車の売却・買取査定で得する情報サイト

法定12ヶ月点検を受けている車が高く売れる条件とは

法定12ヶ月点検を受けている車は高額査定?

 

この記事は2017年11月に執筆/2018年1月に更新しました。

 

車を買った、カーディーラーや中古車販売店から

「6ヶ月点検のお知らせ」や「法定12ヶ月点検のお知らせ」のハガキが来ることがあります。

国土交通省のホームページによると、法定点検は義務とする記載がみつかります。

 

法定点検は自家用乗用車に関して

1年ごと26項目・2年ごと56項目による法定点検を受ける「義務」が自動車のオーナーに発生します。

 

さらに詳しく調べてみると次のことがわかります。

・自分で点検してもOK

・実際には大掛かりな点検・整備になるので専門的な知識・技術必要

 

そのためか、通常は通常整備工場やディーラーなどに持ち込んで、専門家による点検・整備を実施する人が多いようです。

点検の料金に関して、その相場は1万円~数万円ほどのようです。

 

法定点検を受けていた車は高く売れるのか

お金をかけてきちんと整備していた車です。

「法定点検を受けた車のほうが査定に有利かどうか」

気になるところでしょう。

 

 

 

 

 

 

多くの買取査定店・車一括査定サイトの「高額査定のコツやテクニック」には

 

法定点検を受けた車は査定に◎

さらに、点検整備記録簿があって消耗品が古く無いと査定でプラス

 

ということが紹介されています。

また、

 

点検整備記録簿が無いとマイナス査定になります。

 

との記載が多く見られます。

 

法定点検を行った場合、その情報は点検整備記録簿に記載されます。

 

記録簿があると「メンテナンスをきちんと行っている車」という印象もあり、

実際にも新しく交換された消耗品の車、ということで査定もアップするのでしょう。

 

点検整備記録簿どんなもの?

いわば自動車のカルテのようなもので、メンテナンスをする際の貴重な情報源となります。
点検整備記録簿にはいつどのパーツを交換したかなどの情報も含まれています。

 

そして、消耗品を定期的に交換しているという記録が残っている車は、

査定を受けるにあたってプラスに評価されるようです。

この記録簿は自動車に備え付ける決まりになっていて、1年点検の場合2年間は保存することとルールが設けられています。

 

【結論】

・法定点検を受けている車

・メンテナンスされている

・「点検整備記録簿」が残っている

この三つの条件を満たしている車は査定で有利

 

車を高く売りたい方へ

車は見積を比較することで、高く売ることが出来ます。

 

当サイトでは車一括査定サイトなどを利用して、1番高く査定金額を出してくれる買取店を比較することをおすすめします。

 

 

 

 車検を通すと高額査定がつくか?

法定12ヶ月点検とまちがいがちの、車検についてはどうでしょう?

 

新車は最初3年・中古車や2回目以降の新車は2年に1回のタイミングで必ず車検を出さないといけません

 

この車検が近づいてくると、「車を買い替えようか」と思う人もいるでしょう。

そうなると、車検前と後、どちらのタイミングで売却するのがいいのか迷う人もいるはずです。

 

確かに車検を受けている車の方が車検切れ間近または車検切れの車と比較して査定金額は上回る場合は多いそうです。

ただし、車検にかかる費用も高額なので「車検の費用」と「車検無しの車よりも高く付けてくれるという金額」を比べて総額としてはどちらが得するのか?気になるところです。

 

査定前に車検を受けようかと迷っている方はこちらの記事も合わせて読んでみて下さい。

車は車検前に売るほうが得をするって本当?

 

車検切れの車を売却する際の費用面での注意点:

売却を決めると、車検切れなので公道を走れません。

そのため、積載車が必要だったり仮ナンバーを発行してもらう為その分の費用が必要になります。

 

余計な費用をかけずにすむように

車検が近づいたら、切れる前に車を売却することをおすすめします。

 

法定12ヶ月点検と車検の違い・受けない場合の罰則

12ヶ月で行う点検というと、車検とはどのように違うのか?

と疑問に思います。

 

法定点検とは

 

法定点検の実施は法律で定められている

(道路運送車両法の第48条で定期点検整備という項目)

この道路運送車両法の中に、点検をしていないことでの罰則に関する記載は無い。

 

車検は

「車検」を受けておらずに、車検が切れた車を公道で走らせた場合「道路運送車両法違反」になる。

 

こうしてみても、法定点検と車検は明らかに違いがあります。

 

法定点検は

車の状態をチェックする「点検」で、実施していなくても罰則は無い

 

これに対して

 

車検は

車の検査の意味で、車が公道を走っていいかどうか国が確認をして許可をする「制度」

 

高額査定になる車「お手入れ・整備編」は他にも…

・傷やヘコミのある車の査定額を上げるには

・車売る時のガソリンはどうするべき?車内は清掃すべき?

・車についたタバコの臭いはマイナス査定?