トヨタのカローラアクシオ(corollaaxio)2017年9月時点下取価格と買取査定相場

下取り価格検索

下取り価格検索

車が今いくらで売れるのか?このサイトでは、今車を下取りに出した場合の参考価格を個人情報を入力しなくても、簡単に調べる事が出来ます

トヨタ カローラアクシオ 2016年式の下取参考価格

グレード 型式 2WD/4WD 排気量 下取り参考価格
  • ※上記の価格は、カーディーラーに車下取した場合の参考価格です。
  • ※検索結果で得られる下取参考価格のデータは、定期的に更新されますので、実際の下取・買取価格は実車の査定によって大きく変動します。
注目

車を高く売る為の情報として「売却価格相場」が大事だと聞くことがあります

お車の下取り価格がわかったら、次は売り方選び!

満足度100%の売り方をチェック!

「車の価格相場の情報」「査定のポイント」を知ったらさっそく、査定依頼へ!

厳選買取査定サイト特徴・評判 から選べます

カローラアクシオの買取相場は?

トヨタ・カローラは小型車なのにハイクラスのポテンシャルと居住性があり、かつ低燃費が人気の日本のファミリーカーですので、中古車人気も小型車のトップレベルです。
そのため、カローラは買取相場が安定していて、ある程度年落ちしていても下取り時には良い査定が付くメリットがあります。
そこで買い換えポイントとなる3年落ちの下取り相場は、例えばカローラアクシオ1.5Gでは66.1万円~76.2万円になっています。
これは新車価格の半額近くに相当し、小型車としてはかなりの高額査定になっています。(2017年現在)

カローラアクシオの査定のポイント

現在トヨタ・カローラには3種類のモデルあって、ファミリーユーズのアクシオは年式が新しいと高額査定が見込める車種です。
発売されて以来トヨタの人気車種のアクシオは現在10代目になります。現在の仕様ではバックモニターを兵十採用しており上質な内装が魅力でグレードも様々です。買取でも人気なのは1.8LのLUXEL(最上級車)や特別仕様車のX-HIDセレクション・Xスペシャルエディションなど年式や装備などで査定額も大きく変わるでしょう。
またフィールダーもルミオンもその点では同様で、年式が古くなると査定額の落ちる率が高くなるので買い替えは早いタイミングが良いでしょう。
ただしワゴンタイプであるフィールダーとルミオンは、専門店やファンの根強いところなど買取り先をしっかりと選ぶ事で査定をアップさせる事が可能です。

カローラアクシオの特徴

1996年に発売されてから小型乗用車で、最も歴史の深い車で現在10代目となります。
ほとんどの車が大型化していく中、アクシオは車幅1695mmという小型乗用車枠にこだわりを持っていて4ドアセダンを貫いています。
ネーミングが「アクシオ」でスポーツタイプもありましたが現在はファミリーに特化した車です。
カローラアクシオはコンパクトなボディと装備の充実が魅力です。女性でも運転し易く装備によっては高級感を出すことも可能です。

アクシオには1.5Lと1.3Lのガソリンモデルと1.5Lにモーターを組み合わせらハイブリッドモデルが選べます。かなりの低燃費が期待でき、1.3Lモデルで21km/L、1.5Lモデルで20km/Lと軽自動車の燃費を軽々と超えています。エコカー減税者対象車なので経済的です。新車で139万~ハイブリッドで209万~となります。

5ナンバーサイズはハッチバックカーが主流の中セダンのアクシオは貴重な存在です。エンジンやモーターバッテリー全てがコンパクトでアクシオ独自の取り回しの良さ、独立した室内空案と大きいトランクルームを確保しています。ハイブリッド車であることをあまり感じさせませんが、性能はかなり良く年齢性別問わず愛されるデザインが根強い人気の秘密と言えます。アクシオは身長の高い人でもゆったりと乗れる点から海外でも人気です。小回りが利くので狭い駐車場でも苦戦する事は少ないでしょう。ブレーキの利きも良く、ハンドルも軽めなので女性向の車としてもお勧めです。

カローラアクシオの口コミは?
・使い勝手も燃費も良い ・内装も高級感があります ・街乗りの車としては申し分ないです ・小回りが利くので狭い道も入っていける ・面テンスが少なくてすみます ・コンパクトなのに収納力もあり実用的です などがありました。

Pocket