女性も運転し易いのも魅力です。

パッソの口コミは?
・小さな車ですが、しっかりと走り、小回りも利いて狭い道もスムーズです
・荷台スペースにワンちゃんスペースを作りワンちゃんとのドライブも楽しんでいます
・ハイブリッドではありませんが低燃費で低価格です

Pocket