車の売却・買取査定で得する情報サイト

スズキのパレット(palette)2018年12月時点下取価格と買取査定相場

スズキのパレット下取価格検索・買取査定相場

車の価格を、個人情報の入力無しで 車種と年式 だけでお調べいただけます。
年式選択・グレード・駆動方式で絞り込んでさらに詳しく調べることが出来るシステムです。

スズキ パレット 年式の下取参考価格

グレード 型式 2WD/4WD 排気量 下取り参考価格
  • ※上記の価格は、カーディーラーに車下取した場合の参考価格です。
  • ※検索結果で得られる下取参考価格のデータは、定期的に更新されますので、実際の下取・買取価格は実車の査定によって大きく変動します。

車一括査定サイトの各社の評判をチェック

パレットの買取相場は?

パレットの買取相場としては、3年落ちのリミテッド2で42.9万円~53万円の下取り価格になっています。
さらにパーワーレシオの高いターボエンジンを搭載車は、下取りでも高額査定が可能です。
また2008年式の初期モデルでも10万円~25万円といった高額査定になっていますので、長く乗っても損のないブランドだと言えるでしょう。(2017年現在)
このページではパレットの下取価格を、年式やグレードで詳細に調べる事ができます。
無料で、個人情報の入力をする事なく簡単に検索出来るので利用してみましょう。

パレットは室内の広い、積載量の大きなゆったりタイプの軽自動車で、エコドライブインジケーターによる低燃費走行もメリットな使い勝手の良さが女性に人気の車種です。
中古車購買層にとって室内の臭いはマイナスのポイントになるので注意しましょう。
ナビ、ETC、バックモニター装備で走行距離が少ないと高額買取も期待できます。
買取価格は多くの場合下取り価格よりも高値になる事があります。

パレットの査定のポイント

スズキのパレットは広い室内空間を自由に使いこなせる点が魅力で、室内インテリアのオプションにこだわったものが高額査定になりやすいでしょう。
もちろん室内が清潔でタバコの臭いなどが無い方が好まれます。
また新しいモデルではアイドリングストップやエコドライブインジケーターが搭載されていて、このモデルの中古車市場は一律に高値が付いていて高額査定が期待できるでしょう。
定番色と言われるブラックとホワイトは高額査定のポイントになりますが、人気のオプションカラーは、パールホワイトとミステリアスバイオレットパールで人気色は更に査定ポイントだと言われています。
ノーマルよりもグレードが高いものが有利で最上級モデルの「TS」は両側電動スライドドアで上質な内装外装となっているので高査定のポイントになります。

パレットの特徴

最新モデルの特徴は、子供も乗り降りしやすいロングホイールベース化による広々室内長1365mm。後席両側スライドドアで開口部は580mmの低床プラットフォームで後席ダイブダウンシートを採用しています。軽ハイトワゴンでエンジンは直列3気筒。DOHC12バルブVVT(54馬力)を搭載、キーレスプッシュスタートや半ドア状態から自動で全壊してくれるスライドドアクローザーを装備したグレードのものや、アイドリングストップシステムを搭載した特別仕様車もあります。スズキパレットは、ダイハツタントと共にボンネット式の箱型軽自動車として新しいジャンルを確立しました。ダイハツタントとは同ジャンルのライバルとして比較される事が多いです。

パレットの魅力は、両側電動スライドドアや居住性が重視された内装で、質感や配置などシックな設計になっています。また、54PSの直3D CHC-VVTのNAエンジンと60PSのMターボエンジンで旧な登坂や高速道路ではターボが良いですし、普段使いのセカンドカーとしてならNAエンジンでも充分です。その他、乗っている人の口コミとして車の大きさがちょうどいい、プッシュスタートが便利、子供をのせて走りやすい、小回りが利いて主婦向き、デザインが可愛い、燃費もそこそこいい、荷物もたくさん載せれる、視野が広いなどがありました。