車の売却・買取査定で得する情報サイト

故障車・不動車・古い車を高く売る方法

故障車・不動車・古い車を高く売る方法

 

「あちこち故障していそう」「エンジンがかからないから、ずっと乗っていない」

売りたいと思ってはいるけど、値段がつかなそう。

とあきらめている車でも、買い取ってもらえる可能性があります。

 

値段がつかなそうという車をどうやったら売る事が出来るのか、ケース別にご紹介します。

 

【ケース1】査定をしてもらったら事故歴があると言われた

カーディーラーや、買取店によっては「事故車であれば無条件に0円・場合によっては費用も負担して廃車」と言われてしまうことがあります。

 

その場合、むりに下取りに出さずまずは一括査定をしてみましょう。

他の買取店では値段がつくかもしれません。

 

0円と査定された車を査定依頼するのにおすすめの車一括査定サイトは「カーセンサー」です

理由は?

・参加買取店が一番多いサイト

・詳細に条件を入れることの出来るサイト

 

カーセンサーで査定をしてもなお、事故車だから買い取れないと言われたら・・・

事故車を買い取ってくれるサービスに依頼すると値段をつけてもらえる場合があります。

 

 

 

【ケース2】低年式だから・過走行だから値段がつかないと言われた、動かない車

日本では、長く走った車や古い車は値段がつかない場合であっても、日本車の人気の高い海外に販売ルートを持つような企業であれば買い取ってくれる場合があります。

 

古い車でもあきらめずに、廃車買取サービスにも問い合わせてみましょう。

 

 

【ケース3】ローン残債のある車も売ることができる?

車は売りたいけれど、まだローンが残っている。

そんな場合には残債買取りのサービスがある買取店に売ることができます。

 

ローンの残っている車を売る「残債買取り」

 

【ケース4】車検切れの車は売ることができる?

車検が切れていると公道が走れません。また、車検を通すのに費用もかかります。

車検切れの車も、売ることが出来ます。ただし、コツを知らないと余計な費用がかかってしまいます。

 

どうしたら、車検切れの車を費用をかけずに売ることが出来るのか?

 

【ケース5】リース契約の車は売ることができる?

リース契約では、車は所有者が自分ではありません。

ただし、契約内容によってはリース契約をしていても車の売却が可能です。

具体的な方法と、注意点についての説明はこの記事をお読み下さい。