車を高く売るための2つの鉄則と4つのコツ

車を高く売るための2つの鉄則と4つのコツ

車を高く売るためには、鉄則を実践してコツを知っていると簡単です。

実践すると必ず車が高く売れる「2つの鉄則」と
どうやって・何を知って売れば高く売れるか?といった「4つのコツ」があります。

車を高く売るための
2つの鉄則

鉄則1下取・買取査定相場を事前に知る

初めて車を売る人が、後から後悔する事のひとつに
「その車がいくらの価値があるのか、調べずに売った」ことがあげられます。
車の相場価格を知らずに売ったため、もっと高く売れるかもしれなかったからです。

車の下取相場を知る方法

当サイトの下取り価格検索システムを利用すれば、車種・年式だけで簡単にお車の下取価格相場がわかります。

車の買取相場を知る方法

ガリバーのサイトで査定を依頼すると、概算や相場を知ることができます(依頼後にガリバーから概算を伝える電話がきます)。

もっと簡単におよその買取相場を知るには、当サイトの下取り価格検索システムで調べた金額を元にしてみて下さい。

当システムで出た金額 + 16万円(※)= およその買取査定相場

※一括査定サイトのズバット車買取比較が実施した「車の乗り替え・売却に関する実態調査」で、買取りの場合、下取よりも査定額が平均16万高かったというデータが出ています。

鉄則2複数の買取店の査定見積りを比較する

車の売却価格は査定する会社によって違ってくるので、高く売るには2社以上の見積りを比較することが大事です。

査定額は下取りよりも買取のほうが高い

下取よりも買取のほうが高く売れる、ということを下取をするディーラーさんが教えてくれたお話を紹介します。

K.Mさん 40歳 女性
トヨタのエスティマを購入しようと、自宅近くのカローラに行った時の話です。
下取りを相談してみるとカローラでは
『このヴォクシー、下取りだとお金にならないしむしろ手数料かかちゃいますよ。ここだけの話ガリバーとか車買取するところに査定してもらったほうが売れると思いますよ、、』
とのこと。結果的に、カローラの営業さんが言っていた通り、ガリバーでは2万円で売ることが出来たのです。

一般的にも、下取りよりも買取のほうが高く売れているのか?気になって調べてみました。
「ズバット車買取比較」という車一括査定サイトで利用者に聞いたアンケートでは、「下取りよりも買取が平均で16万円も高く売れた」そうです。
車を買い替えるときには、下取りの価格と買取店の価格とを比較してからどちらにするか決めることをおすすめします。

買取店によっても査定額が違う

買取店によっても、買い取り金額は差があるといわれています。
1つの買取店だけでは無く、2社以上の買取店に「いくらで買ってくれるのか」を確認しましょう。同じ車でも買取店によって差が出ることが多いのです。

買取店を探しまわる時間の無い人におすすめの方法

方法1

複数の買取店に一気に査定を依頼できる「一括査定サイト」を利用する

車一括査定サービスの特徴
  • ウェブで入力するだけ(ほとんどが3分以内)
  • メールや電話で依頼ができる
  • 複数の買取店が無料で出張査定に来てくれる
方法2

査定1回で2000社からの入札を受けられるサービスを利用する

電話も査定も1回なのに2000社からの入札を受けられるサービスです。

車を高く売るための
4つのコツ

コツ1オークション形式のサービスを利用する

車が高く売れるオークションは利用してみたい。
でも、相手との交渉や手続きがめんどくさそう、トラブルが不安だという方も多くいます。

最近は自分でオークション会場に出品をするのではなく、査定した車の情報を独自のシステムで複数の業者が入札出来る「オークション形式のサービス」があります。

また、一般の人が参加することのできないオートオークションの代行を請け負ってくれたりする「オークション代行」も存在します。

オークション代行のサービス

中古車を買い取った業者が出品する車のオークションは、一般の人が参加できません。
そのため、オークションを代行してくれるサービスもあります。

オートオークション代行サービスとは?

コツ2高額査定のポイントを知っておくこと

コツ3故障車・不動車は専用サイトで売る

「こんなボロボロの車でも値段がつくの?」「車検が切れてしまった」故障箇所がある車、事故にあって修理が必要な車、多走行車を高く売るコツは専門サイトを利用することです。
「これって値段がつくのかな?」と少し不安になってもあきらめないで高く売れるところを探しましょう。

コツ4個人売買

知り合いに車を欲しがっている人がいるなら、その人に車を売るのが一番車を高く売る方法かもしれません。
個人同士の売買には消費税や間に入る人が取る手数料がかからないからです。

ただし、個人売買は、売買契約を自分で行ったりするので売主と買主の間でトラブルがありそう、、といった不安がありますよね。

最近では、メルカリなどアプリを利用して個人間での取引も増えているといいます。
日本ではここ数年、車の売買全体の2割ほどが個人売買での取引だそうです。
メルカリなどは個人間で取引する場所は準備してくれますが、トラブルまで解決してくれるのでしょうか?
車の個人売買については試す前に仕組みや、起こりうるトラブルなどデメリットも詳しく知ってからのほうが安心できそうです。

個人間でのオークションはさらに高く売れる可能性も

個人売買の中でも、服や家具等をヤフオクなどのネットオークションなど利用して、高く売れた経験がある方もいるでしょう。
車も同じで、競争の原理でどんどんモノの値段があがる、というオークションならより高く車が売れるかもしれません。

2017年には、ヤフオクにも同時に出品できる、車の個人売買のサービス「クルモ」が出て話題になりました。
今後、ますます個人間での車の取引が拡大する予感です。

一番高く売れる車の売り方|徹底調査で導き出した決定版
※下取と買取の売却価格の差は平均16万円、買取店同士の金額差も5万円~60万円もの差が実績として紹介されています。
Pocket