車の売却・買取査定で得する情報サイト

査定・来店せずに車を現金化できる査定アプリDMM AUTO(オート)

査定・来店せずに車を現金化できるDMMの査定アプリとは

アプリをインストールして写真を撮るだけで「車がいくらで売れるか」わかるDMM AUTO。すぐに車を売ることができる車の査定アプリですが、具体的なサービス内容やメリット・デメリットとは。今までの車買取サービスとは何が違うのかについても紹介します。

DMM AUTO「アプリで瞬間査定」のサービス内容とは

実際に利用してわかったDMM AUTOのサービス内容を紹介します。

DMM AUTOは、本当にアプリで写真を撮るだけで査定が完了して車が売れる手間のかからない車の売却サービスでした。

 

「実際の車をチェック」する必要が無い

車を売る時に受ける査定は、買取業者に車の中・外をチェックしてもらって見積もり金額が出されます。

DMM AUTOは「実際の車を見てもらう査定」がありません。

 

 

無料アプリ入手・車写真撮影・アンケート回答のみで査定完了

車の査定に必要だったものは

・スマホ

・車検証

・車

の3つだけです。

 

そして、3ステップで査定が完了しました。

①スマホで無料のアプリをダウンロード

②車体・走行距離・車検証の写真撮影

③アプリの画面上で車の色など簡単なアンケート回答

 

アプリのダウンロード以降は車の査定金額が出るまで私の場合は10分ほどで完了しました。

後で紹介しますが、走行距離のメーターが写真撮影しにくい場所にあったため、写真撮影にすこし手間取ってしまったためです。

 

実際の画面をご紹介します。

 

① DMM AUTOのアプリをスマホにダウンロード

 

 

 

②スマホで車体・走行距離メーター・車検証の写真を撮影

 

 

車の車体を斜め前から撮るように指示されるので、一枚撮影しました。

 

 

 

次に、メーターを撮影するよう指示があります。

 

 

こちらが、実際にアプリに登録した画像です。

 

見えにくいと思うのですが、暗く写っているところに液晶で走行距離が表示されています。

 

スマホのカメラの位置と、液晶ディスプレイの位置を調整するのがとても難しく、何枚か撮り直しました。

 

走行距離メーターがもっと撮影しやすい場所に表示されている車なら、写真撮影は1分もかからないと思います。

 

 

最後に車検証を指示される通りに撮影しました。

 

車検証を撮影すると、すぐにアプリ上に車のデータ(次の車検日など)が反映されました。

 

③簡単な質問に回答

 

車の情報として、画面のような「ボディカラー」や「ハンドルの位置」など1問1答でタップしていくだけで完了です。

 

すぐに、査定中の画面に切り替わり、1分ほど待ちます。

 

 

 

DMM AUTOはAIで査定額提示するそうです。

私の場合は1分ほどで査定結果が30万8千円と表示されました。

 

 

売却にはDMM.comの会員登録が必要

 

 

 

査定金額に納得をした場合、「売却」のボタンをおすと取引成立です。

このボタンを押した後はキャンセルが出来ないので注意が必要です。

検討期間は7日間で、「いまは売らない」という選択も可能です。

 

また、実際の売却手続きにはDMM.comの無料会員になる必要があります。

無料会員登録は、空メールを送信してから、必要な個人情報を入力するタイプの簡単なものでした。

 

もともとDMM.comの会員であれば、すぐに売却の手続きに移れます。

 

書類の郵送と車の引き渡し・入金

最後に、車の引き渡しと書類の送付で手続きが完了します。

 

車の引き渡し

書類送付

指定口座への入金

 

という流れです。

 

希望の引き渡し日に車を引き取りに来る業者に車を渡すと、その後売却に必要な書類一式が届きます。

書類を一式返信封筒で提出すると、手続きが完了します。

 

DMM AUTOの査定アプリの仕組み

実際に利用してみても、本当に簡単に車の売却が出来るサービスだと感じました。

同時に、DMM AUTOは買い取った車をどうするのか?気になりました。

 

 

買取られた車はどうなるの?

