三菱のeKワゴン(ekwagon)2017年10月時点下取価格と買取査定相場

下取り価格検索

下取り価格検索

車が今いくらで売れるのか?このサイトでは、今車を下取りに出した場合の参考価格を個人情報を入力しなくても、簡単に調べる事が出来ます

三菱 eKワゴン 2016年式の下取参考価格

グレード 型式 2WD/4WD 排気量 下取り参考価格
  • ※上記の価格は、カーディーラーに車下取した場合の参考価格です。
  • ※検索結果で得られる下取参考価格のデータは、定期的に更新されますので、実際の下取・買取価格は実車の査定によって大きく変動します。
注目

車を高く売る為の情報として「売却価格相場」が大事だと聞くことがあります

お車の下取り価格がわかったら、次は売り方選び!

満足度100%の売り方をチェック!

「車の価格相場の情報」「査定のポイント」を知ったらさっそく、査定依頼へ!

厳選買取査定サイト特徴・評判 から選べます

eKワゴンの買取相場は?

ekワゴンの下取り価格は一番の高値でグレードにより(2016年式)30万円~60万円の相場ですが、他の車同様に新車価格の半分程度から、1年ごとにおよそ5万~10万値が下がっていきます。中古では割と安く買えるといった口コミもあるほど購入時の価格も魅力だったのですが、燃費問題以降買い控えも見られる可能性もあるので買取を希望するところを探して売却する必要がありそうです。

eKワゴンの査定のポイント

購入層は男女比が半々というのがekワゴンの大きな特徴です。そんな中ekワゴンの人気色は「クールシルバー」とテーマカラーの「チェリーブラウンパール」の2色です。買取をする店舗によっては、人気色のほうが高額査定が付く可能性もありますので、査定のポイントになるでしょう。

eKワゴンの特徴

ekワゴンの特徴は?
三菱ekワゴンは現在3代目のモデルチェンジとなり、日産デイズとは姉妹車にあたります。スポーティーなイメージの外観が特徴的な軽です。運転席の高さを調整する事で体の大きな方や小さな方にも対応できます。アイドリングストップ機能を採用しており安全性能も十分です。

2014年には低速域での衝突低減ブレーキシステムシステムも全てのグレードに採用されました。デザインと安全性を兼ね備えたのがekワゴンの魅力であり、新型ekワゴンは20年ぶりにプラットフォームを一新し、ホイールベースを伸ばして広さを拡大しました。

カラーバリエーションは9色から選ぶ事が可能で、様々な方から愛されています。マイナーチェンジによりオートマチックハイビームが採用され約25km/h以上の走行時にハイビームとDビームの切り替えライトをロービームに自動的に切り替えます。運転に集中していても切り替え忘れる事がなくなるので便利ですね。

ekワゴンの省エネ機能には独自の工夫があり、減速、停止、再スタートを制御する機能です。信号待ちなどで頻繁に行われますが減速から再スタートまでのエネルギーを有効活用します。この機能が搭載されたモデルは減速時のエネルギーを回生し、アシストバッテリーに充電します。再スタート時には電装品にエンジン発電機の負担を減らすことで燃費を向上させています。停止中は自動的にエンジンを停止するので、無駄なガソリンの消費を回避する事が可能です。ekワゴンの場合、時速約13km/hでエンジンを停止するので他社よりガソリンを節約出来ると言われています。

ekワゴンの口コミは?
・加速力があり、天井高が高いです ・中古では割と安く買えます ・高速での走行も安定感があります ・収納スペースも充実していて使い勝手がいいです ・エンジンが静かで視界が広く小回りも利きます ・年式が古くても燃費が良くてデザインも可愛い ・乗り降りも楽です ・坂道もスイスイ上ります

Pocket