スズキ(suzuki)の車下取価格検索・買取査定情報

スズキ車下取価格検索・買取の特徴

スズキの下取参考価格や人気車種の買取に関する情報はコチラでご覧いただけます

スズキの下取り相場や買取価格の特徴は

「海外ニーズの高さが高額査定にもつながる」
スズキ車はトヨタ・日産・ホンダに次いで、世界での販売台数シェアが高くGMやフォードと競り合ってランキング10位に入る、世界的なニーズの高い自動車です。
価格や維持費がリーズナブルな軽自動車やコンパクトカーを多く持つスズキなので、中古車の人気ランキングでは ワゴンRやジムニー、ラパンなど10位の中に3車種ランクインする人気ぶりです。
中古車の市場では、ニーズが高まっても供給に限りがあるので、必然売却相場は高めになりやすい傾向があるのです。

スズキ車を高額で売却したいと考えたら、タイミングに加えて、例えば海外に販売網のある業者など、売却先選びが重要になってくるでしょう。
それを、看板で見分けるというのは中々難しいものです。
一括査定サイトの利用をする事で、効率よくスズキ車に高額な買取価格を提示してくれるところを探すとよいでしょう。

スズキ車査定のポイントは

ニーズが高く査定も高い車が多いと言われます。
スズキの人気車種にワゴンRがありますが、その査定相場は高いと定評です。
新車価格が140万円弱の2011年式・FXリミテッド(AT)の売却額が4年後の買取店への売却で60万円という実例があります。
走行距離が4万kmの4年落ち車でも42%以上の査定額は高めといえるでしょう。
下取では単純に年間30%づつ程度値段が落ちると言われていますので、4年落ち車だと30万円ほどになるでしょう。

もちろん高額査定を狙うには、愛車をキレイにする事やメンテナンスを丁寧に行う事も大事です。
スズキでは、スズキの車であれば15項目もの点検を無料で行ってくれるキャンペーンを実施していたりすることもあります。
アフターサービスも充実している特徴が見られますので、メンテナンスもこまめにできそうですね。

スズキの特徴

軽自動車といえばスズキといわれるくらい、スズキは自身のニュースリリースなどでも価格で勝負できる車を作る技術を貫いている企業だと発表しています。
業界の変化に企業も変化出来るようにと、トヨタとの連携を決定するなどさらに先進的な技術を他社と連携しすすめていくようになるでしょう。
そうなると、リーズナブルでかつ技術的にも新しいものを取り入れた新車が、スズキから発表されることも大いに期待できます。
新車の発表によっては、古いタイプの車に高額の査定がすくのが難しくなる場合もありますが、海外での人気も高いスズキ車であれば売却先を見定める事で高く売る事も可能でしょう。

特に軽自動車については、国内シェアの半分をダイハツと2社で担ってきた実績があります。
トヨタの傘下にダイハツが入った影響もあってか、シェアをダイハツに押され気味ではあります。
それでも、2010年以降、軽SUVという新しいジャンルを作ったとも言われる、「ハスラー」を発表したりと意欲的です。
ハスラーはマツダにOEMで「フレアクロスオーバー」という車種で発売されて人気を博していたりと、小型の車を中心にスズキの魅力的な車種バリエーションでその人気に陰りは見られません。

Pocket