査定から、売却の決定まではアプリで完結するサービスですが、DMM AUTOは買い取った車をどうするのでしょうか。

 

買い取った車は、オークションに出品されたり、車の販売店に売られたりするそうです。

 

 

なぜ車を見ずにすぐに査定結果が出せるの?

一般的な買取業者が行う査定は、車の車種や年式などで条件の近い売却相場をオートオークションの価格などを基準にしてプラス査定・マイナス査定して、時に交渉などもしながら買取店が独自に決定します。

 

一方でDMM AUTOの査定は従来の査定とは全く違っていて、車の情報とリアルタイムに変動する市場データをAI(人工知能)が判断して「可能な限り高い金額」を出します。

 

この、実際の車を見ない「ノールック査定」だからすぐに結果を出すことが出来るのです。

 

査定アプリ「DMM AUTO」のメリットとデメリット

DMM AUTOの大きな特徴のひとつ、アプリで写真の撮影をするだけで車の売却価格がわかる「ノールック査定」には利用するうえでどんなメリットがあるのでしょうか。デメリットも合わせて紹介します。

 

ノールック査定のメリット・デメリット

メリット

中古車を売る時に、実店舗に行ったり出張査定を受ける手間が無いので短い時間で利用できる

 

 

デメリット

高く売るよりは納得感のある価格で売るサービスなのでどこよりも高く売れるわけでは無い

 

 

【実際に売却価格を比較】DMM AUTOの査定額と下取り相場

査定した車について:エスティマハイブリット 平成19年式 4WD

 

■DMM  AUTO → 30.8万円

■下取り相場  → 13.3万円38.1万円

 

通常、買取業者に売却する金額は、下取り価格よりも平均で16万円ほどは高いといわれています。さらに、車種や車の状態によっては20~30万円も高くなるケースもよくあります。

 

その点、DMM AUTOで出された査定額は、下取り価格の最高金額よりも低い結果となっています。

 

車を高く売りたいという方には、DMM AUTOで売らないほうが良いです。

高く売りたい方は一括査定サイトを利用したり、もっと高く売りたい場合には車買取オークションも合わせて利用することをおすすめします。

 

高く売れる買取店をみつける「車一括査定とは?」

 

一括査定で出た金額よりもさらに高く買ってくれる買取業者をオークションで探す方法↓

 

 

現金化までは時間がかかるデメリットも

ご紹介したように、アプリで写真を撮るだけで車の売却価格がわかるので「DMM AUTOは、査定には手間も時間もかかりません」

 

ただし、売却決定から手元にお金が来るまでは時間がかかります。

 

査定結果がわかってから車の引き渡しまでの待機期間が最低でも3日間あること。

書類が郵送で行われること。

書類確認に数日かかる、とされていること。

などのことから、査定から現金化までは1週間ほど見ておく必要があるでしょう。

 

DMM AUTOを他の車買取りサービスと比較

DMM AUTOは今までのサービスと全く違うサービスです。ガリバーなどの買取店と比較をして紹介します。

メリットのある方に、デメリットに×、どちらでも無い場合はをつけます。

 

査定時の個人情報

× 買取店

査定を申し込んだ時点で氏名・電話番号・住所を買取業者に公開する

 

◎ DMM AUTO

車検証や車の情報は登録するがどこにも公開されない

 

 

電話対応

× 買取店

査定日の調整などで電話がかかってくる

 

◎ DMM AUTO

電話対応は不要

 

 

来店

 買取店

査定や引き渡しで来店の必要な場合がある

 

◎ DMM AUTO

来店は不要

 

査定時間

× 買取店

30分~1時間以上かかる

 

◎ DMM AUTO

3分~5分ほど

 

査定価格の交渉

◎ 買取店

交渉の余地がある

 

× DMM AUTO

交渉は出来ない

 

契約後の減額

 買取店

不具合が見つかれば減額になる場合があるので契約書の確認が必須

 

◎ DMM AUTO

一度決定した買い取り価格は減額しない(ただし、金額の有効期間は7日間)