車の売却・買取査定で得する情報サイト

いすゞのビッグホーン(bighorn)2020年7月時点下取価格と買取査定相場

いすゞのビッグホーン下取価格検索・買取査定相場

車の価格を、個人情報の入力無しで 車種と年式 だけでお調べいただけます。
年式選択・グレード・駆動方式で絞り込んでさらに詳しく調べることが出来るシステムです。

いすゞ ビッグホーン 年式の下取参考価格

申し訳ございません。現在システム改修中の為、ご利用いただけません。

車一括査定サイトの各社の評判をチェック

ビッグホーンの買取相場は?

ビックホーンは2002年から製造が中止となっていますが、タフさでアウトドア志向の方や、雪の多い地域や海外で人気があります。
下取り相場は2002年式で12万円ほどになりますが、中古車は130万円ほどで流通しているものもあるので買取であればもっと高く買取るところもあるでしょう。

ビッグホーンの査定のポイント

国内では中々買い手がいない場合であっても、SUVを得意とする買取店や特に海外に販路を持つ車屋であれば、査定はつく場合があります。丁寧に乗れば燃費がいいという口コミもあるので定期的な点検をすることも高額査定のポイントになってくるでしょう。

ビッグホーンの特徴

ビックホーンは、1981年にいすゞのSUVとして発売されました。日本でのSUVの草分け的存在ですが、後発の同様の車に人気を持っていかれたという印象があります。国内で製造中止になった後もゼネラル・モーターズグループ向けの輸出専用としては製造しつづけられたりと、とくに中米など海外を中心に人気がありました。
発売から10年でカーオブザイヤーのノミネートと、名実ともに実績を残してきて、その後20年はモデルチェンジで改良を行いながら、進化し続けてきました。
口コミでも、乗り心地や、雪道や悪路での安定した走りが評価されています。